金曜日, 3月 1, 2024
ホームALLワークマンでキャンプ道具を...

ワークマンでキャンプ道具を揃える!ギア別におすすめ18選を紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ワークマンは、日本を代表するワークウェアブランドで、耐久性と実用性に優れた商品で知られています。

近年ではワークウェアだけでなく、アウトドア用品も幅広く展開しており、キャンプ愛好家にとって頼もしい存在です。

ワークマンの商品は手頃な価格でありながら品質に妥協することなく、機能性と耐久性を追求しているため、多くのキャンパーにも支持されています。

今ではワークマンの製品を愛用しているキャンパーがたくさんいるんですよ。

今回は、そんなワークマンのキャンプギアの中でもおすすめのものを生粋のソロキャンパー佐々木さんが紹介していきます。

いますぐおすすめのワークマンアイテムを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプギアも展開し始めたワークマンでおすすめのギアはありますか?

ワークマンは手頃な価格で機能性の高いアイテムが売られていることで知られているけど、近年のキャンプギアの展開にあわせて多くのコラボ商品を出していることが注目されているよ♪実際にキャンプをしているユーザーの声を聞いて商品開発をしているから、痒いところに手が届くアイテムが続出!

ワークマンには初心者はもちろん、ベテランキャンパーも愛用している魅力的なギアがたくさんありますよ!今回はそんなワークマンでおすすめのギアを紹介していきますね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

ワークマンってどんなブランド?

ワークマンとは、主にとび職など現場作業や工場作業用の作業着などを取り扱う専門店です。

現場作業者ご愛用のお店というイメージが強いワークマンですが、それは昔の話。

(吉幾三さんのCMが懐かしい……)

野外での現場作業用に作られた安価で高品質な製品が、一部のインフルエンサーの目に留まりSNSで拡散。あっという間に一般の方にも大人気のブランドになりました。

キャッチコピーは「やる気ワクワク、ワークマン」お店に行くたびに魅力的な商品に出会えるブランドなのです!

ワークマンプラスとの違いは?ターゲット層など

出典:ワークマン Plus

ワークマンには「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」というブランドもあります。

ワークマンとワークマンプラスの違いはブランドのターゲット層が違います

「ワークマン」は作業着や安全靴など作業員向けの商品を売っているのに対し、「ワークマンプラス」は、一般の方のニーズに合わせたよりカジュアルなブランドで、アウトドア商品も豊富に展開中です。ワークマンでは取り扱っていないような女性向けの商品も充実。

何よりもキャンパーたちの「アウトドアで使うこんな服があったらいいなぁ……」という声をそのまま形にしたような、機能性に優れるアウトドア用の衣類やアイテムを取り扱っています。

ワークマンプラスには、アウトドア向けアイテムを揃えた3ブランドがありますよ!
フィールドコア(FieldCore
ファインドアウト(Find-Out
イージス(AEGIS)

しかも、同じようなスペックなのにお値段は大手アウトドアメーカーの半額以下!
出費を安く抑えてキャンプを快適に過ごしたい!」という方は、ぜひ1度はワークマンプラスにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

ワークマンでおすすめのキャンプ用品を一挙紹介

出典:ワークマン

ここからは、ワークマンで取り扱っているおすすめのキャンプ用品を紹介。

2022年2月からワークマンは本格的にキャンプ用品の販売を開始しました。

販売しているキャンプ用品は、ワークマンらしい機能性とコストパフォーマンスを両立したものばかりです。

キャンプ初心者さんも、キャンプギアにこだわりを持っている上級者さんもぜひチェックしてみてください!

テント周辺ギアおすすめ

ここでは、テント周辺ギアのおすすめを5点紹介。

テントなどはキャンプ用品の中でも高価なものですが、ワークマンなら大手アウトドアメーカーの1/3程度の価格で購入することも可能です。

これからキャンプ用品を揃える初心者の方も、買い替えや買い足しを考えている経験者の方もワークマンのテント周辺ギアは必見になっています!

