日曜日, 4月 14, 2024
ホームALLキャンプで使うならエコな洗...

キャンプで使うならエコな洗剤がおすすめ!キャンプ場スタッフ厳選7選のエコ洗剤を紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプやアウトドアで食器類を洗うときに水洗いだけだと汚れが落ちづらく、洗剤を使いたいという人におすすめしたいのがエコを意識した環境にも優しい洗剤!

強力な洗剤だと落ちはいいけど自然環境にもよくない成分も多いもの。自然を楽しみにきているなら人にも環境にも優しい洗剤を選んでみませんか♪

今回はキャンプにおすすめなエコな洗剤を紹介していきます!

いますぐおすすめのエコ洗剤を知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

最近エコを意識しているんですが、キャンプでも使える環境に優しい洗剤でおすすめのものはありますか?

まかせて!最近はSDGsなどがよく取り上げられ、その中のひとつでもある環境問題は、ひとりひとりの意識で変えることができる項目の1つ。キャンプの自然を心から楽しむためにも、環境に優しいエコな洗剤を多くの人に知ってもらえるように、今回はおすすめのエコな洗剤を有野実苑スタッフが厳選!それらをベテランキャンパーマミさんに紹介してもらうね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

エコ洗剤ってなに?自然に優しい理由

「エコ洗剤」とは、名前そのまま「エコロジー」な食器洗剤のこと。

エコ洗剤というのは、石油を原料とする合成界面活性剤が入っていません。
その代わり植物を原料とする油を使っています。汚れを落とすためにはどうしても油分を使わなければ難しいのです。

洗浄力は合成洗剤に比べ落ちてしまいますが、それでも食品にもなる油分を洗剤成分に使うことで、環境に対してかなり優しくなるのです。

【界面活性剤とは】

通常わたし達が家庭で使っている主な食器洗剤には「界面活性剤」という物質が多く含まれています。

界面活性剤とは本来なら混ざることのない水と油を混ぜ合わせ、分離させないための繋ぎのようなもの。
界面活性剤自体が悪いものと捉えられがちですが、例えば牛乳の乳脂肪分と水分を混ぜるための「ガゼイン」と呼ばれる界面活性剤や、マヨネーズは油やお酢をまとめる黄卵に含まれる「レシチン」と呼ばれる界面活性剤(乳化剤)など、自然由来の天然の界面活性剤もあるんです。

じゃあ何が環境にとって問題なのでしょうか。
それは合成洗剤に使用される「合成界面活性剤」なんです。その原料は「石油」が主だということはご存じでしょうか。

この合成界面活性剤がなぜ環境に悪いと言われているのか、それは合成界面活性剤は人工的に作られたものが多く、その種類も数千種もあると言われています。
確かに洗浄力は高いのですが水に流れても分解されにくい特徴があります。そのため、海や川に流れると水質だけでなく、魚をはじめとした生物や環境にも悪影響があると調査されています。

一概に合成界面活性剤が悪とは言えませんが、泡立ちの良すぎる洗剤が人体の肌に影響があったり、成分が分解できないため海や川など生物や自然への悪影響が問題視されているのは事実です。
キャンプの時だけでも普段使っている洗剤をちょっと見直すことで、エコなキャンプに繋がり、それは未来の環境改善へと繋がりますよ。

家庭用洗剤をキャンプ場で使うと懸念される悪影響

食器洗剤に使われている界面活性剤は、非常に汚れ落ちが良く、キュキュっと音がするほどの洗い上がりに爽快感があるのかもしれません。また、簡単に汚れが落ち、食器自体の乾燥も早くなりますね。

メリットが大きいのでついつい使用してしまいがち。
でも石油は水や微生物によって分解されないため、使用することで石油成分を排水し続けていることになってしまうのです。

昔は排水がそのまま川や海に流れていて、大変な環境汚染となりました。
今は少しずつ浄水場の機能が良くなり、合成界面活性剤のような石油成分もきれいにできるように技術の進歩はあるようです。また研究が重ねられ、悪影響の少ない合成洗剤も開発されています。

