土曜日, 6月 15, 2024
ホームALLユニフレームスティックター...

ユニフレームスティックターボⅡが大人気!カスタムは危険?使い方と魅力を解説

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプやアウトドアでの調理に欠かせないのが火を着火するアイテム。今回はユニフレームからでている、スティックターボについて解説します。

着火のみならず調理にも使えるほどの火力と、アウトドアシーンでの持ち運びやすさが大人気!

最新モデルとして発売されたスティックターボⅡとオリジナルの違いや、使い方、スティックターボのカスタム事情についてもファミリーキャンパーMIYAさんが紹介していきます。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

最近ユニフレームのスティックターボが人気だけど、火力を含めた性能って実際どうなの?カスタムをしている人をよくみかけるけど、カスタムしても大丈夫?

ユニフレームのスティックターボは今まで絶大な人気を誇ってきたSOTOのスライドガストーチに引けをとらないアイテムとして、今人気を獲得しているよ!今回はスティックターボの魅力や使い方、カスタム事情についてファミリーキャンパーのMIYAさんが紹介していくね♪

スティックターボⅡを愛用中です!オリジナルとの違いや、魅力をご紹介しますね。火力の凄さは動画でもお伝えしているのでぜひ最後まで読んでください!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

ユニフレームから発売されているスティックターボって?

Photo by MIYA(Arizineライター)

今キャンパーの中で注目されているユニフレームのスティックターボ。

機能性も高く、さらには自分好みにカスタムできるのもキャンパーに人気の理由です。

ユニフレームのスティックターボは、炎がパワフルで屋外でも風に強いのが特徴です。

またスティックタイプで先端部に長さがあることで、火の付けにくいところにも炎が届きます。着火ボタンにはセーフティロックがついているので、キャンプなどで持ち運び時にも安心して積載できるのも魅力です。

そんなユニフレームのスティックターボですが、実は初代のスティックターボは廃盤となっており、現在ではスティックターボⅡのみの販売となっています。

スティックターボⅡにバージョンアップ変更点とその魅力

出典:UNIFULAME

初代から人気があったステックターボですが、どんなところがバージョンアップしたのでしょうか。

見た目はもちろん、機能性や壊れにくさなども改良されて現在のステックターボⅡに進化しました。

スティックターボⅡの魅力について、下記でご紹介します!

調節は簡単なのに高火力!炙りも可能

最大の魅力はなんといっても最大1300℃の火力

調節は着火ボタンの下にある火力調節ダイヤルを左右に動かすだけで、片手でも調節可能なのも人気の秘密です。

またターボ式なので、耐風性もあり、天候に左右されやすいアウトドアでも安心感があります。

チーズや魚などを炙ることも可能で、アウトドア料理にピッタリです。

強度もUPしてより耐久性の高いモデルに

Photo by MIYA(Arizineライター)

初代よりも短く太いデザインに進化しており、細く頼りないデザインだった初代と比べると耐久性も高くなったのも魅力です。素材も亜鉛ダイキャストへと変更されました。

よく使う部分で壊れやすかった着火部も初代と比べると、見た目からしてもかなり頑丈な作りとなっています。

シンプルかつ扱いやすい

Photo by MIYA(Arizineライター)

見た目もシンプルで、無駄な部品などがないので操作がわかりやすいのも魅力です。

火力の調節は+−で表示され、左右に動かすだけ。着火部も赤いセーフティロックを上にあげて1回押すと着火、もう一度押すと消火です。

着火時に操作する部分が一箇所のみなので、片手で全て行えるのが最大のポイントです。

【スティックターボのガス補充方法も簡単】

出典:UNIFLAME
出典:UNIFLAME

ガスの充填方法も簡単です。

底部にある中心の穴にライター用ガスのノズルを合わせ、そのまま押し込んでガスを入るだけ!

カセットボンベのガスは使用できないので、必ずライター用ガスを使用しましょう!

絶大な人気を誇るSOTOスライドガストーチと比較してみた!

