火曜日, 7月 23, 2024
ホームADオーストラリアの「スティッ...

オーストラリアの「スティッチコーヒー」ならキャンプで手軽においしく楽しめる【AD】

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプで簡単おいしい本格コーヒーを飲みたい方必見!手軽に淹れられる美味しいコーヒーをお探しではないですか?

今回は、オーストラリア・シドニー発のスペシャルティコーヒーブランド「スティッチコーヒー」をご紹介。

オーストラリアのコーヒー文化に触れつつ、キャンプでも自宅でも、スペシャルなコーヒーを楽しんでみませんか?

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプで美味しいコーヒーを飲みたいです!あまりギアを持っていきたくないので、手軽に淹れられるおすすめはありませんか?

まかせて!今回は、オーストラリア・シドニー発ブランドのおすすめのコーヒー「スティッチコーヒー」について紹介するね!オーストラリア在住のバリスタキャンパーえどまゆさんにオーストラリアのコーヒー文化を、年間40泊以上のガチキャンパー沖野隆さんにスティッチコーヒーのレビューしてもらったよ!

キャンプの朝って意外と忙しいですよね。そんなときでも、スティッチコーヒーならサクッとコーヒーを楽しめます

スティッチコーヒーはシドニーっ子たちに愛されている人気カフェ!環境と品質にこだわったオーナーの作るドリップコーヒーをぜひキャンプでも味わってみてくださいね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

有野実苑ロゴ

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

オーストラリア独自のコーヒー文化について

スティッチコーヒー
Photo by えどまゆ(Arizineライター)

まずは私の住むオーストラリアのコーヒー文化を現地からお伝えします!

オーストラリアのコーヒー文化は元々、イタリアの移民から伝えられたと言われています。

そのため、カフェで販売しているコーヒーはイタリアと同じく、コーヒー豆を高圧で抽出する「エスプレッソ」をベースにしたメニューが定番です。

オーストラリアのカフェはコーヒーの種類が多いことも特徴で、「フラットホワイト」や「ロングブラック」、「ロングマキアート」など、日本ではあまり馴染みのないメニューも多数。

日本では定番のドリップコーヒーを扱っているお店は、オーストラリアではあまり見かけません。

スティッチコーヒー
Photo by えどまゆ(Arizineライター)

最近のトレンドとしては、ソイミルクやアーモンドミルク、オーツミルクなど牛乳以外のミルクを多く取り入れているカフェや、抹茶ラテやターメリックラテ、ビーツラテなどコーヒー以外のドリンクメニューを広く展開するカフェも増えてきています。

オーストラリアではカフェが人々の生活に深く根付いていて、街なかでは日本でいうコンビニのようにたくさんのカフェを見かけます。

スタバのようなチェーン店が少なく、個人経営のカフェが多いのも特徴です。

朝の出勤前にカフェに立ち寄る人も多いので、朝は5~7時から営業しているカフェがほとんど!反対に午後は早めに閉店してしまうお店が多く、日本のような夜カフェの文化はあまり多くありません。

朝にカフェで過ごすオーストラリア人のように、あなたもスティッチコーヒーで朝からオーストラリアにいるような気持ちで楽しんでみませんか?

スティッチコーヒーとは?

スティッチコーヒー
出典:STITCH COFFEE

スティッチコーヒーは、コーヒー文化が根付いたオーストラリア・シドニー発のスペシャルティコーヒーブランドです。さまざまな産地と風味を織り交ぜる独自のブレンド技術を誇ります。

オーナーのナワール・アドラは、ウェスタンサバーブスのカフェ「サーカ・エスプレッソ」でバリスタとしてのキャリアをスタートさせ、その後焙煎に挑戦。2015年にスティッチコーヒーを設立しました。

