金曜日, 3月 1, 2024
ホームALL【2024】トライポッドお...

【2024】トライポッドおすすめ11選!焚き火で使える三脚を使ってキャンプで直火料理を楽しもう!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプで焚き火を使って料理をするならトライポッドは必須!

ダッチオーブンやケトルをはじめ、さまざまな調理器具の使用が可能で、アイデア次第でキャンプサイトをより快適に演出できます。

ほかにもランタンを吊るしたりインテリアとしても使える便利なキャンプギアですよ。

最近ではコンパクトに収納できるタイプも多く発売され、本体の重さもかなり軽く持ち運びやすいものが多いです。その分安定性が気になりますが、ペグなどで固定できるように工夫されているので安心して使えますよ!

今回は、焚き火料理の火力調節がしやすく、安定した調理場を提供し、さらにキャンプ場のおしゃれ度もアップさせるトライポッドの魅力に迫ります。

キャンプで使える焚き火周りを豊かにするトライポッドについてキャンプ場スタッフが紹介していきます。

いますぐおすすめのトライポッドが知りたい人は下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

焚き火で料理をするのにトライポッドを購入すべきか迷っています。トライポッドを購入するメリットやおすすめのものがあれば教えてください!

まかせて!トライポッドは焚き火料理にはもちろん、火を使わない時はランタンやキャンプギアを吊るしたり、インテリアとしても使える優れもの♪
火加減が難しい焚き火料理でも簡単に調節ができるのでもっていると便利だよ!あわせておすすめトライポッドも紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

トライポッドとは?

有野実苑キャンパー@popcoooorn2022 さんの素敵な投稿より

トライポッドとは、アウトドアやキャンプで使う三脚または四脚(クワトロポッド)のことです。

4本足は、トライ(3)ではなくクワトロ(4)ポッドと呼ぶよ!ロゴスが有名だね。

定番の使い方は、焚き火と組み合わせてダッチオーブンなど調理器具を吊るす方法ですが、焚き火以外でも、蚊取り線香やランタンなど、小物を吊るして使えるキャンプにあると便利なアイテムです。

トライポッドがあるとこなれ感のあるキャンプサイトを演出できるので、一気に上級者感がでますよ

機能性だけでなくサイトのインテリアとしても重宝するアイテムです。

トライポッドの使い方・メリット

トライポッドは焚き火を使った料理や、焚き火でお湯を沸かしたりするときにメインで使います。
煮込み料理はもちろん、直接肉や魚を吊るして丸焼きなんかもできるんです。

料理の他にもランタンを吊り下げたり、トライポッドを2つ並べてポールをおけば、ハンガーとしても使用が可能。濡れたものを乾かすときに吊り下げておけるので便利です。

多くのトライポッドは分解可能で、携帯や保管も簡単です。キャンプの時に持ち運びやすくなっています。

キャンプでの使い方は無限に広がります。

トライポッドを使用するメリット

焚き火を使った調理以外にも、トライポッドを使うメリットは色々!

■料理の幅が広がる

有野実苑キャンパー @yutoricampclub さんの素敵な投稿より

バーナーで焼いたり煮たりする料理もいいですが、キャンプで焚き火で調理するのもアウトドアの醍醐味。

トライポッドは、ダッチオーブン、ケトル、グリルパンなど様々な調理器具を吊り下げるために使用されます。これにより、直接火に触れさせずに調理することが可能になります。

トライポッドがあれば焚き火であっても火力調節も可能で、スモークチップを入れて燻製風にしてみたり、お肉や魚を吊るしてワイルドに丸焼きにしたりとキャンプ飯の幅も広がります。

何より焚き火で調理することでキャンプしているという気持ちになって満足度もUP!

足場が悪くても安定して焚き火を使った料理が楽しめる

焚き火で調理したい場合、足場が悪いと焚き火台だけでは鍋が置きにくかったり、鍋が倒れやすいのが難点です。

トライポッドは通常、三本の脚を持つ構造をしており、その中心にフックや吊り下げるための装置が付いているので、安定性が保たれます。

なのでトライポッドを使えば河原など石が多い場所や足場が悪くても、地面に差し込んだり、しっかりと安定した調理場を確保できるんです。

薪を足したり、火を調整のために動かすときも簡単になりますよ。

調節可能なチェーンやフックが付いているので火力も調整できる

トライポッドはチェーンの長さを変えることにより、火力の調整も簡単にできます。

吊り下げる高さを調整することで、火の強さや温度を簡単にコントロールできることは、焚き火での調理において重要な要素です。

強火でお湯を沸かしたり、弱火でコトコト煮込んだり、焚き火調理でも細かい火力の調整が叶うのが魅力です。

キャンプ上級者のような雰囲気のキャンプサイトを演出できる

トライポッドがあると、キャンプサイトの雰囲気が一気に上級者風に!

