土曜日, 6月 15, 2024
ホームALLコーヒー好き必見!水筒で持...

コーヒー好き必見!水筒で持ち運ぶコーヒーの楽しみ方とおすすめ9選

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】コーヒーは、忙しい朝や外出先でも手軽に飲める便利な飲み物ですが、保温性の低い紙コップやプラスチック製のマグでは、時間が経つと温度が下がってしまいます。

そこで今回はオフィスや普段使い、アウトドアシーンでコーヒーを持ち運ぶのにおすすめの水筒10選を紹介します!保温性や使い勝手に優れた水筒を選び、お気に入りのコーヒーを持ち歩きましょう。

いますぐおすすめのコーヒー用水筒を知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプでも作ったコーヒーを持ち運べる水筒を探しているんですが、おすすめのものはありますか?

まかせて♪コーヒーを持ち運ぶならステンレス製の水筒がおすすめ!保冷・保温機能があるものだとよりコーヒーの風味を損なわずに持ち運べるよ♪今回はキャンプ歴10年のベテランキャンパーHITOMIさんがコーヒーの持ち運びにおすすめする水筒を10選紹介していくね

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

コーヒー用の水筒って必要?あると嬉しいその魅力

アウトドアには欠かせない水筒。

水やお茶のように大好きなコーヒーも常に持ち運びたいけど、水筒にコーヒーって大丈夫なの?と疑問に思うキャンパーさんも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、コーヒーを水筒に入れる際の注意点とその解決法、コーヒー向けの水筒選びのコツからおすすめのボトルを紹介します。

マイボトルを持っていれば、いつでもどこでも好みのコーヒーが飲めるのはもちろん、たくさん飲む方にとっては経済的かつ、捨てるゴミも減るのでエコにもつながりますよ。

私はキャンプの行き帰りの運転中いつでも飲めるように、小さめのコーヒーボトルを用意してます!

メリット①環境にもお財布にもやさしい

自動販売機で缶コーヒーを購入すると1本あたり約120円、カフェでは1杯300円〜500円ほどかかってしまいますが、自宅でいれた場合のコストは約10円〜20円位と、かなり費用を抑えることができます。

コーヒー好きでたくさん飲む人ほど外での購入はコストもかさんでくるため、マイボトルを使うとだいぶ節約につながります。

また、飲んだ後の缶やカップのゴミが出ないので環境にも優しいのが水筒のメリット!

キャンプで自然を堪能させてもらっている分、環境に配慮したマイボトルでゴミ削減に協力できるのはいいね!

メリット②お店によってはコーヒーの割引も

スターバックスやタリーズ、また一部コンビニエンスストアではマイボトルを持参すると割引を受けられるサービスがあります。

この割引、意外と知らない人が多いよ!お得なのでぜひ活用しよう!

お店によって、サイズや量の規定がある場合があるので、利用する際は対応可能なボトルか事前に確認するようにしましょう。

1回の購入ごとの割引率は微々たるものかもしれませんが、塵も積もれば大きな節約につながりますよ。

メリット③特製のコーヒーを持ち運んで好きなところで飲める

コーヒー用の水筒を使うメリットは、なんといっても『自分のお気に入りのコーヒーを、好きな場所でいつでも飲めること』です。

オフィスや普段の持ち歩きはもちろん、キャンプや登山などのアウトドアシーンで目の前に広がる絶景を前に最高のコーヒーを楽しむことができます。

テントの設営途中にコーヒーブレイクを挟めば気分転換にもなりますし、川に足をつけながらホッとひと息なんてシチュエーションも最高ですよね。

淹れる手間がないので、お気に入りのコーヒーを飲みたい時にすぐに飲めるのがポイント!

コーヒーを水筒に入れる時の注意点と解決方法

ここまでコーヒーを水筒で持ち歩くメリットをお話ししましたが、ボトルの衛生面や匂い移りが気になるといった声もよくききます。

ここでは、安全に美味しいコーヒーを保つために注意してほしいポイントと解決方法を詳しく見ていきましょう。

ミルクがはいったカフェオレなどは長時間の持ち運びに向いてない

ミルクなどの乳製品やコーヒーフレッシュを入れたミルクコーヒーの水筒での持ち運びは、中身が腐敗、変質しやすくなるので基本NGとなります。

菌の温床になりやすく、水筒内の衛生状態が悪くなるため、カフェラテ・カフェオレなどは持ち歩かないようにしましょう。

どうしてもミルク入りを楽しみたい場合は、カップ付きの水筒や別のコップを準備し、飲む直前にコーヒーに注ぐようにするのがオススメ。

小さい小分けパックや、キャップ付きの牛乳パックも簡単に手に入るので、現地でカフェオレも作りやすいですよ!

