土曜日, 6月 15, 2024
ホームALLキャンプにおすすめの人気コ...

キャンプにおすすめの人気コーヒードリッパーはこれ!コンパクトでおしゃれなドリッパー9選

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプの楽しみの一つ、コーヒータイム!中でもお湯を注ぐだけで簡単に淹れられるドリップコーヒーは手軽で人気です。
今回は、そんなドリップコーヒーを楽しむための道具、「ドリッパー」にフォーカスしてキャンプに人気のドリッパーをバリスタキャンパーのえどまゆさんと一緒におすすめを紹介します!

いますぐおすすめのドリッパーを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

簡単手軽なドリップコーヒー派です!キャンプでコーヒーを飲むときに使うドリッパー、何かおすすめはありますか?コンパクトになるものもあるんですか?

まかせて!キャンプ用コーヒードリッパーだね。キャンプでは軽量コンパクトになるドリッパーがおすすめだよ!今回はバリスタキャンパーえどまゆさんと一緒におすすめを紹介するね!ぜひお気に入りのキャンプ用ドリッパーを見つけてキャンプでコーヒータイムを楽しんでね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

キャンプではお手軽なドリップコーヒーでリラックスタイム

アウトドアでお手軽に本格的なコーヒーを楽しむなら、ドリップコーヒーがおすすめ!
「キャンプで本格的なコーヒータイムを楽しみたい」と思い立ったものの、どんな器具を揃えれば良いのか悩んでしまったという方も多いのではないでしょうか。

ドリップコーヒーなら、必要な器具はドリッパーとフィルター、お湯を沸かすケトルだけ。

いつもの荷物に少しプラスするだけでOKです。更にこだわりたい方は、コンパクトなコーヒーミルを用意しましょう。挽き立ての豆でコーヒーを淹れると、より香り高い味わいが楽しめます。

あわせて読みたい記事:
アウトドアにおすすめ人気コーヒーミル10選!キャンプで挽きたてこだわりの1杯を楽しもう
キャンプでドリップコーヒーにこだわりたい!便利なアイテムとおすすめのドリップポット(ケトル)5選

キャンプ用ドリッパーは軽さとコンパクトさを重視しよう

出典:snow peak

キャンプやアウトドアで使用するコーヒードリッパーを選ぶときは、軽量さ・コンパクトさに注目してみましょう。

プレートのような感覚で持ち運べる木製タイプのドリッパーや、バネ式・組み立て式で薄く折りたたみできるドリッパーもあります。また、布製のネルドリッパーはそのまま煮沸できて衛生的!

キャンプ用はバッグのポケットや荷物の隙間にさっと収納できるアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、ドリッパーのサイズも重要なチェックポイント。
1度に1~2杯分しか淹れられない商品も多いので、複数人分のコーヒーをまとめてドリップしたい方は、大きめのサイズを選びましょう。

フィルターレスのドリッパーもありますが、ドリッパーに合わせてフィルターも忘れずに用意してくださいね。

有野実苑スタッフおすすめのキャンプ用ドリッパー9選

有野実苑キャンパー @yamasso さんの素敵な投稿より

有野実苑スタッフがおすすめする、アウトドアのコーヒータイムにぴったりなコーヒードリッパーをご紹介します。
自宅でコーヒーを作るときにも、もちろん兼用OKです。お気に入りが見つかりますように!

【スノーピーク(snow peak) フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」 CS-113】

出典:Amazon

スノーピークの焚き火台を模したデザインが遊び心溢れる、ステンレス製のドリッパー。
薄く折りたたんで収納できます。

出典:Amazon

焚き火を囲んだコーヒータイムや、お家でアウトドア気分を味わいたい時にうってつけのアイテムです。底の穴が大きめなので、普段より細めに挽いたコーヒー豆を使うとしっかりとした味わいに仕上がります。

フィルターは市販のペーパーフィルターでOKです!

【詳細】

材質:ステンレス

サイズ:104×104×96(h)mm

収納サイズ:170×140×14(h)mm

重量:140g

ペーパーフィルター必要

【コールマン パルテノンコーヒードリッパー 170-9370 】

出典:Amazon

本体とメッシュのフィルターが一体となり、紙フィルターを使わずにコーヒーが作れるエコなドリッパー。
紙に油分が吸われないので、しっかりとコクのあるコーヒーを楽しめます。
ただし直径が9cm以上のカップや、取っ手の高さがカップの縁と同じカップにはうまくセットできない場合もあるので、ご注意ください。

【詳細】

材質:ステンレス

サイズ:約φ9.5×7(h)cm

重量:150g

ペーパーフィルター不要

【ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット cute(キュート) 】

出典:Amazon

約46gという軽量さと、折りたたみできるコンパクトさがアウトドアにぴったりなバネ式ドリッパー。
側面が空気に触れるため、コーヒーのガスを逃しながら雑味のない味わいに仕上がります。
cute(キュート)」は1度に2人分のコーヒーを作ることができ、4人分のコーヒーが作れる「grande(グランデ)」もあります。

バネット専用のミニフィルターもあるけど、市販のものでも問題なく使えるよ!

