日曜日, 1月 23, 2022
ホームALLアウトドアにおすすめ人気コ...

目次

アウトドアにおすすめ人気コーヒーミル10選!キャンプで挽きたてこだわりの1杯を楽しもう

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプの朝に飲む目覚めのコーヒー、夜に焚き火を眺めながらコーヒーを飲む極上のリラックスタイム!
そんなアウトドアシーンのコーヒータイムをより一層こだわりたい人におすすめなのが、豆から挽くための道具「コーヒーミル」。

今回はArizineライターで、本業がバリスタのキャンパーえどまゆさんにキャンプ用コーヒーミルの選び方や人気でおすすめなコーヒーミルを紹介してもらいます!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプで挽きたての豆で香りも合わせてコーヒータイムを楽しみたいのですが、おすすめのコーヒーミルはありますか?

まかせて!キャンプでつかうおすすめのコーヒーミルだね!キャンプ用といえばやっぱり機能性もあって軽量コンパクトなものにこだわりたいよね〜。今回はバリスタキャンパーえどまゆさんにコーヒーミルの魅力からおすすめなコーヒーミルも紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

コーヒーミル(グラインダー)とは?

コーヒーミルとは、焙煎されたコーヒー豆を挽いて粉状にするための粉砕機で、別名グラインダーとも呼ばれます。

コーヒー豆は粉の状態だと酸化が早く進んでしまうため、美味しく飲むためには豆の状態で保存するのがベスト。
キャンプやアウトドアシーンでもコーヒーミルがあれば、いつでもすぐに挽きたての豆で香り豊かなコーヒーを楽しむことができます。

アウトドア用コーヒーミルの選び方

アウトドアシーンで使うコーヒーミルを選ぶ際に最も注目したいポイントは、まずサイズ感。
コンパクトに収納できて、軽量な物を選ぶのがおすすめです。

また、コーヒーの味にこだわりたい方は、刃の素材やクオリティにも注目してみてください。
コーヒー豆を均一な粒感で粉砕できる刃を選ぶと、より整った味わいのコーヒーに仕上げることができます。

【手動式or電動式

コーヒーミルにはハンドルを手で回す「手動式」と、電気でモーターを回す「電動式」があります。時短で簡単、大人数のコーヒーを作るときにも便利なのは電動式コーヒーミルですが、コンパクトさやモーター音を気にせず使える手軽さを重視するのであれば、手動式コーヒーミルがおすすめ。

また、「自然の中でコーヒー豆をガリガリと挽いている時間が好き。」という方も多く、キャンプやアウトドアシーンでは特に手動式コーヒーミルの人気が高いようです。

自然の中でガリガリと豆を挽く……めっちゃいいんだよね〜!分かる!

豆の挽き具合が調整できるか

コーヒーミルは内蔵されているダイヤルを回して豆の挽き具合を調整できるものがほとんどです。
ドリップコーヒーやエスプレッソなど様々なタイプのコーヒーを作りたい方は、極細挽き(エスプレッソ向き)から粗挽き(パーコレーター向き)まで、調整できる幅が広いコーヒーミルを選ぶと良いでしょう。

また、分解や調整の方法が簡単なアイテムを選んだほうがアウトドアシーンでもストレスなく使えます。

重さとサイズ

一般的に、電動コーヒーミルは重量感のあるものが多く、手動のコーヒーミルは軽量です。
シンプルなデザインのものはその分サイズも小さく、インテリアとして飾りたくなるような凝ったデザインのコーヒーミルは、かさばるものも多いです。
ご自身のキャンプスタイルや荷物の量に合わせて、無理なく持ち運べるコーヒーミルを選ぶようにしましょう。

【刃はステンレス製がおすすめ

直接コーヒー豆に触れる刃の部分は、コーヒーの香りや味を左右する重要なパーツです。
特に手動タイプのものは長時間の摩擦によりコーヒー豆に熱が加わりやすいので、熱伝導がよく匂いが移りやすい金属製の刃は避けるとベター。
耐久性がありながら錆びにくく、水洗いもできるためお手入れもしやすいステンレス製の刃がおすすめです。

コーヒーミルで挽く豆ってどんなもの??

