土曜日, 7月 13, 2024
ホームALLハンモックのおすすめ14選...

ハンモックのおすすめ14選!キャンプでも室内でも使えるハンモックを紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ハンモックに揺られて極上のリラックスタイムを過ごしてみませんか?

キャンプなどのアウトドアから、室内で使えるタイプ別ハンモックの選び方やおすすめをハンモック愛用中のガチキャンパー沖野隆さんが紹介してくれます。

ハンモックを使って、次回のキャンプでのんびりくつろいでみましょう!

いますぐおすすめのハンモックを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプでハンモックを使ってみたいです!どれがいいですか?

まかせて!ハンモックだね!ハンモックは使用する場所によって、自立式か吊り下げ式の2つに分かれるよ。それぞれのタイプについて知って、自分にぴったりのハンモックを見つけてみよう♪今回は、ハンモック愛用中の、年間40泊以上ベテランキャンパー沖野隆さんにハンモックの選び方やおすすめを教えてもらうよ!

キャンプでハンモックってハードル高そうに感じますが、意外と簡単!チェックポイントを押さえて理想のハンモックを見つけましょう

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

ハンモックの選び方

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

ゆらゆらと揺られながら、独特の浮遊感を味わえる「ハンモック」。キャンプに持っていけば極上のリラックスタイムを楽しめるだけでなく、寝泊まり(ハンモック泊)もできます。

そんなハンモックですが、実はキャンプやアウトドアだけでなくベランダや庭、家の中で使えるタイプもあるんです。

そこで今回は、おすすめのハンモックをタイプ別に紹介します!

選び方も徹底解説してますので、ぜひチェックしてください。

使う場所で選ぶ(自立式・吊り下げ式)

ハンモックには、自立式と吊り下げ式の2種類あります。

まずは設置場所に合わせて、どちらのタイプが適しているかを確認します。

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

タイプメリットデメリット
自立式・どこでも設置可能
・設置後でも移動ができる
・インテリアとしてもオシャレ
・重たい
・室内での使用の場合、場所をとる
吊り下げ式・軽くて持ち運びしやすい・ハンモック泊ができる
・高さを調整できる
・木や柱がないと設置不可
・紐が切れて落下しないか不安
・設置にコツが必要

室内でも使える!自立式ハンモック

自立式ハンモックは、スタンドに布をセットするだけで場所を選ばず設置できるハンモックです。
室内での使用はもちろん、天気のいい日には庭やベランダでの使用もできます。

重量はやや重く収納がコンパクトにならないため、持ち運びには少し不便です。

ただ、設置後でも移動できるので、気分に合わせて設置場所をかえられるのは便利ですね。

最近は、ハンモック・ハンモックチェア・ハンガーラックとして使える3wayのハンモックも人気。オシャレなデザインやカラーのものも多く、インテリアとしても楽しめます。

キャンプやアウトドア向き!吊り下げ式ハンモック

吊り下げ式ハンモックは、2本の木や柱などに吊り下げて使用するハンモックです。

軽量で持ち運びやすく、キャンプやアウトドアでの使用に適しています。

設置にはコツが必要ですが、慣れてしまえば問題ありません。

蚊帳が付いているタイプもあり、タープと合わせて使えばハンモックでの宿泊も可能。高さ調整ができるので、普段では味わえない目線で、自然を満喫できます。

紐が切れて落下しないか不安になりますが、事前に耐荷重をチェックし、正しく設営すれば心配ありません。

素材で選ぶ

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

次にチェックしたいのが、ハンモック生地の素材。

主に、コットン・ナイロン・ハマクテックの3種類があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

コットン

コットンは、肌触りがやさしく快適性に優れたハンモック生地です。シーツのような心地よさがあり、初めてハンモックを使用する方におすすめの素材です。

リゾートホテルやビーチで見かけるハンモックだね!

化学繊維とはちがい、ナチュラルな風合いがインテリアとしてもぴったり。室内での使用にも適しています。

ただ、水分を含みやすい素材のため、使用後にはしっかりと乾燥させなければなりません。

濡れたまま放置すると、カビがはえる恐れがあるので注意しましょう。

ナイロン

ナイロンは、軽量で丈夫なハンモック生地です。アウトドアブランドのハンモックの多くが、ナイロン生地を採用しています。

軽量でコンパクトなうえ、強度が高いためキャンプでの使用に最適です。

通気性が悪いので、夏場は背中が蒸れるのが難点。

気になる方は、通気性の高いパラシュートナイロンを使用したハンモックなども要チェックです。

ハマクテック(Hamac Tex)

出典:Amazon

ハマクテックは、ドイツのハンモックブランド、ラ・シエスタが開発したハンモック生地です。

耐久性が高く、速乾性に優れ紫外線に強いため、長期間野外に設営したままにできます。庭やベランダ、連泊でのキャンプなど、ハンモックを常設したい方におすすめです。

高スペックなため、やや高価なところが難点です。

生地の編み方もチェック!

