日曜日, 4月 14, 2024
ホームAD小型ポータブル電源BLUE...

小型ポータブル電源BLUETTI(ブルーティ) EB70Sをキャンプや車中泊のお供に!【AD】

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ポータブル電源の先駆者「BLUETTI(ブルーティ)」が、コンパクトでパワフルなEB70Sを発売!

今回は、2500回以上使える長寿命なEB70Sをキャンプ場スタッフが使用してみました。

コンパクトで持ち運びもしやすかったのでキャンプや車中泊に最適!特にソロキャンにおすすめでした。

早速キャンパーの皆さんにおすすめしたいと思います。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

車中泊やソロキャンプをするのでコンパクトなポータブル電源を探しているのですが、何かおすすめありませんか?

まかせて!特に車中泊やソロキャンプにはBLUETTI(ブルーティ)のコンパクトポータブル電源「EB70S」がおすすめ!有野実苑オートキャンプ場スタッフが実際に使ってみた使用感を紹介するね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

BLUETTI(ブルーティ)ってどんなブランド?

出典:BLUETTI

BLUETTI(ブルーティ)は、ポータブル電池・蓄電池技術のプロフェッショナルである「パワーオークグループ」が設立した、BLUETTI JAPAN株式会社のブランドです。

パワーオークグループの蓄電池技術は世界トップを誇り、発明特許、実用新案、ソフトウェア著作権等も多数保有。

その最先端技術を詰め込んだBLUETTIは、ポータブル電池にとても信頼の置けるブランドです。

BLUETTIでは、アウトドアから家庭用、災害時の予備電源まで、幅広い用途の蓄電池を開発・販売しています。

さらに世界最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「Indigogo」で17億円の支援学を達成するなど、世界的にも注目度の高いブランドなんです!

BLUETTIE(ブルーティ)B70Sのスペック

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI
販売価格79,800(税込)
バッテリー容量716Wh(218,000mAh)
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン電池
パススルー充電:対応
重量9.7kg
本体サイズ32.0×21.7×22.2cm
動作温度-20~40℃
保管温度0〜40°C
保証期間2年保証
定格出力800W(瞬間最大 1,400W)
2023年3月時点の情報

BLUETTI EB70Sの魅力はここ!

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

コンパクトなポータブル電源のEB70Sは車中泊やキャンプにもおまかせ!

容量は716Whとたっぷり!出力800Wだから、電子機器はもちろん、IH調理家電にも使用できますよ。

魅力を詳しく見ていこう!

持ち運びしやすくサイトや車内にもすっぽりと馴染むサイズ感

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI
【詳細】

本体サイズ:32.0×21.7×22.2cm

重量:9.7kg

容量:716Wh

大容量でありつつも、コンパクトなサイズ感はさすがBLUETTIのバッテリーだなといった感想です。

重量は約10kgありますが、持ち手もしっかりしているので持ち運びしやすいのがいいですね。

持ち手は収納できるのでテーブルとして使用できるところもGOOD!

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

本体サイズは32.0×21.7×22.2cm。車内やキャンプサイトでもすっぽりと馴染むサイズ感です。

容量が700Wh超えるとサイズも大きくなってくるのですが、EB70Sはコンパクトに抑えられた設計が嬉しいですね。

【多様な出力ポートがあり便利】

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

AC60には、7種類の12の出力ポートが搭載されています。

AC出力 100V/20A4口
DC出力 12V/10A2口
シガーソケット12V/10A2口
USB-A出力 5V/3A1口
USB-C PD3.0 Max 100W2口
ワイヤレス充電 Max 15W1口

スマホやタブレットなどデバイスを同時に複数台充電したい時もストレスフリーに使えるのが嬉しいですね。

定格出力以内なら全12のポートから12台のデバイスへ同時に充電できますよ!

カメラやバッテリーなど充電に時間がかかるものを充電するときも、他の出力ポートから家電を使えるので、わざわざ充電を止める手間が省けます。

各充電場所にカバーがついているのはアウトドアでは嬉しいポイントです。やはり汚れや水が入るのは気になりますよね。

■ワイヤレス充電が嬉しい!

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

BLUETTIのポータブルバッテリーで外せないのがワイヤレス充電!

スマートフォン(iPhoneやアンドロイドなど)やワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど、対応のデバイスを本体上に置いておくだけでOKです。

キャンプ場では、思い出に写真を撮ったり動画を撮ったりしているうちに充電がどんどん減っていきます。

USBポートが他のデバイスや家電で埋まっているときでも、ポンと乗せるだけで手軽に充電できますよ!