ワイドミシックドームテントAG

出典:ワークマン
価格(税込み)17,800円
設営時サイズ長さ271×幅272×高さ171㎝
収納時サイズ高さ21×幅22×長さ65㎝
重量11.0kg
フライシート最低耐水圧値2000㎜
フロアシート最低耐水圧値3000㎜

シンプルな構造の自立型テント。

4人がテント内で快適に過ごせる大きさなのでファミリーキャンプにおすすめです。

シンプルな構造のおかげで設営も簡単。

手際よくテントを設営する父の姿に子供たちは「父ちゃんスゲェ!」と心に刻むことでしょう。

BASICドームテント

出典:ワークマン
価格(税込み)4,900円
設営時サイズ長さ215×幅104×高さ98㎝
収納時サイズ直径13×長さ55㎝
重量2.5kg
フライシート最低耐水圧値2000㎜
フロアシート最低耐水圧値3000㎜

ソロキャンプ向けの自立型テントです。

なんでもキャンプ系ユーチューバーの方が開発に協力しているらしく、実際のキャンプで使い勝手は抜群!お値段も5000円を切っているので、ソロキャンプデビューにピッタリのテントといえます。

耐久撥水3ルームシェルター 4人用テント

出典:ワークマン
価格(税込み)27,800円
設営時サイズ長さ500×幅245×高さ200㎝
収納時サイズ高さ30×幅30×長さ70㎝
重量15kg
フライシート最低耐水圧値2000㎜
フロアシート最低耐水圧値3000㎜

4人での使用にピッタリの3ルームテント。

ルーム型のテントのメリットは「タープなどがなくても快適なリビングを確保できる」ことです。

開放感とプライベート感を両立したリビングで過ごす時間は、家族や仲間との絆をさらに深めてくれるでしょう。

TCサバイバルタープ

出典:ワークマン
価格(税込み)9,800円
設営時サイズ約縦350×横350㎝
収納時サイズ約縦35×横×35×奥行き㎝
重量約3.5kg
最低耐水圧値不明

四角形のシンプルなタープです。

普通にリビングとして使ってもよいですが、サバイバルタープの特徴である「ハトメ」の多さを活かした使い方がおすすめ。

ダイヤモンド張り


使用者のアイデア次第で「ダイヤモンド張り」などの様々な貼り方のアレンジが可能。

素材も燃えにくいTC(ポリコットン)なので、タープの下で焚き火を楽しめます。

その名通り「サバイバル」なキャンプをしたい方は、要チェックなタープではないでしょうか。

レジストスクエアタープ

出典:ワークマン
価格(税込み)4,900円
設営時サイズ縦288×横351㎝
収納時サイズ直径14×長さ60㎝
重量3.7kg
最低耐水圧値2500㎜

コストパフォーマンス抜群のタープです。

231㎝のポールが2本も付いているのに、お値段は5,000円を切っています。耐水圧もしっかり確保されているので急な雨でも安心。

キャンプ未経験者は、まずタープを用意してデイキャンプから始めてみてはいかがでしょうか?

マット・シュラフ系おすすめ

ここでは、マット・シュラフ系アイテムのおすすめを4点紹介。

マットやシュラフは適切に選ばないとキャンプ翌日の体調にモロに影響します。

マットが硬かったり、シュラフと外気温が合っていないと快適な睡眠ができませんよね?

自分が使ってみて快適に過ごせるものを選んでいきましょう!

エクストリームダウンシュラフシリーズ

出典:ワークマン
価格(税込み)19,800円
本体約縦215×横70㎝
収納時約周77×高さ41㎝
重量約1.9kg
快適使用温度-5℃
使用可能温度-11℃
※エクストリームダウンシュラフ1290のスペック

エクストリームダウンシュラフシリーズは、その名通りダウンを使用したシュラフです。

一般的にダウンを使用すると保温性を維持したままサイズを小さくできますが、価格が高くなってしまうデメリットがあります。

しかし、そこはさすがワークマン。大手メーカーの同スペックのダウンシュラフの半額程度の価格を実現!対応気温のバリエーションも豊富なので、自分がキャンプをする季節に応じたシュラフを選べるのも魅力的です。

フュージョンダウンシュラフ+

出典:ワークマン
価格(税込み)7,800円
本体縦220×横70㎝
収納時円周57×36㎝
重量1kg
快適使用温度5℃
使用可能温度0℃

ワークマンが独自開発した素材「フュージョンダウン」を使っているシュラフです。

今まで防寒ウエアの素材として使われていたフュージョンダウンはシュラフとの相性は抜群!