おしゃれな雰囲気を演出できます。囲炉裏テーブルなど焚き火用テーブルとの相性も抜群です。

ランタンなどの小物を下げておくこともできる

焚き火や調理以外にも、火を使わないシーンでも活躍してくれるのがトライポッドの魅力です。

ランタンなどの小物を吊るしたり、水を入れた袋を吊るして簡易的な手洗場にしたり、アイディア次第で様々な使い方ができますよ。

撮影時のカメラスタンドとしても利用しているキャンパーを見かけたことがあるよ!

【トライポッドの組み立て方法】

トライポッドの組み立てはとっても簡単!

3ステップでご紹介します。

1.脚部の組み立て

トライポッドの脚部分は分解されていることが多いため、まずは脚を組み立てます。
開閉式の場合はそのまま広げるだけです。

2.台座に固定する

脚パーツをトライポッド上部の台座に固定します。

3.チェーンを垂らして完成!

火力や吊るすものに合わせて長さを調整しながらS字フックのついたチェーンを垂らしたら完成。
しっかり安定感を確認してからダッチオーブンやケトルなどの調理器具を吊るしてくださいね。

火力の調整をしたい時はチェーンのS字フックを上下に移動したり、ピンで調整して使用します。

流木なんかを使ってDIYで作っているキャンパーもたくさんいるよ!

トライポッドを買う前に知っておきたい選び方のポイント

有野実苑キャンパー @gongon.0412 さんの素敵な投稿より

トライポッドを選ぶときに重視したいチェックポイントを6つご紹介します。
ご自身のキャンプスタイルに合わせたトライポッドを選ぶための参考にしてみてくださいね。

①組み立てやすさ

出典:Amazon

トライポッドには大きく分けて開閉式・ネジ式の2タイプがあります。

■開閉式

脚部を広げるだけで設置できるので組み立てが簡単なのがメリット。
ただし脚の長さは調整できない・脚が長いままなので場所をとるといったデメリットがあります。

ネジ式

ネジ式は脚の長さをフレキシブルに調整できたり、コンパクトに収納できるのがメリット。
脚をネジでとめるため、組み立てに時間がかかるのがデメリットです。

②安定感

安定感のあるトライポッドをお探しの方は、脚の数が4本あるクアトロポッドや、ある程度(3kg程)重量感があるトライポッドを選ぶと良いでしょう。
例えばロゴスのクアトロポッドはなんと耐荷重約200kgと、抜群の安定感が人気のアイテムです。

出典:Amazon

③材質・重量

アルミ製のトライポッドは軽くて持ち運びやすいですが、華奢で耐久性や安定感がイマイチ。

ステンレス製や鉄製のものは耐久性・安定感は高くダッチオーブンなど重たいものも安心して乗せれるものの、重いので身軽にキャンプしたい方には不向き。それぞれメリット・デメリットがあります。

初めてトライポッドを試したい方には、気軽に持っていけるアルミ製のものからはじめてみるのもおすすめ。
キャンピングムーンのトライポッドはコスパもよく、コンパクトに収納できるので入門編としても人気のアイテムです。

出典:Amazon

④持ち運びやすさ

脚をバラして収納できるネジ式のトライポッドは、コンパクトに収納できるので持ち運びに便利です。更にアルミ製のものを選ぶと軽量で、ストレスなく持ち運べます。
MRGのミニトライポッドは500g以下の軽量感が魅力!収納時には34cmまで小さくなるため収納しやすいのがポイント。
焚き火をしないときもランタンを垂らしたり、何かと重宝します。

出典:Amazon

⑤耐荷重やチェーン調節

ダッチオーブンなど重さのある調理器具を使用する場合、耐荷重の高いアイテムを選ぶようにしましょう。また、チェーンの長さを調整しやすいトライポッドを選ぶと、火力の調整が楽になります。

チャムスのブービートライポッドはフックについた穴で高さを調節できるので、S字フックの付いたチェーンタイプのものよりも簡単です。

出典:Amazon

⑥手持ちのキャンプギアとの相性チェック

出典:Amazon

トライポッドは単独で使うよりも、焚き火台など他のギアと組み合わせて使う事が多いアイテムです。

色々なブランドのキャンプギアを使用されている方は、トライポッドを他のアイテムと組み合わせた際に高さが合うか、カラーは統一性があるかなど、相互性も確認されることをおすすめします。

キャンプ場スタッフおすすめトライポッド11選

有野実苑オートキャンプ場スタッフがおすすめする、トライポットを11セレクトしました。

次回のキャンプの参考にしてくださいね!

