金曜日, 3月 1, 2024
ホームAD最大出力2700W!パワフ...

最大出力2700W!パワフルなBLUETTI(ブルーティ) AC180がキャンプに最適!【AD】

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ポータブル電源の先駆者「BLUETTI(ブルーティ)」が、コンパクトでパワフルなAC180を発売!

今回は、最大出力2700Wの電力リフトモードを搭載したコンパクトなのにパワフルなポータブル電源AC180をキャンプ場スタッフが実際に使用してみました。

コンパクトで持ち運びもしやすかったのでキャンプや車中泊に最適!場所を取りにくいサイズなので自宅保管もしやすく、災害時にも活躍しそうです。

早速キャンパーの皆さんにおすすめしたいと思います。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

コンパクトだけどパワフルなポータブル電源を探しているのですが、何かおすすめありませんか?

まかせて!車中泊やソロキャンプにはBLUETTI(ブルーティ)のコンパクトポータブル電源「AC180」がおすすめ!有野実苑オートキャンプ場スタッフが実際に使ってみた使用感を紹介するね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

BLUETTI(ブルーティ)ってどんなブランド?

出典:BLUETTI

BLUETTI(ブルーティ)は、ポータブル電池・蓄電池技術のプロフェッショナルである「パワーオークグループ」が設立した、BLUETTI JAPAN株式会社のブランドです。

パワーオークグループの蓄電池技術は世界トップを誇り、発明特許、実用新案、ソフトウェア著作権等も多数保有。

その最先端技術を詰め込んだBLUETTIは、ポータブル電池にとても信頼の置けるブランドです。

有野実苑オートキャンプ場でもブルーティのポータブル電源をスタッフがよく使用してるよ!

BLUETTIでは、アウトドアから家庭用、災害時の予備電源まで、幅広い用途の蓄電池を開発・販売しています。

さらに世界最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「Indigogo」で17億円の支援学を達成するなど、世界的にも注目度の高いブランドなんです!

BLUETTIE(ブルーティ)AC180のスペック

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI
AC180詳細
販売価格未定(6月上旬発売予定)
バッテリー容量1,152Wh
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン電池
充放電サイクル数3,500回以上
本体重量約16kg
本体サイズ340mm × 247mm × 317mm
放電温度-20℃〜40℃(最大1500Wの場合30℃〜40℃)
保管温度-20℃〜40℃
保証期間5年保証
定格出力1,800W(瞬間最大2,700W)
アクセサリーAC 充電 ケーブル
カー充電 ケーブル
太陽光充電 ケーブル
2023年6月1日時点の情報

BLUETTI AC180の魅力はここ!

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

AC180の一番の魅力は1152Whの大容量と最大出力2700Wの電力リフトモード!
電気ケトル、ヘアドライヤー、電子レンジなどの電力消費の多い機器も無理なく稼働できるという家電キャンパーにはもってこいのポータブル電源です。

魅力を詳しく見ていこう!

【容量1152Wh最大出力2700Wでほぼ全ての家電に対応】

出典:BLUETTI

ブルーティのAC180は容量が1152Whあり、1800Wの連続AC給電が行えます。

注目すべきなのは「電力リフトモード」。

なんと最大出力2700WとAC出力を上げられるため、スマホ充電やパソコンの使用はもちろん、以下のような消費電力の大きい家電の使用が可能に!

家電必要W数(目安)
IH調理器(クッキングヒーター)1000W〜1400W
電子レンジ500W〜700W
ホットカーペット(2畳)500W〜600W
オーブントースター800W~1000W
ホットプレート1200W〜1400W
たこ焼き器700W〜1200W
電気ポット800W~1300W
ドライヤー600W~1200W
※必要W数の目安(家電のブランド、種類によっても変わってきます。)


ブルーティのAC180なら消費電力の大きい家電でも安心して利用できますよ。

【急速充電でいつでもどこでも充電可能!


Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

AC180は4種類の充電方式に対応。

「ACアダプター」、「シガ-ソケット」、「発電機」、「ソーラーパネル充電」の方法があり、どんな場所でも、ポータブル電源への充電ができるのは便利ですよね。

最大1440W入力のターボ充電で、 残量0%から80%までの充電時間はたった45分!
すぐに使える電力を充電できるので、キャンプ前日まで準電を忘れてても安心です。

約1.3〜1.8時間で完全に充電されるので、前日充電で十分間に合います。

出典:BLUETTI

ソーラーパネル充電の場合、BLUETTIのソーラーパネル(別売り)を使用して、快晴時には 2.8〜3.3時間でフル充電も可能です。

ソーラーパネルで充電できるのは電気代を気にすることもなく、電源サイトじゃなくても充電可能です。災害時にも活用でき、嬉しいポイントですね。

電気代、今高いよね!