【コンパクトなのにパワフル】

出典:BLUETTI

コンパクトなのに容量は716Whと十分あり、で定格出力は800W(最大1400W)あるので、多様な電化製品の使用が可能です。

スマホだと約60回は充電できる計算。電気毛布(1枚)は8時間使えて、朝起きても半分は電池が残っていました!

LEDランタン、スマートフォンやラップトップはもちろん、スピーカー、 冷蔵庫、電気毛布も使用可能。

出力に関しては家電の裏にも書いてあるので使いたい家電をチェックしてみてくださいね!

これから暑くなる季節だと扇風機も回したいよね!定格出力内ならもちろん稼働可能♪

【安全性の高いリン酸鉄リチウム電池を採用

BLUETTIのポータブル電源のすべてにリン酸鉄リチウム電池が使われています。

一般的なポータブル電源で使用されている電池よりも安全度が高いのが特徴で、エネルギー密度が低く、耐熱性に優れているため、発熱や発火と言ったトラブルに繋がりにくいです。

また、リン酸鉄リチウム電池には安全性の他にも、バッテリー寿命が長い、放電中の電圧変化が少ないなど、環境保護の面でもメリットがたくさんあります!

【いつでもどこでも充電可能!】

出典:BLUETTI

EB70Sは4種類の充電方式に対応。

ACアダプター、シガ-ソケット、発電機、ソーラーパネル充電の方法があり、どんな場所でも、ポータブル電源への充電ができるのは便利ですよね。

付属のACアダプター(200W)で充電すると約4時間で完全に充電されるので、キャンプの前日に充電しても間に合いますよ!

ソーラーパネル充電の場合、BLUETTIのPV200ソーラーパネル(別売り)を使用して、快晴時には約5時間フル充電も可能。

付属のカーチャージケーブルを使えば車からも充電できるのも嬉しい!

【LEDライトがついている】

出典:BLUETTI

Lightボタンを押すとLEDライトが点灯します。

弱、強、SOSの3段階の明るさです。3回押すと点滅(SOS)するので災害時などにも役立ちそうですね!

強でも約161時間点灯するので、テント内をちょっと照らすのにもいいなと思いました。

【エコモード機能搭載】

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

エコモードに設定しておけば、AC出力をオフにできるので未使用時の無駄な電力を抑えることができます

ACとDCボタンを同時押しすればエコモードに!

使用して気になった点

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

実際に使用してみて残念だな、気になったなという点は4点です!

  • 充電中のファンの音
  • 家電キャンプだと容量が物足りない
  • 充電残量がざっくりすぎる
  • カーチャージケーブルが短め

ACアダプタで充電したところ思いのほかファンの音が気になりました。とはいえ使用中は静かなので、これは許容範囲かなと思います。

ソロで使用する分には問題ないとは思いましたが、使う家電によっては容量が物足りなかったです。電源サイトとポータブル電源を併用して、活用するのもおすすめです。

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

充電残量が20%刻みなのも残念でした!20%残っているのかと思っていると突然きれます。

欲を言えば5%刻みだと嬉しいなと思います。

車から充電できる付属のカーチャージケーブルが物足りない長さです。車中泊メインで使う方は、延長ケーブルを別で用意した方が良さそうだと思いました。

使用してみて良かった点

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • ミニテーブルとして使える
  • 使用中のファンは静か
  • IH調理家電が使える
  • 液晶が見やすい

コンパクトながら容量はあるので、車内泊でも活躍。10キロと軽くはありませんが、女性でも片手で持てる重量です。

ハンドルが折りたたみ式でしっかりしているので、上部をミニテーブルとしても使える点もGood!

何よりも、定格出力800Wなので700WのIHヒーターが使用可能なところも良いです。

充電中とは違い、使用中は、他のポータブル電池に比べてファンの音が比較的静かでキャンプ場スタッフたちの間でも高評価でした。50℃以上になる、電力の総負荷が30%を超えると自動でファンが回り出すそうですが、スマホ、PCやLEDランタンくらいじゃうるさくはなりません。

充電残量の刻みは残念ですが、液晶ディスプレイが大きくて見やすいので、出力・入力値やバッテリー残量をすぐ確認できるのもメリットです。

総合的に見て、買い!

まとめ:BLUETTIのEB70Sと一緒にキャンプや車中泊を快適に楽しもう

Photo by 有野実苑スタッフKATSUKI

充電回数は2500回以上、コンパクトでパワフルなポータブル電源をお探しの方は、ぜひBLUETTI(ブルーティ)のEB70Sがおすすめ!

キャンプや車中泊の幅が広がりますよ。

お得なセール時期に購入するのがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事