【コールマン(Coleman) 焚き火スタンド ファイアープレイススタンド】

出典:Amazon

ペグダウンできる脚が4つついた、安定感を求める方におすすめのトライポッドです。耐荷重は安心の20kg。スチール製なので耐久性も申し分ありません。

ネジ式なのでコンパクトに収納可能。

出典:Coleman

別売りの焚き火台やテーブルと合わせて囲炉裏風のセットアップにもできますよ。

【詳細】

・使用時サイズ:約78×78×140(h)cm

・収納時サイズ:約13×13×H58(h)cm

・重量:約3.2kg

・材質:スチール

・耐荷重:約20kg

【キャンピングムーン(CAMPING MOON) トライポッド 】

出典:Amazon

気軽に購入できる価格帯が魅力のトライポッド。
アルミ製なので軽量かつコンパクトに収納できるので、トライポッドを初めて試したい方におすすめのアイテムです。
ブロンズとブラックの2色展開でサイトに合わせて選ぶのもいいですね。

出典:Amazon

脚のパーツを3段・4段に変更できるので、使用するシーンに合わせて高さを変更できます。
収納バッグ付き。

3段はコンパクトでソロキャンプに良さそうだよね!

【詳細】

・使用時サイズ:四段使用時/約67.5×67.5x高さ105cm、三段使用時/約50x50x高さ80cm

・収納時サイズ:40 x 6 x 4cm

・重量:約0.62Kg

・材質:アルミ・ステンレス

・耐荷重:約15Kg

【Solo Stove(ソロ ストーブ)トライポッドBEJKMRS4】

出典:Amazon

同メーカーのポット1800など、ハンドル付きのポットを吊るすのに便利なトライポッド。
シンプルな構造・デザインのアイテムです。
アルミニウム製なので重量も約500gと軽く、脚パーツをバラせばコンパクトに収納可能。収納ケース付きです。

出典:Amazon


ただしソロキャンプ向きで軽量、華奢な作りのため、ダッチオーブンや重量のあるクッカーは使用は難しいので同じアルミ製の軽いクッカーでの使用をおすすめします。

【詳細】

・使用時の高さ:約110cm

・重量:約538g

・素材:アルミニウム

【DOD(ディーオーディー) ライダーズファイアクレードル】

出典:Amazon

特殊加工されたメッシュが付属し、焚き火台としても使用できるトライポッド。
アルミなので軽量かつコンパクトに収納できるので、ソロキャンプやオートキャンプにもおすすめです。

出典:DOD

取り外しのできる専用の特殊耐熱メッシュの上に薪をおくので直火禁止のキャンプ場でも焚き火が可能ですね!

ブランドロゴが目を惹く収納ケース付き。
デザイン性も高く、個性的なトライポッドをお探しの方にピッタリのアイテムです。

【詳細】

・使用時サイズ:約W680×D550×H1080mm

・収納サイズ:約直径60×長さ290mm

・重量:約715g

・材質:ポール / アルミ、網 / ステンレス

・耐荷重:フック部分8kg、ステンレス網3kg

【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンロ グリル 焚火台 焚火三脚 収納バッグ付き CSブラックラベル UG-9】

出典:Amazon

ステンレス製なのでしっかりと安定感のあるトライポッドです。

無骨なブラックカラーのデザインが大人っぽく人気のアイテム。
脚は2つに分解できるのでコンパクトに収納できます。チェーンは長さが調整可能。

出典:Amazon

高さがあるので焚き火だけでなく、燻製用の食材を干すための干しかごを吊るすときにも重宝します。

【詳細】

・組立時サイズ:幅約70cm×奥行約60cm×高さ約143.5cm

・収納時サイズ:幅約15cm×奥行約6cm×長さ約82cm

・重量:約2.4kg

・材質:脚部、固定金具、ストッパー / 鉄(焼付塗装)、チェーン / 鉄(亜鉛めっき)

・耐荷重:約20kg

【ロゴス(LOGOS) アイアンクワトロポッド】

出典:Amazon

耐荷重なんと200kg!安定感ばつぐんのクワトロ(トライ)ポッド。
4本脚でしっかり支えてくれるので、重量感のあるダッチオーブンを吊るしても安心です。

ステンレス製なので耐久性も高く、長く使えるアイテムをお探しの方におすすめ。
脚はネジの組み立て式なのでコンパクトに収納可能です。専用の収納ケースも付属しています。