高品質なシングルオリジン豆、鮮やかなパッケージデザイン、そしてサステナブルな経営方針が特徴です。

エシカルなコーヒー調達とコミュニティとのつながりを大切にし、シドニー本店ではバリスタのスキルアップを支援しています。

コーヒーを通じて人と場所をつなげることを目指す、信頼と共感に基づいたブランドです。

【スティッチコーヒーのおすすめはドリップ式とディップスタイル式の2タイプ】

スティッチコーヒー
出典:STITCH COFFEE
スティッチコーヒー
出典:STITCH COFFEE

スティッチコーヒーは、ドリップバッグ式とディップスタイル式の2種類が人気でおすすめ。

ドリップバッグ式は、自宅やオフィスでも本格的なコーヒーを楽しむのに最適で、お湯を注ぐだけで豊かな風味を引き出します。

一方、ディップスタイル式は、紅茶のティーバッグのように簡単に淹れられ、特別な器具が不要なのでキャンプやアウトドアでおすすめです。そのまま捨てられるのも手軽ですね!

軽量で持ち運びやすく、後片付けも簡単。キャンプの朝に手軽に美味しいコーヒーを楽しめます。

ディップスタイル式を、スティッチコーヒーではスティープドコーヒーバッグと呼んでいます。

キャンプにおすすめのスティッチコーヒーはどれ?

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

キャンプ場スタッフが、キャンプにおすすめのスティッチコーヒーをいくつかピックアップしてみました!

①:SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS(しんかいモカ スティープドバッグ)
②:ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS(一週間 ヒッグスフィールドブレンド ドリップバッグ)
③:FIRST STITCH シングルオリジン 5パックセット(ファーストスティッチ シングルオリジン 5パックセット)

①:SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

商品名:SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS(しんかいモカ スティープドバッグ)
種類:スティープドコーヒーバッグ (ディップスタイル式)
特徴:ティーバッグのようにお湯や水に浸して使用します。深煎りブレンドコーヒーにスーパーフードのカカオニブが配合された、カカオの香りが心地よい甘味の強いコーヒーです。

日本の有名な潜水艇「しんかい」からインスピレーションを受けたという商品。コーヒーバッグがカップの中に潜水し、コーヒーのフレーバーの深海探検に誘うようにデザインされたそう。

パッケージがキャンプ仕様でめちゃくちゃかわいい!!

②:ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

商品名:ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS(一週間 ヒッグスフィールドブレンド ドリップバッグ)
種類:ドリップコーヒーバッグ
特徴:3つの産地の豆を使用した中煎りブレンドのコーヒーです。スティッチコーヒーを代表するブレンドコーヒーです。

カップとお湯さえあればどこでもいつでも楽しめる!「1週間」毎日を楽しくすごすために一週間と名づけられたコーヒーです。

おなじみドリップバッグ!ベリー系の明るい酸味を和らげつつ、ミルクチョコレートのような甘さが際立つ一杯♪

③:FIRST STITCH シングルオリジン 5パックセット

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

商品名:FIRST STITCH シングルオリジン 5パックセット(ファーストスティッチ シングルオリジン)
種類:ドリップコーヒーバッグ・スティープドコーヒーバッグ(ディップスタイル式) 
特徴:スティッチコーヒーの人気商品4種5パックをセットにしたお試しパックです。送料もかからず、初めてスティッチコーヒーを試したい方におすすです。

シングルオリジン(Single Origin)とは、国単位で集めたコーヒーではなく、特定の地域や農園で生産されたコーヒー豆のことを指します。農園の名前や生産者、生産方法などを生産地(農園)ごとの特徴がわかるのが魅力的。

シングルオリジンのコーヒーは、コーヒーの個性をより深く理解し楽しむことができるんですよ。

異なるコーヒー豆の生産地や、精製方法の違いを楽しめるので、グループでシェアしたい場合にいいね!

【レビュー】キャンプで簡単!スティッチコーヒーを楽しんでみた

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

キャンプでの楽しみのひとつである、コーヒータイム。

特に、早朝に澄んだ空気を浴びながら飲むコーヒーは格別です。

今回は、コーヒー好きの筆者が、オーストラリア・シドニー発のブランド、「スティッチコーヒー」をキャンプで楽しんできました。

の2種類を試してきたので、感想をレビューしていきます。

手軽に本格的なコーヒーが楽しめてイイ!