しかし環境に悪いと分かりつつも、外食産業や工場、大きな企業では合成界面活性剤の入った安価な石油製品の洗剤を使わなければ、経費も時間もかかりすぎてしまいます。
そのため多くの合成界面活性剤=石油が川や海へと排水されているのが現状です。

地球を守るためにも、家庭やキャンプなどで食器を洗うときに、小さな「エコ」かもしれませんがエコ洗剤を使うことで環境に優しく、きれいな地球の水を維持することへつながるのではないでしょうか。

また、食器は口に触れたり入れたりすることを考えると「生分解性」の高い洗剤を選んだ方が断然安全ですね。

生分解性とは、有機化合物が土壌や川や海など水中の微生物により分解され最後は二酸化炭素と水となって自然へ還っていく性質のことをいうよ!

エコ洗剤だと泡立ちが悪く食器の汚れは落ちにくい?

自然に良いものだとはいっても「エコ洗剤」の中には、いくら洗剤をそのままつけても油分が落ちにくい洗剤もあります。特にお弁当箱やプラスチック製品などの食器は、いつまでも油分が残り、ヌルヌル感が不快です。

汚れ落ちが良くなく価格も高めだと、いくら環境に良いとはいえ買う気持ちになれないのでは?

しかし最近はエコ洗剤であっても洗浄力の高い商品も増えてきました。

食器の汚れ落ち、手肌への優しさや環境問題への解決など、様々なメリットがあるのではないでしょうか。

スーパーの食器洗いコーナーには、まだまだエコ洗剤は少ないのですが、見かける機会があったらぜひ手に取り成分表をのぞいてみてくださいね!

洗剤の効力をあげるための3つのひと手間

エコ洗剤の洗浄力を上げて快適に使えるような方法はないのでしょうか。

エコ洗剤の中にも洗浄力の強弱があるので、油汚れとそうではない軽い汚れと洗剤を使い分けるという方法もありますね。

そのほかに、このような方法はいかがでしょうか。

①油汚れなど落ちにくいものは布巾や紙でふき取る

BBQで使ったお皿やカトラリー、スキレットなど油汚れがついて落ちにくいものは、あらかじめキッチンペーパーや布巾で拭き取り、それからエコ洗剤を使って洗うと落ちやすくなります。

油汚れがついたままエコ洗剤を使っても落ちにくく、筆者も洗剤を1本使い切ってしまった失敗談もあります。

拭き取るためのペーパーや布巾を用意しておきましょう。

②使ったらすぐに水につけておく

汚れは水やお湯に付け置くことで、汚れが浮かび上がり落ちやすくなります。

水やお湯に付けるときに、洗剤も少し入れておくと更に汚れ落ちが良くなりますよ。

秋や冬のキャンプの場合は、すこし沸かしたお湯も入れておくと汚れ落ちが良くなるでしょう。

③お湯で軽くすすぐ

使った食器類をお湯であらかじめ軽くすすいでから洗うのも、汚れを落ちやすくします。
キャンプ場の炊事場でお湯が出ない場合は、沸かしたお湯を水で調節しすすぐのも良いですね。

筆者は寒い時期のキャンプでは湯たんぽを使用しているので、朝方もまだお湯が暖かければ、そのお湯を使ってすすいでから洗うようにしています。

お湯の再利用もエコにつながりますね!

有野実苑スタッフおすすめ洗剤7選

【フロッシュ 食器用洗剤】

出典:Amazon
  • ヤシ油などからつくられる植物由来の洗浄成分を使用
  • ノンアルコール処方
  • 自然界に存在する微生物によって水と二酸化炭素に速やかに分解
  • 約4週間後には90%が自然に還る
  • アロエヴェラのほか、4種類の香りと無香料タイプがある。
  • 洗浄力の強いタイプも有り

環境先進国ドイツ生まれのフロッシュは、全タイプがノンアルコール処方になりお肌にも優しく、かわいらしいカエルのパッケージは家庭用としても人気ですね。

パッケージも100%再生プラスチック。
100%植物由来の界面活性剤を使用しています。

【グリーンモーション 日本製 エコキッチン 洗剤 クリーナー スプレー 200ml】

出典:Amazon
  • 界面活性剤は成分のうちたった1%(残りは水分と香料)
  • 洗い流さないタイプの洗剤で、吹きかけて拭き取ることで汚れが落ちる
  • 洗剤成分がほとんど入っていないため2度拭き不要

