金曜日, 8月 12, 2022
ホームALL【DDタープの張り方】ビー...

【DDタープの張り方】ビークフライの手順を簡単解説!5分で組み立て、フルクローズも可能【写真付き】

【キャンプ場スタッフ監修】ソロキャンプでタープ泊に挑戦したい!そんな時は雨に強く風の影響も抑えられ、フルクローズにもできるDDタープのビークフライ。

今回はキャンプ歴10年のベテランキャンパーのHITOMIさん夫妻にビークフライの張り方を教えてもらいます!ぜひ次回のキャンプに活用してくださいね♪

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

雨風をしのげて、居住性を保てるタープを張りたいです!!DDタープのビークフライの張り方を教えてもらえませんか??

まかせて!DDタープを使ったビークフライの張り方だね!今回はベテランキャンパーのHITOMIさん夫妻にビークフライの張り方を教えてもらうよ♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

ビークフライの特徴

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ビークフライはとてもシンプルな作りで、慣れればひとりで5〜10分もあれば設営できるDDタープの基本的な張り方の1つです。

見た目がシンプルでカッコいいだけではなく、フルクローズやタープ使用ができるといった、利便性の高さも人気です。

オープンにすれば前室ができ、タープ部分も高いので、焚き火も楽しめる形ですよ(火は少しタープから離しましょう)。

室内はポールなど邪魔になるものがないため使い勝手が良く、またグランドシートもかねた作りなので、荷物を少なくしたいソロキャンパー向けの張り方と言えます。

タープ部分を閉じれば、簡易的なフルクローズにもなるので、タープ泊も可能。

ただし、3×3サイズの場合、体が大きい方は身動きが取りにくく窮屈になるので、DDタープのサイズ選びは重要になります。

ソロキャンプでコットを使用したり、荷物も一緒にしまえる余裕を考えたら、筆者個人的には3.5×3.5のサイズをおススメします。

人ひとりが寝た場合のサイズ感(フルクローズ時)

DDタープコット蚊帳収納力(ソロキャンプ時)
3×3×(入れたらフルクローズ不可)×△(リュック1つ分程のスペースのみ)
3.5×3.5
4×4
created by Rinker
DD Hammocks
¥7,840 (2022/08/11 21:32:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DD HAMMOCKS
¥11,000 (2022/08/12 09:04:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DD Hammocks
¥10,500 (2022/08/11 21:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

ビークフライのメリット・デメリット

Photo by HITOMI(Arizineライター)

■DDタープビークフライ張りのメリット

  • 設営が簡単
  • フルクローズになるので、就寝時のプライバシーが保たれタープ泊に適している
  • DDタープ1枚でグランドシート、またオープン時はタープの役割も補える
    (軽荷物で行きたいソロキャンパーに特におすすめ)
  • 風通しが良い(おすすめの時期は春~秋)
  • オープン時には焚き火ができる
  • ポールやガイロープが生活動線の邪魔にならない位置に設置してある

■DDタープビークフライ張りのデメリット

  • フルクローズ時の室内は狭め
  • 入り口が大きいため、雨風が吹き込みやすく悪天候時は不向き
  • 密閉性が低いため、寒い冬キャンプには不向き
  • 簡易的なフルクローズ型なので、防犯面が心配

ビークフライに必要な道具(ギア)の解説

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ビークフライ設営に必要な道具は比較的シンプルです。

特にソロキャンプの場合は、荷物が少なくて済むと助かりますよね!

フルクローズ+セミオープンの使い方だけなら、ポールは1本あればOK、オープンバージョンの張り方もしたい場合はサブポールも準備しましょう。

【必要なギア(DDタープ3×3サイズの場合)】

・DDタープ 

・メインポール1本(約150cm)

・サブポール1本(約150cmだと◎ですが、前後10cm位の違いなら問題ありません)

・ペグ6本

・ガイロープ3本

・カラビナ1個

サイズ補足

今回は3m×3mのDDタープを使用したので、150cmのポールを使用しましたが、

タープサイズによって 3.5m×3.5mなら175cm、4m×4mなら200cm「タープ1辺の半分がポールの長さ」と覚えておきましょう!