何度も口をつけたり砂糖が多めだと雑菌が繁殖しやすい

水筒やボトルは直接口をつけることが多いので、飲めば飲むだけ雑菌が繁殖する可能性が高くなります。

特に砂糖入りコーヒーの場合は、雑菌が糖分を栄養として繁殖するため、甘さに比例して衛生状態が悪くなるといわれています。

対策として、カップに注いでから飲むようにしたり、直接口をつけるボトルの場合は長時間の持ち歩きはさけたり、なるべく早めに飲みきるようにしましょう。

抗菌作用のある水筒を選ぶのもオススメです。

コーヒーの匂いがボトルに移らない材質がおすすめ

コーヒーを水筒に入れるとなると、水筒自体に匂いがつくのではと心配される方も多いはず。

一度付いてしまうとなかなか落ちず、お茶など別の飲み物を入れた際に、コーヒーの匂いが気になってしまうケースも。

対策としては、水筒のパッキンやシリコンゴムに匂いや着色がつきやすいため、それらがついていない水筒を選んだり、匂いが移りにくい素材や加工がしてあるコーヒー専用ボトルをあらかじめ購入するのがオススメです。

また、どの水筒にも言えることですが、使用後のお手入れをすぐにそして念入りにすることも大切。

コーヒーの匂いや汚れが気になる場合は、重曹でつけ置き洗いをするとキレイになる場合があります。ボトルの材質によっては重曹が使えないものもあるため、事前に確認の上使用するようにしましょう。

熱々のままコーヒーをいれると酸化が早まるので少し冷ましてからいれる

https://unsplash.com/ja/%E5%86%99%E7%9C%9F/uDFAD5PS-pI

淹れたての熱いコーヒーをすぐ水筒に入れてしまうと、内部でコーヒーがゆっくり冷めることや、水筒内の空気と長時間触れることで酸化がすすみ、美味しくなくなってしまいます。

酸化すると味の劣化を招き、酸っぱさが増したような風味になるので、コーヒーを水筒で持ち運びたい時は少し冷ましてから入れるようにしましょう。

酸化は空気に多く触れると起こる現象なので、水筒にいれる際も低い位置からゆっくり注ぐようにするといいですよ。

ホットコーヒーでなくてもいい場合は、アイスコーヒーをつかったり、水出しコーヒーを自宅で作るのがオススメ!

市販の本格的なアイスコーヒーを購入しておいてもいいですが、茶葉用のパックに100gのお好みのコーヒー豆を入れ、ピッチャーなどの容器にそのパックと1Lのお水を静かに注ぎ、常温で1時間、その後冷蔵庫で8時間寝かせれば簡単に水出しコーヒーを作ることができるのでぜひ試してみてください。

出かける前夜に作っておいたら、風味を保ったおいしいアイスコーヒーをすぐ水筒に入れることができます。

コーヒーをいれる水筒の選び方

コーヒーの風味が保て、衛生的で、匂い移りしにくい水筒を使えたらベストですが、それに加えご自身の目的や用途に合うサイズ・デザインの水筒を選ぶことも大切です!

サイズや容量をチェック

Photo by HITOMI(Arizineライター)

大は小を兼ねるといいますが、コーヒー用の水筒を購入する際は、大きすぎる容量のものはおすすめできません。

というのも、水筒の中の空気量が多いまま長時間持ち運ぶと酸化がすすみコーヒー自体の風味がどんどん損なわれてしまうからです。

ここでのポイントは、飲みたいコーヒー分ちょうどの容量のボトルを選ぶこと!

美味しく質のいいコーヒーにこだわるのであれば、水筒内に空洞をつくらないよう、水筒の容量と同量のコーヒーを注ぐようにしましょう。

例えば、一般的な缶コーヒーが170〜190mlなので、1人で飲むのであれば200mlのコンパクトな水筒がオススメ。

せっかく持ち歩くのだから、もうすこし量を多く楽しみたい方は、350mlのサイズを選ぶとコーヒー2杯分なので、風味が落ちることなく美味しく飲み切ることができます。

せっかくだから2~3人でシェアしたい!という方向けには500mlのサイズがちょうどいいですね。

それぞれの目的に合ったサイズ選びをしてね!