生地の編み方もチェックしましょう!

出典:Amazon

クロスタイプは、生地を密に編み込んでいるため丈夫なのが特徴です。厚手で肌触りがよく、寝返りをうっても安定感は抜群。断熱性に優れているので、寒い季節の使用にもおすすめです。

ネットタイプやメッシュタイプは、通気性に優れているのが特徴です。暑い時期でも蒸れにくく、快適に過ごせるのが魅力。伸縮性に優れ、体型を選ばずフィットするのもうれしいポイントです。

形状で選ぶ

ハンモックの形状には、「クラシックタイプ」と「バータイプ」の2種類があります。

それぞれの特徴をチェックしましょう。

クラシックタイプ

クラシックタイプは、生地だけで構成されるオーソドックスな形状のハンモックです。

全身が包み込まれ、フィット感がよいのが特徴。

全身が覆われるため視界が狭くなりますが、自然の音や風を感じながらプライベートな空間を満喫したい方におすすめです。

バータイプ

バータイプは、生地を広げるための棒が両端に付いているハンモックです。

視野が広くなり、開放感があるのが特徴。

ハンモックの幅を確保できるので、読書やパソコンを使っての作業ができます。視界が広けるので、夜は星を見ながらゆったり過ごすこともできますよ。

機能性もチェック!

使用シーンに合わせて、その他の機能面もチェックしましょう。

ハンモック泊をしたければ、蚊帳は必須。虫の多い季節でも快適に寝れます。

汎用性を求めるなら、ハンモック・ハンモックチェア・ハンガーラックの3wayで使えるタイプもおすすめ。

必要に応じて、使い方を変えることができます。

その他にも、耐久性や防寒性、付属品などのチェックもしましょう。

【自立式】キャンプ場スタッフおすすめハンモック7選

自立式ハンモックのおすすめ7選を紹介します。

ぜひ、自立式ハンモック選びの参考にしてください。

【Susabi ハンモック 自立式 専門店が作るハンモック

出典:Amazon

ゆったりできるダブルサイズのハンモックです。

カップルや子供と一緒にのびのびくつろげます。工具不要で、慣れてしまえば2〜3分で設営可能。

カラーバリエーションが豊富なので、家のインテリアと合わせてもいいですね。

【詳細】

・素材(材質):【本体】ピュアコットン100%/【紐】混紡(コットン、PE)/【スタンド】スチール

・ハンモックサイズ:全幅:約160cm × 全長:約340cm × 寝床部の長さ:約220cm

・スタンドサイズ:横幅:約268cm × 奥行き:約100cm × 高さ:約100cm

・収納時サイズ:スタンド専用バッグ:横約125cm × 縦約20cm × マチ約16cm

・耐荷重:160kg

・お手入れ方法:家庭洗い可能

タンスのゲン ハンモック 自立式 耐荷重225kg

出典:Amazon

高さ調整ができる、バータイプのハンモック。

木製フレームとエスニックな刺繍がおしゃれで、インテリアにも使えそうです。

コスパに優れているのも魅力的ですね。

【詳細】

・サイズ:[外寸]幅245×奥行き74/69/54×高さ85cm [収納ケース]直径18×長さ118cm

・重量:約8.5kg

・耐荷重:225kg

・材質:[ハンモック]メッシュ(ポリエステル100%)・天然木 [スタンド]スチール [ 収納ケース]ポリエステル

【安心の日本ブランド】Sifflus(シフラス) 3WAY自立式ポータブルハンモック

出典:Amazon

日本で初めて3wayハンモックを開発・発売した「シフラス」の3wayハンモック。

ハンモックチェア・ハンガーラックとしても使用できます。

専用のクッションが付いているため、チェアとして使用した際の座り心地は抜群です。

【詳細】

・製品サイズ(約):2450x780x850mm

・重量(約):8.37kg

・チェア使用時サイズ / 重量(約):1210×780×1085mm / 8,600g

・収納時サイズ / 重量(約):1150×170×125mm / 9,700g

・ハンモック用生地サイズ(約):2240×1420mm

・チェア用生地サイズ(約):1390×1330mm

・クッションサイズ(約):480×960mm

・対象身長(約):180㎝前後

・耐荷重(約):100kg以下

・材質:スタンド:スチール、ハンガーロッド:アルミ、ハンモック用生地・チェア用生地:綿・ポリエステル、クッション:綿・PP・ポリエステル、収納バッグ:ポリエステル

