土曜日, 6月 15, 2024
ホームALL【2024年】キャンプ枕お...

【2024年】キャンプ枕おすすめ12選!キャンパーが厳選した枕で安眠を手に入れよう

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプでも安眠したい人必見!

今回は、キャンプのプロのキャンプ場スタッフが大きさや重さ、収納サイズからくる携帯性はもちろん、機能面などを考慮したおすすめキャンプ枕12選を紹介していきます。

キャンプ翌日も元気に思いっきり楽しめるよう快適な眠りを手に入れましょう!

いますぐおすすめの枕を知りたい人は下のボタンからジャンプしてくださいね。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプ初心者なのですが、キャンプで寝るとき用の枕は必要ですか?どんなものがあるのかも知りたいです

まかせて!枕があるとないとだと、寝るときの快適さが変わってくるよ!キャンプで1日楽しんだ後もぐっすり眠れる快適で持ち運びやすい枕を紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

キャンプに枕って必要?キャンプ用枕の選び方

寝袋があるのに枕も必要?と思う人も多いのではないでしょうか。

キャンプの寝具を考えるときに、寝袋やマット、コット(ベッド)は必需品としてあげられやすいですが、枕は脇役。

とはいえ、枕が変わると寝られないという人もいるくらいですよね。さらに、キャンプは普段と環境が違い睡眠が浅くなりがちです。

そんなキャンプで、マストではないものの快適に眠りたい人にぜひ使ってほしいアイテムが枕なのです。

それでは、キャンプで使える枕選びのポイントを見ていきましょう。

【枕に求めるのは寝心地?持ち運びやすさ?譲れないポイントから選ぼう!】

キャンプ用の枕は大きく分けて4種類。

  • インレータブルタイプ
  • セルフインフレータブルタイプ
  • スポンジタイプ
  • スタッフサックタイプ

寝心地の良さや持ち運びやすさなど、それぞれに特徴があります。

家の枕と同じようなものがいい人や、ソロキャンパーで荷物をコンパクトにしたい人など重視するポイントは人それぞれですよね。

大きく分けて4種類あるキャンプ用枕をそれぞれご紹介します。ぜひ、こだわりの枕を見つけて極上のリラックスタイムをお過ごしください!

■お手軽セッティングのインフレータブルタイプ

出典:Amazon

インフレータブルタイプは、バルブを開けると中のウレタンチップがふくらみ自動的に空気が入る仕組みです。

誰でも手軽にセッティングできるうえ、使い終わったら手動で空気を抜くことができます。コンパクトになり、収納スペースも取りません。

収納袋が付属されているものは、よりスマートに携帯できます。

■コンパクトさ重視ならエアータイプ

出典:Amazon

エアータイプは自分で空気を入れるエアー枕です。

ウレタンチップがない分、インフレータブルタイプよりも薄くコンパクトに収納できるのが最大の特徴。

また、自分で空気を入れるため量の調節が簡単なので、枕の硬さや高さも自由自在です。

ただし、穴が開くと空気が漏れて使えなくなってしまうので、火や突起物に注意しましょう。

■最高の寝心地!スポンジタイプ

出典:Amazon

スポンジタイプはウレタン素材のスポンジや低反発素材が使われた枕です。

家で使っている枕のような安心の使い心地で、寝心地重視の人にぴったり!

空気を入れる必要がなくそのまま使えるのも特徴の1つです。

コンパクトに収納できるタイプでは少ないため、車移動のオートキャンプ時に使うのがおすすめ。

■自分好みにカスタマイズできるスタッフサックタイプ

出典:Amazon

スタッフサックタイプは袋状の枕です。

袋の中にタオルや衣類などを詰めて、自分好みの枕に調節可能。詰め物次第で寝心地が変わります。

枕にする手間は少々かかりますが、持ち運び時はペラペラの袋なので超コンパクト。

もちろん、収納袋としても利用できます。防水加工がされているものも多く、登山者に愛用家が多いのも頷けます。

【持ち運びやすさや収納性もチェックしよう!】

タイプ別に好みの枕を選ぶのも快適なキャンプには大切ですが、携帯しやすいか?収納性はどうか?もぜひチェックしてみてください。

コンパクトになり携帯性に優れているインフレータブルタイプやセルフインフレータブルタイプも、重量があれば持ち運びを躊躇するものですよね。

軽いものだと約40g~と持っていることを忘れるような重さです。

重いものでも5~600g程度に抑えられると許容範囲内という人が多いようです。また、収納袋がついていればより小さくまとめられます。

かさばる荷物をなるべく減らしたいソロキャンプや公共交通機関を利用する場合、車利用のオートキャンプで重さは気にならない場合などシチュエーションを想定して選ぶのもポイントです。