キャンプやアウトドアに持っていくコーヒー豆を選ぶときは(ご自身で焙煎をされる場合を除き)必ず焙煎された豆を選びましょう。
また、200g入程度の小さめのパッケージを選ぶと、酸化が進んで風味が落ちてしまう前に美味しく飲みきれるのでおすすめです。

【バリスタキャンパーおすすめの豆はこれ!】

えどまゆさんにアウトドア用コーヒーミルに使うおすすめの豆を選んでいただきました!

■TOKYO COFFEE 東京コーヒー オーガニック ブレンド 自家焙煎コーヒー豆 200g

出典:Amazon

アマゾンでも高レビューを集めている東京コーヒーのオーガニックブレンド。
しっかりと深みのある味わいが特徴です。
フルシティロースト(酸味をほとんど残さない深煎り)なので、アイスコーヒーとしてスッキリ飲みたい時や、ミルクをたっぷり合わせて飲みたい時、甘いお菓子のお供としてコーヒーを飲むときにもおすすめです。

■AGF 煎 レギュラー・コーヒー 豆 香醇 澄んだコク200g

出典:Amazon

日本の味覚にあうコーヒーを追求した、AGFのプレミアムグレードコーヒー。
雑味を抑えた上品な味わいが、非日常を感じられるコーヒーとして人気を集めています。ハンドドリップでコーヒー本来の風味を楽しむ飲み方がおすすめです。

■ウィンドファーム有機栽培カフェインレスコーヒー豆 200g

出典:Amazon

妊娠中や授乳中の方でも安心して楽しめる、カフェインレス(デカフェ)のコーヒーです。
一般的にカフェインレスのコーヒーは風味が落ちると言われがちですが、こちらのコーヒー豆はしっかりとコーヒーの風味や苦味が感じられると人気。
夜にコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

created by Rinker
琉球フロント
¥1,234 (2022/01/23 13:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

手動式おすすめのコーヒーミル

有野実苑オートキャンプ場がおすすめする、手動のコーヒーミルをご紹介します。

手動のコーヒーミルは小型・軽量のものが多いので、コスパや刃の性能、デザインなど、よりこだわりたいポイントに注目しながら選んでみてくださいね。

キャンプと言ったらやっぱり手動式がおすすめ!

HARIO(ハリオ) コーヒーミル セラミック スリム MSS-1TB

出典:Amazon

セラミック製の臼を使用した、ハリオの手動式コーヒーミル。
リーズナブルながらも安定したクオリティでコーヒー豆が挽けると人気の商品です。本体下部のコーヒー受けには1カップ用・2カップ用のメモリが付いているため、計量も簡単。
まずは入門機として、信頼できるアイテムをお探しの方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ミル CS-116

出典:Amazon

約225gという軽量さが魅力的なスノーピークの手動式コーヒーミル。
ステンレスの本体に木製のハンドルが付いたデザインは、ナチュラルな高級感が漂います。
ハンドルを取り外して収納するタイプの手動ミルが多い中、こちらのミルはハンドルを折りたたむだけで手軽に収納できるところも嬉しいポイントです。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥8,200 (2022/01/23 15:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

ポーレックス コーヒーミル2 ミニ】

出典:Amazon

アウトドア用だけでなく、自宅でのコーヒータイム用としても愛用されている方が多いポーレックスのコーヒーミル2ミニ。
前回のモデルよりも刃の粗刃数が増えたこと・調整用のメモリが増えたことにより、中細挽き、中粗挽きなど、より微細な挽き方調整に対応できるようになりました。
ハンドルが大きいので、ぐるぐると回しやすいところも人気。

出典:楽天

別売りのハンドホルダーでカスタマイズも可能です。

created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥6,930 (2022/01/23 13:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)18-8 ステンレスコーヒーミル S UW-3501】

出典:Amazon

コスパ最強の手動式コーヒーミルとして人気を集めている、キャプテンスタッグのハンディーコーヒーミルS。
ステンレスの刃は強度が高く、水にも強いのでお手入れが簡単。
本体の重量も219gと超軽量なので、まさにアウトドアでのコーヒータイムにうってつけのコーヒーミルと言えるでしょう。