重量や持ち運びやすさをチェック

持ち歩くことが前提の水筒なので、重さや持ちやすさも重要なポイントになります。

水筒にコーヒーを入れるとそこそこな重量になるため、オフィス用に毎日カバンに入れて持ち運びたい方や、バックパックキャンパーの方は、なるべくコンパクトで軽量なものがいいでしょう。

また、アウトドアで使用する際はカラビナなどに引っかけられる取っ手がついているタイプのボトルだと、使い勝手がよく持ち運びしやすいのでオススメです。

機能や加工面をチェック

最近の水筒は、密封二重構造にすることで中の温度を長時間一定に保つようにできているので、アイスコーヒー、ホットコーヒーともに対応可能なものが多いです。

急激な温度の変化はコーヒーの味を劣化させてしまうため、保温保冷の性能はぜひチェックしていただきたいポイントの1つになります。

また、汚れや着色、匂いが気になる方は、内部にテフロン加工が施された水筒がオススメ。

お手入れが簡単で衛生的なので、コーヒーボトルにぴったりです。

飲み口をチェック

コップのように直接口をつけて飲む直のみタイプのものや、フタがコップ代わりになり、注いでから飲むことができるタイプなど飲み口もさまざま。

個人使用が目的でコーヒーの風味や温度を楽しみたいのであれば、飲み口が広い直のみタイプがより豆の香りを感じやすいでしょう。

飲み口部分が、口触りのよい樹脂素材でできているものや、中の氷が飛び出すのを防いでくれる氷ストッパーがあらかじめ付いている便利なタイプもあります。

フタをとるのが面倒な方は、ボタンをオスだけで開くワンタッチタイプのもの。

衛生面が気になる方や複数人でシェアする方向けには、口をつけずにコップに注ぐタイプのものがGood。

衛生面やお手入れのしやすさからみると、飲み口やフタ部分にゴムやパッキンが使われていないもの、または交換可能なタイプを選んでおくと安心です。

雑菌がつきにくく、匂い移りもをおさえられるので長く清潔に使えますよ。

コーヒーボトルは好きな飲み口をチョイスするとともに、お手入れのしやすさも考慮しながら購入しましょう!

有野実苑スタッフおすすめコーヒー用水筒9選

【タイガー魔法瓶(TIGER)スクリューマグボトル 200ml】

出典:Amazon

夢重力ボトルというだけある、重さたったの110g!(200ml)

小さく持ち運びに便利なうえ、真空ステンレス二重構造になっており保温力も申し分ないコンパクトな水筒です。飲み口専用のパーツがないので、お手入れもしやすく衛生面も安心です。

サイズは200、300、350、500mlの4サイズ展開です。

【詳細200ml】

・サイズ:(約)幅5.8×奥行5.8×高さ12.9cm

・容量:200ml

・重量:110g

・材質:ステンレス鋼

・保冷保温効果:約6時間効果持続可能

【サーモス 水筒 真空断熱ケータイタンブラー 360ml

出典:Amazon

コーヒー、紅茶の香りまでも楽しめるように広口構造で作られた携帯タンブラー。

フタは密閉でき、本体も魔法瓶構造になっているので高い保温保冷力があります。

結露が起こる心配もないためカバンに入れた持ち運びにも向いていますよ。

パーツが少ないので、外して洗うのも簡単!

【詳細】

・サイズ:(約)幅7.5×奥行7.5×高さ17.5cm

・容量:360ml

・重量:200g

・材質:内びん/ステンレス鋼、胴部/ステンレス鋼、フタ/飽和ポリエステル樹脂、パッキン/シリコーンゴム

・保冷保温効果:保温効力:68度以上(6時間)/保冷効力:10度以下(6時間)

シービージャパン カフアコーヒーボトル 200ml

出典:Amazon

ボトル内部がテフロン加工されている、コーヒー専用に作られた大人気の水筒です。

匂いがつきにくく、真空二重構造なため保温保冷性もばっちり。

デザイン性が高く、容量200mlとコンビニのコーヒーサーバーで使えるように仕上げてあるところもポイントが高くおすすめです。

【詳細】

・サイズ:(約)幅5.7×奥行5.7×高さ14cm

・容量:(約) 200ml

・重量:(約)165g

・材質:内びん・胴部・フタ(外側)/ステンレス鋼、フタ(内側)・飲み口/ポリプロピレン、パッキン/シリコーンゴム

・保冷保温効果:保温効力:85℃以上(1時間)、57℃以上(6時間)/ 保冷効力:9.8℃以下(6時間)

【モッシュ!(mosh!)真空断熱スクリュー式 マグボトル 0.35L】

出典:Amazon

牛乳瓶をモチーフに作られたユニークなデザインが可愛らしいボトルです。

無機質なシルバーからパステルまでカラーデザインが豊富なのも特徴。

機能面も真空二重構造なので高い保冷保温効果が期待できます。

【詳細】

・サイズ:(約)幅6.8×奥行6.8×高さ17.1cm

・容量:350ml

・重量:200g

・材質:内びん・胴部・キャップ/ステンレス鋼、せん/ポリプロピレン、シリコーンリング・パッキン/シリコーン

・保冷保温効果:保温効力:70度以上(6時間)/保冷効力:11度以下(6時間)