また同じタープの大きさでも、張り方によってポールの長さ調節が必要になってきます。

長さ90cm〜230cmまで5cmきざみで伸縮可能な調整ポールなどがあると、様々な場面で使いまわせて便利です。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥3,800 (2022/08/11 12:48:14時点 Amazon調べ-詳細)

また、DDタープを購入すると付属のペグとロープがついてきますが、状況によっては強度が足りなかったり、長さが短い場合もあるので、別売りのテント用ペグ・ガイロープを用意したほうが使い勝手がよく安心です。

ペグは30cm位の長さ、ガイロープは自在金具付きの3.5m〜をおススメします。

(DDタープの大きさによって、ガイロープも4m、4.5mと用意できたらいいですね)

ペグはスノーピークのソリステがおすすめ♪

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,788 (2022/08/11 12:48:15時点 Amazon調べ-詳細)

ビークフライの張り方の手順

それではさっそく、ビークフライ張りの手順を解説していきます。

手順1

Photo by HITOMI(Arizineライター)

タープが裏返しになるよう、内側を上向きに広げます。

風でタープがなびくのを押さえるため、四隅にあたる〇1.5.9.13.のループを軽くペクダウンしておくと、後々キレイに張ることができます。

手順2

Photo by HITOMI(Arizineライター)

〇9.13.15.のループをペグダウンします。

この3点を繋いだ空間が床面・グランドシート部分になります。

この時、仮止めをしていた後ろの1.5.のペグを抜いておいてください。

手順3

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ここで、メインポール150cmを組み立て、ガイロープの先端に「もやい結び」で輪を作っておきます。

次に、△3のループを 手に取り、「P」の位置まで持ってきます。

△3ループとガイロープの輪をメインポールの先端にひっかけ、「P」の位置でポールを立てた後、そのガイロープを☆の位置でペグダウンします。

ガイロープにゆるみが出ないよう、自在金具でしっかりと張るようにしましょう。

手順4

Photo by HITOMI(Arizineライター)

△1と△5のループを〇13のペグに引っ掛けます。

手順5

Photo by HITOMI(Arizineライター)

室内空間を広くするために、△Bのループにガイロープを「もやい結び」し、☆でペグダウンします。

そうすることによって、中の奥行きにすこし余裕ができます。

手順6

Photo by HITOMI(Arizineライター)

最後に、△2と△4のループを互いにカラビナで止めるとビークフライ「フルクローズ」の完成です。

外から中が見えにくく、就寝時の利用に適しています。

手順7※セミオープンバージョン

Photo by HITOMI(Arizineライター)

フルクローズからセミオープンにするのは簡単。

カラビナで止めていた△2と△4のループを外し、△5のループを13のペグから外すだけです。

フルクローズの状態から出入りする際も、2か所を外すだけなので、比較的スムーズに行えるのもポイントです。

手順8※オープンバージョン

Photo by HITOMI(Arizineライター)

前室部分を作りオープン仕様にしたい場合は、まず13.のペグに引っ掛けていた△5のループを外します。

そして、それをガイロープと一緒にサブポールの先端に引っ掛け、ポールを 「P」の位置に立てて、☆の位置でガイロープをペグダインします。

緩みが出ないよう、タープの3.-5.の面と、5.-9.の面がピンと張る位置にポールを持ってくることがポイント。

オープン仕様は、そこそこタープ内が広くとれ、強い日差しや多少の雨を防ぐのにとても役立つ形です。また、ポールやガイロープが邪魔な場所にないため、タープから少し離せば焚き火も楽しめます。

まとめ:簡単で5分でできるビークフライ!ぜひチャレンジしてみて

Photo by HITOMI(Arizineライター)

オープン、セミオープン、クローズと多用な使い方ができる実用的なビークフライ、いかがでしたでしょうか。

見た目がカッコいいのに、設営が簡単、また夏は涼しく快適に過ごせるビークフライ、これからの季節にぴったりの張り方なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

Arizine編集部
Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事
- Advertisment -
Google search engine

最新の記事