スティッチコーヒーの特徴は、とにかく手軽に本格的なコーヒーが楽しめるところです。

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

スティープドコーヒーバッグの「SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS(しんかいモカスティープドバッグ)」は、紅茶のティーバッグのようにカップに浸すだけ!

お湯を注ぐ必要がなく、用意したお湯にたった5分浸すだけで完成です。

しんかいスティープドコーヒーバッグでは水出しコーヒーも作れます。冷蔵庫に入れて6時間以上水に浸せば完成。前の晩からクーラーボックスに入れておけば翌朝できますよ!

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

一方の「ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS(一週間ドリップバッグ)」、ドリップコーヒーバッグを使用。

1杯分に必要なコーヒーの粉が詰められたバッグをカップにセットし、お湯を注げばコーヒーが抽出できます。

どちらも最小限の器具で手軽にコーヒーが楽しめ、誰でも簡単にスペシャルティコーヒーを淹れることができますよ。

バリエーション豊富なフレーバー

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

スティッチコーヒーは、ラインナップが豊富で、それぞれちがったフレーバーを楽しめます。

しんかいスティープドコーヒーバッグ、一週間ドリップバッグから1種ずつ実際に飲んでみましたので、それぞれレビューしていきます。

■SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS(しんかい)

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

SHINKAI MOCHA STEEPED BAGS(しんかいモカスティープドバッグ)」は、上品なカカオの香りが特徴。しっかりとしたコクがあり、バランスが取れた飲みやすい味わいです。

しんかいモカは深煎りのブレンドなので酸味がよく抑えられています。よくあるインスタントコーヒーのような雑味がまったくなくすっきりとしていて、かつコクもあり飲みやすいです。

今回はブラックでしか飲みませんでしたが、結構すっきりとしてるので、ミルク入れてもいいかもしれません。カカオニブが入っており、コクがあるためミルクと合うと思います。

もしくは、少し長めにお湯に浸けて濃いめに淹れるのもいいかもです。

■ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS(一週間)

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

ISSHU-KAN HIGGS FIELD BLEND DRIP BAGS(一週間)」は、マカダミアナッツのような濃厚な口当たりが特徴。ミルクチョコレートのような甘さが際立ちますが、ほんのりと感じるベリー系の酸味が甘さを和らげてくれます。

ISSHU-KAN(一週間)は、もともとミルクチョコレート感が強いので、ブラックのままでも美味しく飲みやすいです。

今回は濃いめに抽出してみましたが、甘さ強めでかなり濃厚でダイレクトな味わいになります。とても美味しい。

個人的には、ISSHU-KAN(一週間)の方が好みです。特にキャンプでは、シャキッと目が覚めるので、毎回濃いめのコーヒーを淹れてます。

その他にも、果実フレーバーのロリポップシリーズなど個性的な商品もあるようです。ぜひ、一度試してみたいですね。

カラフルなデザインでギフトに最適

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

スティッチコーヒーは、ギフトにも最適です。

パッケージのデザインがカラフルで可愛らしく、プレゼントすれば喜ばれること間違いなし!

BOXに入ったセットもバリエーションが豊富なので、贈る相手に合わせて選べるのもGOODです。

ポップなパッケージに劣らず、フレーバーも最高なのでおすすめできます。

特に、しんかいスティープドバッグはパッケージがキャンプ仕様なのでキャンパーへのギフトに最適!

まとめ:手軽に楽しめるスティッチコーヒーはキャンプにおすすめ!

スティッチコーヒー
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

今回は、シドニー発のスティッチコーヒーを楽しんできましたが、キャンプに最適なコーヒーでした。

多彩なフレーバー、可愛らしいパッケージデザイン。そして、お湯を沸かすだけでコーヒーが淹れれる手軽さ!

ひとつひとつ小分けになっているので、必要な分だけ持っていけます。

世界中から厳選されたコーヒー豆を使用し、焙煎とブレンドにもこだわっているだけあり、深みのある味わいでした。

スペシャルなコーヒーが、気軽にキャンプで楽しめるスティッチコーヒー。おすすめです!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事