[レビール オブ リバー] revir of river 3WAY ハンモック 自立式

出典:Amazon

ハンモック用、チェア用、それぞれのクロスが付いた3wayのハンモックです。

専用のクロスのため、寝心地・座り心地は抜群。

また、クロスとフレームの組み合わせで、24通りのカラーバリエーションから選べるのも楽しみのひとつです。

【詳細】

・素材:金属(鋼)、キャンバス生地、ポリエステル、綿

・サイズ:ハンモック(約)幅194.5cm×奥行67cm×高さ112cm チェア、ラック(約)幅114cm×奥行67cm×高さ110cm クッション(約)縦43cm×横82cm/ 収納寸法(約)幅112cm×奥行17cm

・重量:クロス 4.46kg、フレーム 9.36kg

・仕様:3way(ハンモック/ハンモックチェア/ハンガーラック) 自立式ハンモック

・耐荷重:ハンモック・チェア時 150kg、ハンガーポール時 30kg

・セット内容:フレーム、ハンモッククロス、ハンモッククロチェア、クッション、ハンガーポール、収納ケース

自立式ハンモック ゆらふわモック ノーマルタイプ【折りたたみハンモック】

出典:Amazon

バータイプの3wayハンモックです。

幅が広く耐荷重に優れているので、カップルやファミリーでの使用も可能。

スタンドとネットの組み合わせで、お気に入りのカラーに自由にカスタマイズできます。

【詳細】

・使用サイズ:193cm-240cm×108cm

・商品重量スタンド:約7kg ハンモックネット:約1.4kg

・耐久重量:330kg

Vivere 全米が愛したハンモック ダブルサイズ

出典:Amazon

高級ホテルやグランピング施設にも導入されている、ラグジュアリーな雰囲気が漂うハンモックです。

生地やポールの素材・製法にこだわり抜いた品質は間違いありません。

極上の寝心地を求める方におすすめです。

【詳細】

・サイズ:ハンモック使用時サイズ(設置に必要なスペース)約幅123×高さ100×長さ280cm(床設置面積:長さ約300cm)

・生地サイズ(人が寝るスペース):約幅160×長さ280cm

・収納バッグサイズ:約130×20×25cm

・重量:本体重さ約15kg(スタンド、生地、ケース)

・耐荷重:約200Kg

・素材:綿100%、スタンド素材:ゲージ鋼(表面ブロンズ仕上げ)

ロゴス(LOGOS) Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

出典:Amazon

大人も子供も楽しめる、小型のハンモックチェアです。

ハンモックのようなゆらゆらした座り心地が特徴で、リラックスした時間を過ごせます。

他の自立式ハンモックに比べ軽量コンパクトで持ち運びやすく、アウトドアでの使用にも適しています。

【詳細】

・総重量:(約)2.2kgサイズ:(約)高さ64.5×幅63.5×奥行50cm(座高39cm)