水場のないような野営に近いキャンプや、寒い季節のキャンプで凍結防止のため水が止められていたり、お湯のない炊事場などでも大活躍。

水がなくても吹きかけて拭き取るのみで、油汚れもきれいになる魔法のような洗剤。
キャンパーにぴったりですね。

ヒノキの精油成分が入っているので、自然な香りも魅力です。

【モンベル(mont-bell) エコソープ50ml 1124323】

出典:Amazon
  • 合成界面活性剤無添加の液体石けん
  • 原料は天然植物油
  • 窯焚き製法で100時間かけて焚きあげて製造
  • 手肌にやさしいユキノシタエキスを配合
  • 洗い流した石けんは微生物によって生分解され生態循環系の一部になる

食器はもちろん、衣類、髪や体を洗うことも可能なソープ。
サイズは200mlと持ち運びに便利な50mlがあります。

【食器用洗剤 エコベール ゼロ 950ml 詰め替え(無香料・無着色)大容量】

出典:Amazon
  • 植物由来&弱酸性の洗剤
  • 植物由来の界面活性剤をしようしているから自然に優しい
  • アレルギーの方、赤ちゃんのいる方も使える無着色・無香料
  • 再生プラスチック100%のパッケージ使用

英国アレルギー協会認定で、敏感肌の方にも使用可能な優しい洗剤です。

低温で白濁することがありますが品質には問題なしです。

食器にも衣類にも使用できます。
レモンやカモミールの香り付きのタイプもあり。

【サラヤ ヤシノミ洗剤 野菜・食器用 500ml】

出典:Amazon
  • 界面活性剤は16%と少なめの使用
  • 手肌にも優しく、洗浄力は強い、両方を叶える洗剤
  • 合成香料、保存料、着色料、無添加

油汚れが多くなりがちなキャンプには快適な洗い心地です。野菜や果物も洗うことができるくらい肌にも優しいのが嬉しい。

すすぎの際は洗剤のぬめりが取れにくく泡立ちはあまりしませんので、物足りなさを感じるかもしれませんが、通常の洗剤に近い洗い上がりを感じられる洗剤です。

有野実苑オートキャンプ場の売店でも販売しているよ!

【MIYOSHI 無添加食器洗いせっけんスプレー 350ml】

出典:Amazon
  • スプレータイプの洗剤なので、洗いにくい箇所にも届きやすい。
  • 主原料はパーム核油。アブラヤシの”種”を絞って取った植物油。
  • 香料、着色料、保存料無添加
  • 1本で約500回のスプレーが可能

洗剤は泡で出てくるので食器や鍋などに使用しやすく、細かい箇所や手の届かない箇所に洗剤を拭きつけ、付け置くこともできます。

また、引っ掛けておくことができるので使いたいときにサッと使えるのもメリットでしょう。

【シャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ 300ml】

出典:Amazon
  • 合成界面活性剤や香料、着色料、酸化防止剤は不使用
  • 食器だけではなく、まな板やスポンジ、ふきん洗いにも使用可能

手荒れや乾燥、肌環境について気になる方におすすめの台所用せっけん。

泡タイプのため、じわりと油汚れを浮かせて落としてくれます。

せっけん成分なので、多少ヌル付きがあり食器などが滑りやすいので注意。

まとめ:自然を楽しむアクティビティだからこそ環境に優しいものを使おう

洗浄力が強い洗剤は、「石油」で作られた界面活性剤が多く含まれていることがほとんどです。
石油は水で分解することができない物質のため、石油成分が残ったまま川や海へ流れて行ってしまい分解されることなく漂います。
地球環境を守るために、一人ひとりの意識を変えていくことから始めてみませんか。

自然を愛するキャンパーだからこそ、エコな洗剤を選んでみてはいかがでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事