水や汚れにも強く、ワークマンらしいタフに使えるアイテムを探している方におすすめ。

燃え広がりにくいアルミコット

出典:ワークマン
価格(税込み)5,800円
High使用時約幅66×奥行190×高さ35㎝
Low使用時約幅66×奥行190×高さ17㎝
耐荷重最大100kg
重量3.5kg

高さを2段階で変えられるので、使用シーンを選ばずに使うことができます。

本体生地も燃え広がりにくい加工が施されていて、多少の火の粉ではびくともしません。

エアディメンションマットレス

出典:ワークマン
価格(税込み)4,900円
使用時約幅60×長さ180×厚み2㎝
収納時約幅60×長さ20×厚み18㎝

中材に東洋紡社の「三次元網状繊維構造体」を使っているマットレスです。

通気性や弾力性に優れていてキャンプ用マットレスとは思えない寝心地を実現!優れた弾力性のおかげで丈夫でへたりにくいです。

お財布に優しいのもうれしいですよね♪

テーブル・チェアおすすめ

ここでは、テーブル・チェアのおすすめアイテムを3点紹介します。チェアは人数分必要になり、意外とお金がかかりがち……。

コストパフォーマンスに優れているワークマンならお得に人数分のチェアを揃えれますよ♪

燃え広がりにくいローチェア

出典:ワークマン
価格(税込み)1,780円
梱包時幅408×奥行130×高さ144㎜
使用時幅565×奥行510×高さ637㎜
座面高さ265㎜
耐荷重最大100kg(静荷重)

キャンプチェアの定番「組み立て式ローチェア」のワークマンバージョン。

収納時はコンパクトで持ち運びやすく、組み立ても簡単です。
座面が広いので、ゆったり座れてキャンプをのんびり過ごせるでしょう。

燃え広がりにくい加工が施されているので、焚き火の近くでも使えます。

耐熱アルミテーブル

出典:ワークマン
価格(税込み)980円
使用時幅352×奥行214×高さ84㎜
収納時幅121×奥行214×高さ27㎜
耐荷重最大10kg(静荷重)
重量約390g

飲み物や軽食を乗せられる小さなテーブル。

このテーブルがあれば、どこでもリビングに早変わりするでしょう。

「どこに行くにも、持って出かけたくなる」そんなワクワクするテーブルです。

ワイド耐熱フィールドテーブル

出典:ワークマン
価格(税込み)3,500円
使用時幅633×奥行400×高さ500㎜
収納時幅509×奥行125×高さ129㎜
耐荷重約15kg(静荷重)

十分な広さがあるオールラウンダーなテーブルです。

組み立ても簡単で、収納時もコンパクトになります。

キャンプではもちろん、家で使うのもあり。お値段もお手頃なので、家用とキャンプ用の2つを持っておくのもいいかもしれません。

焚き火台・小物系おすすめ

ここでは、焚き火台や小物系のおすすめアイテムを6点紹介。

ワークマンの小物系は痒いところに手が届くアイデア商品ばかりです。

キャンプでの不満を解消できる相棒と出会えるかもしれませんよ♪

ワイドフォールディングスクエアグリル

出典:ワークマン
価格(税込み)5,800円
使用時幅405×奥行305×高さ370㎜
収納時幅410×奥行310×高さ70㎜
耐荷重最大8kg(静荷重)
重量3kg(本体のみ)