【破れや空気漏れは大丈夫?耐久性はいかに】

種類やデザインなど好みの枕を選ぶ際に、忘れてはならないのが耐久性です。タイプ別に確認してみてください。

インフレータブルタイプやセルフインフレータブルタイプなど、空気を入れて使用する枕は、表面の強度が強いPVC加工がされているものが安心。

穴が開いて空気が漏れるのを防げます。また、防水性にも優れ、汚れにも強い素材なのでお手入れも簡単。

スポンジタイプは清潔に保てるかが長持ちのポイントです。そのため、本体が丸洗いできたり、洗えるカバー付きのものがおすすめ。

スタッフサックタイプは耐久性に優れたナイロン製を選びましょう。メンテナンスもしやすく便利です。

キャンプ枕のお手入れ方法は?

こだわりのキャンプ用枕は、長く使いたいものですよね。そのためにもメンテナンスは大切です。

カバーがついているものは取り外して洗濯するだけと簡単。カバーがない枕は、カバーをつけたりタオルを巻いて使えばお手入れもしやすくなりますよ。

本体が丸洗いできるタイプなら、より清潔に保てます。洗濯の際は表示を確認しましょう。
空気を入れるタイプの枕は、破損を防ぐために手洗いするのがおすすめです。

キャンプ場スタッフおすすめのキャンプ用枕12選

キャンパーたちの口コミも聞きながら厳選した、有野実苑オートキャンプ場スタッフがおすすめするキャンプ枕をご紹介します。

【インフレータブルタイプ】

■コールマン コンパクトインフレーターピローⅡ

出典:Amazon

ピーチ加工が施された表面は肌ざわりがよく滑りにくくなっています。

中央部分にあるくぼみで頭を適度にホールドし、安定感のある寝心地。

中身はカット時に出る切れ端が有効利用されています。

【詳細】

展開時サイズ:約48×31×9cm

収納時サイズ:約10×32cm

重量:280g

素材:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

付属品:収納袋

■キャプテンスタッグ インフレータブル インフレーティングピロー

空気の量が調整できるので、好みの高さで快適!

サラサラとした肌ざわりの加工が施され、気持ちよくフィット!片付けもくるくると巻いていくだけと簡単です。

初めて使う場合は空気を吹き込んで時間を置き、ウレタンチップが膨らむのを待つ必要があります。

【詳細】

展開時サイズ:約50×30×13cm

収納時サイズ:約10×30cm

重量:270g

素材:‎ポリエステル、ポリウレタンフォーム

付属品:収納袋

■NatureHike 自動インフレーターピロー

バルブを開き約1分ほどで使用可能。空気を追加すれば好みの高さに調節できるので、寝心地抜群です。

収納サイズは一般的なインフレータブルタイプと同じくらいですが、250gと軽量なのが特徴。

また、カラー展開が豊富なのとお手頃価格なのもうれしいポイントです。

【詳細】

展開時サイズ:約46x27x9.5cm

収納時サイズ:約39x25x1.5cm

重量:250g

素材:‎ポリエステル、スポンジ

付属品:収納袋

Naturehike(ネイチャーハイク) 自動インフレーターピロー 超軽量 枕 トラベル キャンプ用品 アウトドア枕 収納袋付き携帯用 コンフォート アウトドア キャンプ 車中泊 事務室 (ブルー)
Hawk Zing Naturehike

■Hikenture インフレーターピロー

出典:Amazon

人間工学に基づいた設計で、寝心地の良さを求める人におすすめです。

枕全体が1つのスポンジになっており、首のカーブに沿った裁断が施されているので疲れにくい設計。

高機能二重バルブ搭載!3秒ほどで膨らむのですぐに使えます。

【詳細】

展開時サイズ:約45×30×12cm

収納時サイズ:約12×32cm

重量:366g

素材:ポリウレタンフォーム

付属品:収納袋

■DOD(ディーオーディー) ソトネノマクラ

出典:Amazon

カバーが丸洗いできるのでいつも清潔!

ウェーブ形状の本体で寝心地にも配慮されており、空気の入れ加減で高さ調節も可能です。

少々値段は高くなりますが、ポリコットン採用で肌ざわりもいいのでおすすめです。

【詳細】

展開時サイズ:約47×30×7.5cm

収納時サイズ:約32×12×12cm

重量:420g

素材:ポリエステル、ポリコットン、ポリウレタンフォーム

付属品:枕カバー、キャリーバッグ

■イスカ(ISUKA) ノンスリップピロー

出典:Amazon

ノンスリップピローの名前通り、背面に凹凸のあるノンスリップ加工が施されています。

寝ているときのズレを防いでくれるのでノンストレス!