【詳細】

・使用時サイズ:約70×70×133.5cm

・収納時サイズ:約53×14×9cm

・重量:約4.2kg

・主素材:スチール

・耐荷重:約200kg(静止荷重)

【ロゴス アウトドア テーブル 囲炉裏ポッドテーブル 】

出典:Amazon

アウトドアの決定版!4本脚のクアトロポッドと囲炉裏テーブルのセットアップです。

クアトロポッドを設置した後に上からテーブルをはめ込むだけと、組み立ても簡単。
細かいパーツがないのでストレスなく設営・撤収できます。スチール製なので軽量ながら耐久性も抜群。焚き火を囲んで団欒したい方におすすめです。

【詳細】

・使用時サイズ:約幅88×奥行88×高さ134cm

・収納時サイズ:約幅75.5×奥行28×高さ16cm

・天板高:約27cm

・テーブル開口部:約幅58×奥行58cm

・天板サイズ:幅73×奥行15×厚さ2.3cm

・重量:約9.9kg

・テーブル耐荷重:約6㎏

・主素材:スチール

・付属品:クワトロポッド、テーブル天板1セット、キャリーバッグ×2

【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 焚火台 クアッド ファイアスタンド メッシュタイプ】

出典:Amazon

小型グリル用の焚き火スタンド兼トライポッド。

直径25cm程度のダッチオーブンやケトルを吊るせます。ステンレス製なので耐久性・安定性も高く、メッシュパーツを取り外せばトライポッドとしても使用可能。

出典:Amazon

背が高すぎず、シンプルなデザインなのでインテリアにも組み合わせやすいアイテムです。

【詳細】

・使用時サイズ:約幅500×奥行500×高さ950mm

・収納時サイズ:約70×70×長さ600mm

・メッシュベースサイズ:約420×420mm

・固定ワイヤー内寸:約350×350mm

・重量:約2kg

・材質:脚部・メッシュベース・ワイヤー・自在金具・フック/ステンレス鋼、チェーン/鉄

・耐荷重:10kg(吊り下げ時)

【MRG キャンピング ミニトライポッド】

出典:Amazon

軽量&コンパクトサイズなので手軽に持っていけるトライポッドです。

ソロキャンはもちろん、大人数でキャンプするときにサブのトライポッドとして使うのもおすすめ。
パーツを回し込むだけで組み立てられるので、設営も簡単です。
華奢ですが安定感も申し分なく、3人分程度のダッチオーブンも吊るせます。

【詳細】

・使用時サイズ:約80×横:58cm

・収納時サイズ:約34×横7×厚み4cm

・重量:470g

・素材:アルミ合金

・耐荷重:25kg

【BUNDOK(バンドック) 焚き火 トライポッド BD-493 キャンプ 三脚】

出典:Amazon

ステンレス製でしっかりと安定感のあるトライポッド。

脚部は大きく開いたり、狭く使ったりとフレキシブルに調整でき、ペグダウンして安定感もしっかり出せます。パーツは解体してコンパクトに収納可能。専用の収納バッグつきです。

シンプルなデザインかつ汎用性の高いトライポッドをお探しの方におすすめ。

【詳細】

・使用時サイズ:約900x750x1350mm

・チェーン長さ:約940mm

・収納時サイズ:約540×120×40mm

・重量:約1.8kg

・材質:ステンレス鋼

・耐荷重:30kg

【CHUMS(チャムス) ブービートライポット

出典:CHUMS

ダッチオーブンでの調理に便利なトライポッドです。

スチール製なのでしっかりとした造り。高さを7段階で調整できるフックが付き、お鍋の位置をとても簡単に調整できます。
てっぺんに付いたブービーバードがアクセント!他との差をつけられるデザインも人気です。

【詳細】

・使用時サイズ:H 117 × W 83 × D 83cm

・重量:約2.9Kg

・素材:鋳鉄

トライポッドと一緒に使いたい便利アイテム

■尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

出典:Amazon

プレートの連結方法を変えることにより、マルチに使えるテーブル。
真ん中に焚き火を囲んだ囲炉裏スタイル、横に並べてローテーブル、縦に並べて長テーブルと、工夫次第で様々なスタイルが楽しめます。

鉄製なので耐久性もあり、熱いお鍋などを置いてもOK。
コンパクトに畳んで収納でき、専用の収納ケース付き。

【詳細】

・使用時サイズ:100D x 100W x 27H cm

・収納時サイズ:86 x 22 x 12 cm

・材質:鉄

■コールマン(Coleman) 焚火台テーブル ファイアープレーステーブル 2000010397

出典:Amazon

軽量かつコンパクトにまとめられる焚き火テーブル。

オールステンレス製なので錆びにくく、水洗いもできます。
安定感があるのでキャンプテーブルとしてはもちろん、お子さんが火に近づかないよう安全対策としてもオススメ。
組み立て・撤収も簡単なので、キャンプの定番ギアとして使用されている方も多い人気アイテムです。