ハイドロフラスク(Hydro Flask)コーヒー 12oz 354 mL

出典:Amazon

全米で大人気のブランド、ハイドロフラスクからでているコーヒー用ボトル。

強度に優れた18/8ステンレスを採用しており、二重壁真空構造なので保冷保温効果もあります。

ボトル表面には滑りにくい特殊コーティングが施されており、持ち運びしやすいハンドル付きなのもポイント。

【詳細】

・サイズ:(約)幅7.4×奥行7.4×高さ16.3cm (ハンドル部分含まず)

・容量:(約) 354ml

・重量:(約)290g

・材質:18/8ステンレス

・保冷保温効果:保温効力:6時間/ 保冷効力:24時間

キントー(KINTO)プラスチック トラベルタンブラー 350ml

出典:Amazon

真空二重構造なので保温保冷効果が高いのはもちろん、ボトルの内部は汚れや匂いがつきにくいよう電解研磨を施し平滑に仕上げられています。

飲み口は、氷を受け止め中身が勢いよく出てくるのを防ぐ形になっており、口当たりがよく、最後までコーヒーを美味しくのめるよう考えられています。

【詳細】

・サイズ:(約)幅7.0×奥行7.0×高さ17.0cm

・容量:350ml

・重量:280g

・材質:ステンレス鋼/ポリプロピレン/シリコーン

・保冷保温効果:保温効力:65度以上(6時間)/保冷効力:8度以下(6時間)

ヘリオス(helios)卓上用魔法瓶 エレガンス 500ml

出典:Amazon

ドイツの老舗魔法瓶メーカーヘリオスのカップ付き水筒。

内部がガラス製なので衝撃に弱く、卓上用なので横向きでの持ち運びには向きませんが、ステンレス製のものより匂い移りが少なく、直接口をつけないカップ式なので衛生的なのが魅力です。

レトロなデザインが人気で、オシャレなコーヒータイムにぴったり!

【詳細】

・サイズ:(約)幅9.5×奥行9.5×高さ26cm

・容量:500ml

・重量:367g

・材質:中瓶/ソーダガラス、胴部・カップ・中フタ/ポリプロピレン、中栓パッキン/シリコン

・保冷保温効果:不明

スタンレー(STANLEY)真空マグ 0.23L

出典:Amazon

高い保温保冷力、耐久性をもつコンパクトサイズの真空断熱マグ。

コンビニのSサイズがちょうど入る飲み切りサイズで、完全密閉なのでカバンに入れても安心です。

飲み口がついた中蓋を外しても使える2wayタイプで、蓋自体に取っ手もついているので持ち運びに便利です。

【詳細】

・サイズ:(約)幅7.9×奥行7.9×高さ15cm

・容量:230ml

・重量:240g

・材質:内びん・胴部/ステンレス鋼、蓋・中蓋/ポリプロピレン、パッキン/シリコーンゴム

・保冷保温効果:保温効力:48度以上(6時間)/保冷効力:11度以下(6時間)

パール金属 カフェマグ バリスタ 500ml

出典:Amazon

飲み口の当たりが柔らかい素材なので、直接口を付けても火傷の心配がなく、また氷ストッパーも付いているためアイスドリンクも飲みやすい形状になっています。

真空断熱構造で温度もしっかりキープできるのでコーヒーの持ち運びに最適。

【詳細】

・サイズ:(約)幅7×奥行7×高さ21cm

・容量:500ml

・重量:230g

・材質:内びん・胴部/ステンレス鋼、飲み口キャップ/ポリプロピレン、ふた栓/ポリプロピレン・ステンレス鋼、パッキン/シリコーンゴム

・保冷保温効果:保温効力:84度以上 (1時間)、65度以上(6時間)/保冷効力:13度以下(6時間)

ベストコ コーヒーフォーユー200ml

出典:Amazon

コンパクトで可愛らしい見た目の保温保冷コーヒーボトル。

真空断熱構造で最適な温度をキープでき、氷ストッパー+口当たり柔らかな素材で飲み口ができているため、ホットでもコールドでもストレスなく飲めます。

【詳細】

・サイズ:(約)幅6.5×奥行6.5×高さ13.5cm

・容量:200ml

・重量:不明

・材質:内びん・胴部・ふた栓外側/ステンレス鋼、飲み口キャップ・ふた栓内側/ポリプロピレン、パッキン/シリコーンゴム

・保冷保温効果:保温効力:48度以上(6時間)/保冷効力:14度以下(6時間)

まとめ:自分にあった水筒でアウトドアでも手軽に美味しいコーヒーを飲もう

エコへの関心が高まり、マイボトルを常に携帯する人が増えた今、コーヒー用水筒への注目も高くなっています。

コーヒーボトルを用意すれば、いつでも場所を選ぶことなくコーヒーブレイクを楽しめます。

ぜひこの記事を参考に、お気に入りのマイボトルに美味しいコーヒーを入れ、キャンプ場に持ち運んでみてください!

普段の生活やアウトドアシーンがより豊かなものになるはずですよ。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事