【多様な出力ポートがあり便利】

出典:BLUTTI

AC60には、5種類の11の出力ポートが搭載されています。

タイプ:純正弦波/瞬間最大:2,700W個数
AC出力:100V/18A4口
USB-C:Max 100W1口
USB-A1:5VDC/3A 15W2口
USB-A2:5VDC/3A 15W2口
DC 出力:12V/10A1口
ワイヤレス充電:5W/7.5W/10W/15W最大1口

スマホやタブレットなどデバイスを同時に複数台充電したい時もストレスフリーに使えるのが嬉しいですね。

定格出力以内なら全12のポートから12台のデバイスへ同時に充電できますよ!


Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

置くだけでスマートフォン(iPhoneやアンドロイドなど)やワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなどの充電ができるワイヤレス充電もついています。

USBポートが埋まっている時にも困りません。

【スマートアプリで操作可能】

出典:BLUETTI

AC180は、BLUETTIのアプリに対応しています。

Bluetoothに接続すると、充電状況を一目で確認できます。もちろん、離れた場所からでも電源操作や充電モードの設定、エコモード(自動で電源がオフ)の設定も可能になるのは便利ですね。

【静音充電モード


Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

AC180は業界最先端のノイズリダクション技術を採用し「静かな充電」を実現しました!
充電中は45dBと静かに充電できるので、寝ている間の充電も気になりませんよ。

*静音充電はBLUETTI アプリで設定できます。

50デシベルを超えると騒音と感じる人が多いみたいだよ!

人気のEB70SからAC180で改良された点【比較レビュー】


Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

有野実苑スタッフからも好評だった「EB70S」ですが、今回の新商品「AC180」はさらに使いやすくなっていました。

EB70Sで使用して気になった点は以下の4点

  • 充電中のファンの音
  • 家電キャンプだと容量が物足りない
  • 充電残量がざっくりすぎる
  • カーチャージケーブルが短め

充電中のファンの音、家電キャンプだと容量が物足りないない点は改良されていてとても良かったです。

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

充電残量の目盛については、ざっくりした20%刻みから、1%刻みになっているのは嬉しい改良ポイントでした。

以前はまだ20%あると思っていたら突然電源がきれるなんてこともありましたが、AC180ではそれがありません。残量が正確にわかるようになったのはポイント高いです。

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

車から充電できる付属のカーチャージケーブルが物足りない長さのままです。車中泊メインで使う方は、延長ケーブルを別で用意した方が良さそうだと思いました。

重さはEB70Sが9.7kg、AC180は16kg&1152Whと大容量な分AC180の方が重たいです。

とはいえEB70Sも700Whとキャンプで使用するには使える容量です。十分使いやすいので、コンパクト重視で電源を使用したいキャンパーはEB70Sが断然おすすめです。700Whとキャンプで使用するには使える容量です。

【AC180を使ってみて良かった点】

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI
  • IH調理家電やケトルが使える
  • 取手が掴みやすく持ち運びしやすい
  • ミニテーブルとして使える
  • 充電中も使用中もファンが静か
  • 液晶メモリが1%刻みで見やすい

1152Whと大容量なので重量(16kg)はありますが、ケトルやホットプレートなどの消費電力が大きい調理家電が使えるのは魅力的でした。

大容量の割に340mm×247mm×317mmとコンパクトなので家電キャンパーにおすすめです。

出典:BLUETTI

持ち手が掴みやすく運びやすいのはもちろん、TOPはフラットになっているのでミニテーブルとしても活用できるメリットがありました。

静音充電モードがあるので充電中も使用中も、野外で使用するのにファンの音は気になりませんでした。

充電の残量が1%刻みなのも、充電目安がわかって良いです。

まとめ:BLUETTIのAC180を持って家電キャンプをしてみよう

出典:BLUETTI

ブルーティのポータブル電源は、高品質のリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載してあるので安全性が高いです。

さらにAC180なら3,500 回以上もの充放電サイクル回数、5年間の保証やアフターサービスもついているので安心ですね!

キャンプ中にできることが広がりますよ!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事