本格的な焚き火台もラインナップ。

ワークマンで取り扱っているローチェアとの高さの相性も良いので、使い勝手が抜群です。

トングも付属しているので、キャンプアイテムを揃えている途中の初心者におすすめの焚き火台といえます。

TANOSHIBI 軽量ハンドアッキス

出典:ワークマン
価格(税込み)1,780円
全長32㎝
重量約400g

キャンプ場での薪割りで大活躍するコンパクトな斧。

ナタと本格的な斧との中間くらいのサイズ感なのに、刃の部分は厚くなっていてしっかり薪に食いこんでいきます。

グリップもゴム塗装が施されていて滑りにくく安心です。

500ml専用真空保冷ペットボトルホルダー

出典:ワークマン
価格(税込み)980円
適合サイズ500ml(ペットボトル)

夏場に重宝するペットボトルホルダー。真空機構でペットボトルをしっかり保冷してくれます。

水筒に入れにくい炭酸飲料を冷やして持ち運べるのはうれしいですよね♪

真空ハイブリッドコンテナ

出典:ワークマン
価格(税込み)2,900円
容量約5L(容量目安:500mlペットボトル約4本収納可能)

500mlのペットボトルを4本収納できる大人気のコンテナ。

高さに余裕があるので保冷剤を入れることもできます。キャンプだけではなく、家族で運動会などの屋外イベントに出かける時に使うのもいいですね♪

ASSIKE 充電式モスキートキラーランタン

出典:ワークマン
価格(税込み)2,900円
動作時間150lm時約3時間 /70lm時約6時間誘虫灯時約30時間
波長(誘虫灯)360~400nm
充電時間約4時間(※USB充電式)
本体サイズ約直径98×高さ138~186mm
重量約389g
電撃線電圧DC700V

キャンプの厄介者、虫を退治してくれるランタン。

かわいい見た目と裏腹にUV光で虫をおびき出して、電撃を食らわせる必殺仕事人です。

ランタンとしての使い勝手も良く、優しく青い光は寝る時につけたままでも熟睡できるでしょう。

ASSIKE ヒカルソラランタン×モバイルバッテリー 充電式

出典:ワークマン
価格5,900円
明るさ最大400ルクス
動作時間連続約5時間
充電時間約9.5時間(※USB充電時)
本体サイズ約幅126×奥行188×高さ38mm
重量約510g

ソーラーパネルで充電ができるモバイルバッテリーが付いているLEDランタンです。

キャンプは自然を楽しむために行くものですが、音楽を聞いたり電子書籍を読んだりとスマホはキャンプでも活躍します。しかし、スマホを使いすぎると充電切れなんてことも……。

モバイルバッテリーが付いているLEDランタンがあれば、キャンプ中の充電切れを心配せずにキャンプで音楽や電子書籍を楽しめますよ♪

ワークマンWEB限定商品の受け取り方法は?店頭取り寄せはできる?

WEB注文でおすすめの受け取り方法は「店舗受け取り」です。

店舗受け取りならご注文金額や注文個数に限らず、なんと送料が無料!
(自宅などで受け取りの場合、ご注文金額が1万円以下だと全国一律で送料が850円かかります)

ワークマンで販売しているキャンプ用品はWEB限定商品のものもあります。購入方法は公式オンラインストアでポチるだけ。

もちろん、受け取りたい店舗は全国のワークマンから選べるし、受け取り時間も営業時間のなかで自由に選べます。

お得にWEB限定商品をゲットしたい方は、店舗受け取りサービスを利用するのがおすすめです。

店舗受け取りはワークマンオンライン会員限定のサービスです。会員登録をしていない方は、これを機に会員登録(もちろん無料!)をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ:コスパ最強のワークマンのギアでキャンプをもっと手軽に楽しもう

出典:ワークマン

今回は、ワークマンで取り扱っているキャンプで使えるおすすめのギア18選を紹介しました。

ワークマンから販売されているキャンプギアは機能性が高いのにコスパ最強!

初心者はもちろん、ベテランキャンパーも思わず欲しくなる魅力的な商品を数多く取り扱っています。今度の週末はワークマンにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

お店入った瞬間、ワクワクすること間違いなしですよ♪

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事