中央部分にくぼみがあるので、程よく頭が固定されて寝やすい形状です。

また、別売りの専用枕カバーをつければ洗濯も簡単。枕カバーは、ノンスリップ加工の邪魔をしない形状なので安心です。

【詳細】

展開時サイズ:約30×40×5cm

収納時サイズ:約8×28cm

重量:190g

素材:75デニール、TPUポリエステル、ダイヤモンドリップ素材

付属品:収納袋、リペアキット

■スノーピーク ストレッチピロー

出典:Amazon

人気メーカーsnow peakの枕。高さが18㎝まで膨らむので、妥協することなく好みの高さで眠れます。

また、大きめなサイズに反して220gと軽量!

持ち運びもしやすいので、複数そろえてファミリーキャンプにもいかがでしょうか。

【詳細】

展開時サイズ:約41×30×18cm

収納時サイズ:約28×9㎝(収納ケースサイズ)

重量:220g

素材:ポリエステル、TPU

付属品:収納ケース、リペアキット

【エアータイプ】

■LEEPWEI エアーピロー

出典:Amazon

3〜5回程度空気を吹き込むだけで膨らみ、手のひらサイズにたためる、超コンパクトな枕!

邪魔にならないので、ソロキャンプにもおすすめです。

人間工学に基づいた設計で首や頭に気持ちよくフィットするので、寝心地にこだわりたい人も安心。

綿100%の枕カバーがついているので肌ざわりも問題ありません。

【詳細】

展開時サイズ:約44×31×12cm

収納時サイズ:約8×13㎝

重量:180g

素材:ナイロン、綿、TPU

付属品:収納ケース

【スポンジタイプ】

■Mozambique(モザンビーク) トラベルピロー

出典:Amazon

自宅と同じ感覚で眠りたい人にぴったりな、寝心地重視の枕です。

ウレタンの程よい弾力と反発で気持ちよくフィット。付属の枕カバーは、季節を問わず使える肌触りの良いフリース素材です。

カバーのみならず本体も洗濯できるので衛生的。

本体のポケット部分へくるっと巻き入れれば、コンパクトに持ち運べます。

【詳細】

展開時サイズ:約44×34×14cm

収納時サイズ:約15×34×14cm

重量:480g

素材:ウレタンフォーム、スウェード

付属品:枕カバー

■Tempur(テンピュール) トラベルピロー

出典:Amazo

NASA公認のマットレス&ピローブランド、テンピュールが作るアウトドア向けのトラベルピロー。

極上の寝心地をキャンプでも体感できます。「テンピュールの心地よさを旅先でも」という思いが詰まった枕で、翌日の目覚めの良さからのハイパフォーマンスにつなげてみてはいかがでしょうか。

【詳細】

展開時サイズ:約25x10x31cm

重量:660g

素材:低反発ウレタン(テンピュール)、綿、ポリエステル

付属品:枕カバー、専用ポーチ

【スタッフサックタイプ】

■サーマレスト  スタッフサック ピロー

出典:Amazon

ドローコードを引っ張れば中に入れた物がズレないので、朝まで快適に眠れます。

スタッフサックタイプなので、着替えやタオルを入れて持ち運びにも使えて一石二鳥。

肌にあたる部分はマイクロフリース素材、裏のナイロン生地は撥水性があるのもうれしいポイントです。

【詳細】

展開時サイズ:19x43cm

重量:64g

素材:起毛ポリエステル、ナイロン

付属品:なし

■サーマレスト トレッカーピローケース

出典:Amazon

折りたためばシャツのポケットに入るほどの大きさになり、荷物のスペースを考える必要がない枕です。

重量も65gと超軽量!肌ざわりのいい起毛ポリエステル素材なので、使用時もノンストレス。
試しにキャンプで枕を使ってみたい人にも手ごろな価格です。

【詳細】

展開時サイズ:36x43cm

重量:65g

素材:起毛ポリエステル

付属品:なし

まとめ:キャンプ用枕を使って快適な夜を過ごそう

今回は、キャンプ用枕の種類や特徴などをご紹介しました。

ソロキャンプやファミリーキャンプ、寝心地や携帯性などタイプによってそれぞれメリットがある枕。機能性はもちろんですが、デザインや好きなブランドから選ぶのも楽しいですよ。

ストレスのない枕を使って眠ると、翌日の寝起きの良さからハイパフォーマンスでキャンプを楽しめるはずです。

有野実苑オートキャンプ場スタッフがおすすめする枕を参考に、ぜひ自分のキャンプスタイルに合った枕を選んでみてくださいね!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事