リバーズ(RIVERS)コーヒーグラインダーグリット

出典:Amazon

自分用はもちろん、ギフト用のコーヒーミルをお探しの方にもおすすめしたいのが、リバースのコーヒーグラインダー。
黒ボディに白いロゴの入ったバイカラーのデザインが目を惹きます。
デザイン性だけでなく、もちろん機能性にもこだわった逸品。
パッケージのデザインもお洒落なので、そのまま贈り物にも最適です。

created by Rinker
RIVERS(リバーズ)
¥8,800 (2022/01/23 13:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

カリタ(Kalita)コーヒーミル 手挽き KH-3 #42077

出典:Amazon

アンティーク感のある木製のボディがお洒落な、カリタのコーヒーミル。
サイズ感や重量感はステンレス製のものと比べると少しかさばりますが、デザイン性を重視しつつもキャンプ用・自宅用として併用されたい方におすすめのアイテムです。
1度に約3人分のコーヒー豆を挽くことができます。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥5,880 (2022/01/23 13:36:14時点 Amazon調べ-詳細)

コマンダンテ(Comandante)C40 MK3 ニトロブレード American Cherry

至高のコーヒーミルを求めるなら、これ以外に選択肢はない!ともいわれているコマンダンテのコーヒーグラインダー。
天然木のボディに、特許取得済みのニトロブレードを使用した、またに匠の逸品。
その価格に驚く方も多いですが、このコーヒーミルで挽かれた豆の均一な粒感は、業務用の電動グラインダーと比べても引けを取らないと言われています。

ゴリゴリとした豆を挽く手応え、ノーマルな豆も特別なものに変わる気がする!

電動式おすすめのコーヒーミル

有野実苑オートキャンプ場がおすすめする、電動のコーヒーミルをご紹介します。
キャンプに持っていく電動ミルを選ぶなら、コードレス・充電式のもの一択です。機能性は商品によって様々なので、ご自身の使用目的にぴったりなものを選んでみてくださいね。

オーシャンリッチoceanrich 自動コーヒーミル G1 UQ-ORG1BL

出典:Amazon

オーシャンリッチの電動コーヒーミルG1は、485gという軽量さが魅力的な電動ミル。
豆の粗さは極細挽き~粗挽きまで5段階から選べるため、幅広いコーヒーに対応可能。ダイヤルを回すだけで感覚的に挽き方を調整できます。
シンプルな操作でストレスなく使える電動コーヒーミルをお探しの方におすすめです。

microUSB端子のケーブルでモバイルバッテリー、パソコンやACアダプターから充電可能!

created by Rinker
オーシャンリッチ(Oceanrich)
¥8,000 (2022/01/23 13:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

Egoelife電動コーヒーミル

出典:Amazon

スタイリッシュなデザインとコスパの高さが人気を集める、Egoelifeの電動ミル。
プロペラ式の刃を使っているため、粉砕する秒数を変えることによりコーヒー豆の挽き具合を調整します。
コーヒー以外にもスパイスやハーブを粉砕したりと、フードプロセッサーとしても幅広く使えるアイテムです。

BRUNO 電動ミルコーヒーメーカー BOE080

出典:Amazon

コーヒーミルとドリッパーが一体になった、BRUNOの電動ミルコーヒーメーカー。
コーヒー豆をセットしてスイッチを押すと、底がメッシュになったドリッパーに挽かれた豆が貯まるので、あとは上からお湯を注ぐだけでドリップコーヒーが楽しめます。
アウトドアでのコーヒータイムをより効率的に楽しみたい方におすすめのアイテムです。

created by Rinker
(ブルーノ)BRUNO
¥5,400 (2022/01/23 13:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:アウトドアはコーヒーミルを使ってこだわりのコーヒータイムを!

キャンプやアウトドアでも本格的なコーヒーを楽しみたい方の必須アイテム「コーヒーミル」について、おすすめの商品や選び方のポイントをご紹介しました。
普段と全く同じ作り方をしたコーヒーでも、挽き立ての豆を使うだけでこんなに風味が変わるなんて!と驚かれる方も多いくらい、豆の鮮度はコーヒーの味わいを左右します。

お気に入りのコーヒー豆とコーヒーミルをお供に、至高のコーヒータイムを楽しんでみてくださいね。

あわせて読みたい記事:「キャンプ・アウトドアでコーヒーを楽しむ方法と淹れ方のコツ&おすすめの道具を紹介

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
RELATED ARTICLES
- Advertisment -
Google search engine

最新の記事