【詳細】

・使用時サイズ:約100×100×27(h)cm

・収納時サイズ:約100×17×11(h)cm

・重量:約6kg

・材質:ステンレス

■mecaponnトライポッド リング チェーン フック セット

出典:Amazon

トライポッドをDIYしたい方の必需品!トライポッドリングです。

リングの中に丈夫な枝を通すだけで簡単にトライポッドの自作が可能。
身軽にキャンプを楽しみたい方におすすめです。

出典:Amazon

チェーンとフックも付属しているので、軽めのお鍋やケトルを吊り下げて焚き火調理も可能。

【詳細】

・材質:ステンレス鋼+電気泳動鉄

・フックの長さ:97 mm

■キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ バーベキュー ダッチオーブン

出典:Amazon

焚き火調理に欠かせないアイテムがダッチオーブンです。

煮込み料理をしたり、オーブンとしてピザやパンを焼いたり、焼き芋を焼いたり、お米を炊いたり、燻製を作ったりと、幅広い調理が楽しめるのが魅力。

こちらのダッチオーブンはシーズニングが不要。
またIHでも使えるので、アウトドアはもちろんご自宅用としてもおすすめです。

サイズも14cm、20cm、22cm、25cm、30cmの5サイズあるので、用途に合わせて揃えられます。

■コールマン ライスクッカー

出典:Amazon

キャンプでこんなに美味しいお米が炊けるなんて!と驚く方続出の、コールマンのライスクッカー。
2重構造の蓋がうさまを逃さずお米を炊き上げます。熱伝導のよいアルミ製。
ノンスティク加工が施されているので、おこげも簡単に剥がれます。
ギフトとしてもおすすめのアイテムです。

【詳細】

・サイズ:ライスクッカー/約直径19×高さ18hcm、ストレーナー/約直径17.5×高さ12cm、内蓋/約直径17.5cm

・重量:約920g

・素材:ライスクッカー/アルミニウム、ステンレス、内蓋/アルミニウム、ストレーナー/ステンレス、メジャーカップ/ポリプロピレン

・セット内容:ライスクッカー、内蓋、ストレーナー、メジャーカップ、メッシュポーチ

■ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜

出典:Amazon

キャンプで羽釜で炊いた美味しいお米が食べられる、ユニフレームのキャンプ羽釜。
蓄熱性の高いアルミで熱が均一に広がるため、ご飯がふっくらと炊き上がる優れもの。蓋の部分は、重量のあるステンレス製になっています。

「すり鉢形状」のおかげで、釜の中で水が対流し、お米にまんべんなく火を通すことが出来、
ステンレスの蓋の重さにより程よい圧力がかかり、美味しく炊き上げてくれます。

3合と、5合の2サイズ展開。

【詳細(3合)】

・サイズ:約φ206×150(高さ)mm(内径φ149mm)

・重量:1.35kg

・素材:本体:アルミ鋳造/ハンドル:ステンレス鋼/フタ:ステンレス鋼/ツマミ:天然木

■コールマン(Coleman) ケトル ファイアープレイスケトル

出典:Amazon

焚き火の高火力にも対応できる、ステンレス製のケトル。
注ぎ口に蓋がついているので、焚き火の灰が中に入るのを防いでくれます。蓋はお湯を注ぐときに水圧により自動的に開く仕組みです。

出典:Amazon

機能性だけでなくデザイン性も高く、クラシカルな見た目はキャンプサイトをお洒落に演出してくれますよ。
焚き火の煤(すす)でボディの色味を変えていくのも味があっていいですね。

【詳細】

・サイズ:約13×22×高さ23cm

・重量:約570g

・材質:ステンレス

まとめ:トライポッドを使って焚き火周りを充実させよう

出典:Amazon

キャンプで焚き火を楽しみたいときの必需品!トライポッドの選び方やおすすめアイテム、併せて使いたい周辺ギアをご紹介しました。

トライポッドは焚き火調理を快適にするだけでなく、ランタンを吊るしたりインテリアとしても使える便利なキャンプギア。
更にテーブルを組みわせれば、焚き火を囲むのがもっと楽しくなりますよ。

ぜひお気に入りのトライポッドを見つけて、キャンプサイトに取り入れてみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事