・パッケージ重量:2.27 kg

・素材:ポリエステル

【吊り下げ式】キャンプ場スタッフおすすめハンモック7選

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

吊り下げ式ハンモックのおすすめ7選を紹介します。

キャンプやタープ泊での使用を考えている場合は、蚊帳や吊り下げるストラップも重要。

付属品なども、合わせてチェックしてくださいね。

【スコットランド発】DD Frontline Hammock フロントラインハンモック

出典:Amazon

キャンパーから大人気のDDハンモックの吊り下げ式ハンモック。

蚊帳が標準装備されており、ハンモック泊が可能です。無骨なデザインがブッシュクラフトとの相性もばっちり。

本格的なタープ泊を楽しみたい方におすすめです。

【詳細】

・サイズ:2.7m × 1.4m ※196センチ・125㎏可能

・重量:860g※ハンモックのみ

・付属品:WEBBING(10m・175g)  Elastic Cord(2m×2本)  Lightweightポール2本  Stuff Sack

【日本ブランド】LUHANA (ルハナ) ハンモック 蚊帳 付き

出典:Amazon

国産ブランド「ルハナ」の吊り下げ式ハンモックです。

蚊帳と高さ調整ができるハンモックベルトもセットになり、コスパに優れています。

素材は、耐久性に優れ軽量なパラシュートナイロンを使用。

キャンプでの使用に最適なアイテムです。

【詳細】

・サイズ:140x290x70cm

・重量:960g

アーミーグリーン 【日本ブランド】LUHANA (ルハナ) ハンモック 蚊帳 付き ソロ キャンプ 軽量 耐荷重300kg ベルト
ノーブランド品

Unigear(ユニジア) ハンモック パラシュート

出典:Amazon

軽量コンパクトで、耐荷重に優れた吊り下げ式ハンモックです。

ハンモックベルトが付属していますが、蚊帳がないためハンモック泊には向かないかもしれません。

キャンプでリラックスタイムを楽しむのにぴったりですね。

【詳細】

・サイズ:約320×200cm

・重さ:1170g

・耐荷重:350kg

・素材:ナイロン100%

・付属品: D型カラビナ×2、ノードタイプベルト×2、収納袋付属

Naturehike ハンモック 1人用 ナイロン製 超軽量化

出典:Amazon

山岳ブランド「ネイチャーハイク」のハンモックです。

重量はわずか265g。

徒歩キャンプや登山にも持っていけるハンモックです。

スライド式で高さ調整できるロープが付属しているのもうれしいポイントです。

【詳細】

・展開サイズ:長さ275㎝×幅140㎝、収納袋サイズ:15㎝×直径10㎝

・重量:約265g

・材質:30Ⅾナイロン、吊り紐×2個

・耐荷重:150㎏以内

【神戸発ブランド】SheepNot ハンモック 蚊帳付き

出典:Amazon

蚊帳とハンモックが一体になった、簡単設営のハンモックです。

ハンモックを広げれば、蚊帳も自動で立ち上がるため、数分で設営ができます。

設営に必要なハンモックベルトやカラビナもすべて揃っているので、初心者の方にもおすすめです。

【詳細】

・本体サイズ:270㎝×140㎝

・重量:800g

・耐荷重:300㎏以内

・ハンモック生地:210Tパラシュート生地

・付属品:収納一体型ハンモック、ハンモックベルト×2、揺れ防止ロープ×2、蚊帳吊りロープ×1、付属品収納袋×1、カラビナ×2、ペグ×2、日本語説明書付き

【Susabi メキシカンハンモック】

出典:Amazon

ネットタイプに編み込まれた、通気性抜群のハンモックです。

コットン100%なので肌触りがよく、暑い季節でも快適に過ごせます。

また、広く大きい設計なので、のびのびとリラックスタイムを過ごせますよ。

【詳細】

・素材:本体:コットン100%/ひも:ナイロン

・サイズ:全幅:約220cm×全長:約360cm×寝床部の長さ:約200cm (ハンドメイドのため10cm前後の誤差があります。)

・耐荷重:200kg

【Night Cat 防水ハンモック テント 蚊帳付き フライシート付き】

出典:Amazon

防水フライシート付きの、吊り下げ式ハンモックです。

雨が降っても防水フライシートで雨をしのげるため、タープは必要ありません。

もちろん蚊帳も標準装備。タープ泊に最適なハンモックです。

【詳細】

・重量:1.8kg

・展開サイズ:270ⅹ140㎝、パッケージサイズは43x15x12cm

・耐荷重:200kg

「ハンモック泊」ってどうやって眠るの?

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

ハンモック泊は、テントのかわりにハンモックを寝床にすることです。宙に浮きゆらゆらと揺られながら寝るのが、テント泊との違い。

タープ泊の際には、虫除けの蚊帳や雨よけ・日よけのタープが必要になります。その他にも、防寒対策や風対策も必要です。

また、木にハンモックやタープを吊るすために覚えなくてはならないロープワークもあります。

事前にしっかりと準備をして、ハンモック泊に挑戦しましょう。

実際のやり方やハンモックの張り方は下記の記事で解説しているので読んでみてくださいね!

まとめ:家でもアウトドアでもハンモックで極上のリラックスタイムを!

ハンモックは、リラックスした時間を過ごしたいときにぴったりのアイテムです。

キャンプでは、自然を感じながらプライベートな時間を楽しめます。家では、風を浴びながら昼寝したり読書したりなどもいいでしょう。

さまざまなタイプのハンモックがありますが、まずは設営が簡単なものや購入しやすい価格帯のものがおすすめです。

一度ハンモックに寝てみると、その快適さが分かります。家でもアウトドアでも、ハンモックが手放せなくなりますよ。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事