【詳細】

材質:ステンレス

サイズ:135×120mm

重量:65g

ペーパーフィルター必要

【モンベル(mont‐bell) O.D.コンパクトドリッパー2 1124510】

イメージ画像
出典:mont-bell

マイクロ・メッシュの布フィルターとワイヤーフレームが一体化した、超コンパクトな軽量ドリッパー。重さはたったの4gです!
洗って繰り返し使えるので環境にも優しいアイテム。煮沸消毒が可能なのは衛生的で嬉しいポイントです。
もしコーヒーの雑味が気になる方は、紙フィルターを重ねて使用することでスッキリとした味に仕上がります。

細かい粉が気になる人は豆は荒めにひくのがおすすめ!紅茶や緑茶などのティータイムにも使えるよ!

【詳細】

材質:フィルター:ポリエステル・マイクロ・メッシュ/ワイヤー:超弾性合金

サイズ:約11cm×8cm

重量:4g

ペーパーフィルター不要

【MT.FUJI DRIPPER/富士山ドリッパー ILB-001】

出典:Amazon

職人による手作業で丁寧に仕上げられた、こだわりのドリッパーはデザイン性も高く、贈り物にもぴったりなアイテムです。
しっかりと時間を掛けて抽出されるので、深みのあるコーヒーが好きな方におすすめ。
姉妹品のリネン製フィルターと組み合わせると、コクのあるネルドリップのような味わいも楽しめます

富士山デザインがおしゃれで可愛いね!折り畳めないのが少し残念!

【詳細】

材質:ステンレス

サイズ::φ114×H76.3mm

重量:60g

ペーパーフィルター必要

【KIKKERLAND ブラスコラプシブルコーヒードリッパー】

出典:Amazon

おしゃれな生活雑貨やキッチン用品で人気のブランド、キッカーランドのバネ式コーヒードリッパー。
薄く折りたたんで収納できます。真鍮製で、高級感のあるデザインが人気のアイテムです。

円錐型の紙フィルターではなく、ウェーブ型の紙フィルターの使用が推奨されています。

出典:KIKKERLAND

折り畳んだ形状もおしゃれで可愛い!

【詳細】

材質:ステンレス

サイズ:ø10×H8.3cm

収納サイズ:ø14.6×H2.5cm

重量:60g

ペーパーフィルター必要

【196 ひのきのキャンプ用品 木製コーヒードリッパー】

典:Amazon

木の暖かさが魅力的な、木製コーヒードリッパー。無垢塗装のクルミの木から作られた、使うほどに味の出るアイテムです。
本体の幅が広いので、シェラカップなど直径が大きいカップにも使用できます。お湯を入れすぎるとフィルターが倒れてしまうため、1度に作れるコーヒーは1杯分。
ソロキャンパーさんにおすすめのドリッパーです。

【詳細】

材質:ウォールナット(くるみ)

サイズ:縦16cmx横11.5cm(中心の直径4.8cm)x厚さ1cm

重量:85g

ペーパーフィルター必要

【MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 】

出典:Amazon

超軽量・コンパクトながら、しっかりと安定感のあるドリッパーです。
ステンレス製なので、耐久性も抜群。知恵の輪のような構造なので、慣れるまで組み立てに少しコツが必要です。
S01サイズでも2杯までのコーヒーがドリップできますが、2〜4人分のコーヒーを淹れる場合はS02サイズがおすすめ。

出典:Amazon

あまりにも薄くなるから強度が心配になったけど、適度な重量で風にも飛ばされることも少なくて良い!レザーの専用ケースもかっこいいよ!

【詳細】

材質:ステンレススチール

サイズ:103mm×69mm×0.9mm

重量:25g

ペーパーフィルター必要

【RIVERS(リバース) コーヒードリッパー ケイブ リバーシブル 】

出典:Amazon

カップやタンブラーの中にもフレキシブルに収納できる、シリコン製のコーヒードリッパー。
表と裏に2種類のリブが付いた、リバーシブル仕様です。縦に細長いデザインなので、じっくりとコーヒーが抽出されます。

シリコンなので柔らかく、裏までしっかり洗えるのと折り畳めて収納できるのも嬉しいポイント!


さらに安定した使用感を求める方は、木製スタンドとの併用がおすすめです。

【詳細】

材質:シリコーン

サイズ:幅102mm×高さ85mm

重量:74g

ペーパーフィルター必要

まとめ:お気に入りのドリッパーを使って最高のキャンプコーヒータイムを!

Arizineライター撮影 by mayu edo

アウトドアでも本格的なコーヒーを楽しみたい方の必需品、コーヒードリッパーの種類や選び方、おすすめのアイテムをご紹介しました。自然の中で、丁寧に淹れたドリップコーヒーを楽しむコーヒータイムは格別です。

手軽に持ち運べるコンパクト性、コーヒーの味わい、おしゃれなデザイン性など、ご自身が優先したいポイントに合わせたドリッパーを選んでみてくださいね。

アウトドアでも美味しく作れるコーヒーの種類やギアについてもっと深く知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。

あわせて読みたい記事:「キャンプ・アウトドアでコーヒーを楽しむ方法と淹れ方のコツ&おすすめの道具を紹介

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事