火曜日, 7月 23, 2024
ホームALLキャンプでコーヒーを飲みた...

キャンプでコーヒーを飲みたいならドリップバッグが1番簡単!自作もおすすめ

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプとコーヒーはとても相性が良く、自然の中で飲むコーヒータイムは格別です!こだわればどこまでもこだわれるキャンプコーヒー。

キャンプ中はシンプルに簡単に飲みたいよという人もいるはず。淹れ方は簡単でもオリジナルの豆にこだわりたい人はドリップバッグの自作方法も可能です。

今回はキャンプにおすすめなコーヒードリップバッグや自作方法をバリスタキャンパーのえどまゆさんからご紹介してもらいます!

いますぐおすすめのドリップバッグを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプでコーヒーを楽しみたいけれど、コーヒーミルで豆を挽いたり、カフェギアを使ったりしてコーヒーを作るのは僕には少しハードルが高いです!簡単に美味しく淹れられるアウトドアにおすすめなドリップバックはありますか?

まかせて!キャンプ場でコーヒータイムを簡単手軽に楽しみたい人もいるよね!お湯を注ぐだけでできるインスタントコーヒーもいいけれど、せっかくキャンプでコーヒーを飲むなら豆の香りを楽しんでみて!そこでおすすめのキャンプで飲みたいドリップバッグのコーヒーをバリスタキャンパーのえどまゆさんから教えてもらうね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

手軽で簡単ドリップバッグコーヒーの魅力

ドリップバッグ=インスタントのコーヒーというイメージの方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

豆の産地や焙煎にこだわった個人ロースターさんのドリップバッグや、アウトドア向けのドリップバッグが売っていたりと、レベルの高い商品が多く、お湯を注ぐだけなので淹れ方も簡単。

むしろキャンプで美味しいコーヒーを楽しみたい方におすすめなんです。

ドリップバッグは自作もおすすめ!

コンビニやスーパー、お店で買うイメージのドリップバッグですが、実は簡単に自作も可能!

市販のドリップバッグ用フィルターに挽いたコーヒー豆を入れて、シーラーで封をすれば完成です。

出典:Amazon

自作するときのフィルター選びのコツとしては、カップにかけられるフック付きのものを選ぶこと、愛用しているカップの直径に合わせたサイズを選ぶこと、そして切り取り線付きのフィルターを選ぶこと。ドリップバッグの開封に失敗すると、コーヒー粉がこぼれて上手くドリップできないからです。

また、出来上がったドリップバッグは酸化を遅らせるために密封できる袋(ジップロックでOK)に入れて、しっかり空気を抜いた状態で冷蔵保存するのがおすすめ。
豆の鮮度を楽しむためにも、キャンプの前日に手作りするのがベストですね!

シーラーを持っていない方や更に鮮度にこだわりたい方は、空のドリップバッグとコーヒー豆、コーヒーミルをキャンプ場に持っていきましょう。
現地で挽きたての豆をドリップバッグに入れて、ドリップバッグをドリッパー代わりにしても簡単ににコーヒーを淹れられます。

ドリップコーヒーの淹れ方のコツ

ドリップコーヒーをさらに美味しく楽しむためには、いくつかコツがあります。

まずはお湯の温度。沸騰したてのお湯ではなく、沸騰後1分くらい経った、大体90度くらいのお湯を使うと風味よく仕上がります。

そして「蒸らす」工程も大切です。ドリップバッグをカップにセットしたら、まずはコーヒー粉全体が浸る程度のお湯を少量注ぎ、30秒ほど蒸らします。

その後お湯を注いでいきますが、一気に縁まで注ぎきらず、ゆっくり3~4回に分けて、常にお湯がドリップバッグ内にある状態を保ちつつ注ぎましょう。

出典:Amazon キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コーヒーポット ドリップポット ドリップケトル

お湯の量を上手くコントロールするためにも、注ぎ口の細いケトル(ヤカン)を使うのがおすすめです。

そして、注ぐお湯の量をきちんと調整するのも大切なポイント。

市販のドリップバッグはお湯の量が記載されていますが、自作の場合は大体コーヒー粉の15倍の量(コーヒー粉10gの場合、お湯は150cc)が目安です。

出典:Rappo-Kyoto森の雫

キャンプ用マグに取り付けるだけで、ドリップ用の注ぎ口になるギアもあります。
ユニークなアイテムでこだわりのコーヒータイムを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください!