出典:UNIFLAME /SOTO

キャンプ用のターボライターといえば、SOTOのスライドガストーチが定番と言われています。コンパクトさやライターガスやCB缶でもガスの補充ができるのが魅力です。

ここでユニフレームのスティックターボⅡとSOTOのスライドガストーチを比較してご紹介します。

サイズ約Φ1.6×全長20.9cm約Φ1.4×全長11.7~18.5cm
重量約140g約57g
材質ステンレス亜鉛ダイキャスト樹脂
燃料市販ライター用ガスカセットガスライター用ガス
充填量約3g
炎温度1,300℃
販売価格¥4,400(税込)¥2,750(税込)

アウトドアで使うコンパクトライターの中でも人気になっている2つをご紹介しました。

2つとも違った魅力があるので、用途にあった選択ができるよう、下記でポイントをおさらいします!

ユニフレーム(UNIFLAME)スティックターボⅡ

◎着火動作が片手で可能
◎長さがある分、どんななところでも点火しやすい
◎芯部に亜鉛ダイキャスト素材を使用し、壊れにくい

ユニフレームのスティックターボは、コンパクトさはSOTOのスライドガストーチに劣りますが、使い方がシンプルで片手でも使えるのが魅力です。

アウトドアでの調理中や焚き火などの着火時に片手で火力調節や着火動作が可能なのはとても便利です。

ターボ式なこともあり、風に強くアウトドアでも十分に力を発揮できるのも安心できます。

より簡単に火を付けたい人、キャンプやアウトドア初心者、1つのギアを長く使いたい人におすすめ。

カスタムパーツなども多く、愛着の湧くギアになります。

ソト(SOTO)スライドガストーチ

◎コンパクトで持ち運びに便利
◎カセットガスでも充填できる
◎価格が安い

SOTOのスライドガストーチは、軽さ&コンパクトさが最大の魅力です。

スティックターボの収納時と比べると約10cm程もコンパクトになります。

キャンプなどのアウトドアでは極力コンパクトになるのは嬉しいですよね。

さらに、カセットガスでの充填が可能なので、自宅で充填し忘れた時やライター用ガスを持っていなくても使えるのもポイントです。

極力ギアをコンパクトにしたい人、価格をできるだけ抑えたい人、今持っているガスで充填したい人におすすめ。

利便性が高く、どんな場面でも使いやすいです。

スティックターボⅡカスタムが人気だけど安全なの?危険?

Photo by MIYA(Arizineライター)

スティックターボの人気な理由には、機能性の他に自分好みにカスタムできることもあげられます。

ユニフレームの正規品ではありませんが、パイプ部やグリップなどのさまざまなカスタムパーツがガレージブランドから販売されています。

しかし、ユニフレーム公式サイトには

「改造禁止。ガス漏れや点火器等、破損いたします。※改造品については修理の受付をいたしません」

と注意書きされています。

その点から、カスタムは安全とはいえません。

もしカスタムをしたい場合は自己責任で行いましょう。

カスタム以外にも注意点はいくつかある

Photo by MIYA(Arizineライター)

カスタム以外にも注意点がいくつかあります。

◎直射日光の当たる場所や気温が40℃以上になる場所には置かない
◎連続使用時間は30秒まで
◎充填のしすぎに注意
◎真下に向けて使わない
◎ロウ付着に注意
◎外気温が5℃以下になると着火しにくい
◎先端火傷に注意

◎カセットボンベのガスは使用できない
◎使用後のセーフティロックを必ず行う


ユニフレーム公式より

火を扱う商品なだけに、注意点はたくさんあります。

使用前にしっかりと取り扱い説明書を読み、使用上の注意を確認した上で安全に使いましょう。

まとめ:スティックターボで火を点ける場面をより楽にかっこよく使おう

Photo by MIYA(Arizineライター)

今でも入荷するとすぐに売り切れてしまうほど人気のユニフレーム「スティックターボⅡ」。

着火動作が簡単で機能性も高く、キャンプやアウトドアで大活躍です。

ファンが多いからこそ、カスタムパーツも多く、今後もどんなカスタムパーツが出てくるのか楽しみです。

スティックターボのカスタムは自己責任になるので、安全には十分に注意しましょう。

自分好みのターボライターとして、火をつける場面をより素敵な時間になること間違いなしです!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事