Rappo-Kyoto・楽歩京都さんが販売している「森の雫」は、シングルマグに装着するマグ用注ぎ口です。表面張力および毛管力を利用しているため、使用前に注ぎ口を水で濡らしてから使用することで、マグからの吸水力が増し柔らかく注げるため、細く一定のお湯を淹れることができ、誰でも美味しいドリップコーヒーを淹れることができますよ。

注意点として、装着不可なマグもあるので、HPをチェックしてみてくださいね。

「森の雫」のご購入はこちらから▷Rappo-Kyoto

キャンプ・アウトドアにおすすめのドリップバッグ

出典:shiromani online shop

有野実苑スタッフがおすすめする、キャンプで簡単に美味しいコーヒーが作れるドリップバッグをご紹介します。

【ポータブルコーヒーフィルターペーパーバッグ 100個入り】

出典:Amazon

お気に入りのコーヒー豆をキャンプでも簡単に楽しみたい方は、ドリップバッグをドリッパー代わりにするのがおすすめ!
大好きなコーヒー豆の粉を入れて事前にヒートシーラーで封をしておくか、ない場合はクリップなどでしっかりと封をしましょう。

コーヒー以外にも紅茶や緑茶にも使えるね!

【スティッチコーヒー】

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

スティッチコーヒーは、コーヒー文化が根付いたオーストラリア・シドニー発のスペシャルティコーヒーブランドです。さまざまな産地と風味を織り交ぜる独自のブレンド技術を誇ります。

キャンプで手軽に入れらるドリップバッグ式と、紅茶のようにお湯に浸すだけで飲めるディップスタイル式がキャンプにおすすめ。

ポップなパッケージが可愛くて、キャンパーへのプレゼントにもおすすめですよ。

スティッチコーヒーのご購入はこちらから▷STITCH COFFEE 公式サイト

スティッチコーヒーの詳しいレビューは下の記事から飛んでね!

【シロマニコーヒードリップバッグ

出典:shiromani online shop

シロマニコーヒーは、静岡在住のキャンパーshiromaniファミリーの手によって作られ、キャンパーさんの中で人気を集めているコーヒー。

shiromani.mamaさんは地元の本格珈琲店で焙煎の修行をされ、地元の施設やキャンプイベント等でshiromaniオリジナルコーヒーの露天出店も行っているほど。

ブラジルやケニアなど、複数の産地から豆を選べます。
BASEのオンラインショップの他、一部のキャンプ場やアウトドアショップでも購入できるようなので、ぜひ公式サイトでチェックしてみてくださいね。

人と人との「繋がり」や「ご縁」を何よりも大切にされているshiromaniファミリーの作るこだわりの一杯をみなさんも楽しまれてみませんか?

シロマニコーヒーのご購入はこちらから▷ shiromani online shop

【プシプシーナ珈琲

出典:ACART LIFESTYLE

紅茶のティーバッグのように、お湯に浸してコーヒーを抽出するタイプのドリップバッグです。
お湯を淹れるだけになり、お湯を注ぐドリップ工程が減るのでより簡単にコーヒーが作れます。
ケトルを使わず鍋やメスティン1つでミニマルにキャンプをしたい方にもおすすめです。パッケージが可愛いので写真映えもばつぐん!

出典:ACART LIFESTYLE

カップに入れてお湯を注ぐだけ!簡単シンプル!

【丸山珈琲 ドリップバッグ 11g×9袋 】

出典:Amazon

人気コーヒー店、丸山珈琲のドリップバッグ。
じっくりと深煎りされた、ダークチョコレートのような風味が特徴です。
シンプルなデザインのパッケージも高級感がありますね。自分へのご褒美タイムとして、アウトドアで極上のコーヒーを楽しみたい方に試していただきたいドリップバッグです。

まとめ:キャンプで手軽に飲めるドリップバッグでもこだわりの一杯を楽しもう!

お湯を注ぐだけで作れるドリップバッグのコーヒーは、アウトドアでも簡単に美味しいドリップコーヒーを楽しみたい方におすすめ!

ドリップバッグはカフェやお店で1つから購入できるので、豆の産地や焙煎(浅煎り、深煎りなど)の違うドリップバッグを複数購入して、飲み比べてみても良いですね。デザインが可愛いものも多いので、選ぶのも楽しいですよ。

今までインスタントコーヒーや缶コーヒーを楽しんでいたという方も、ぜひドリップバッグで本格的なコーヒータイムを過ごしてみてください。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事