金曜日, 8月 12, 2022
ホームALLアウトドア・キャンプで使え...

アウトドア・キャンプで使えるチャムス(CHUMS)の厳選おすすめリュック5選!

【キャンプ場スタッフ監修】アウトドアで使えるチャムスのリュックは可愛くてポップなデザインの魅力だけでなく、機能性も抜群でキャンプにぴったり!チャムスは男女子ども年齢問わず人気です。

今回は、アパレル歴7年キャンパーCHIにそんなチャムスのキャンプに使えるおすすめのリュックを紹介します!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

チャムスおしゃれで可愛い!キャンプにおすすめなチャムスのリュックを紹介して欲しいです!

まかせて!アウトドアブランドで根強いファンが多いチャムス。ブービーバードのロゴが可愛くて有名だよね。今回はアパレル歴7年のキャンパーCHIさんにキャンプで使う場合におすすめするチャムスのリュックを紹介してもらうね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

チャムス(CHUMS)とは?人気の理由

出典:CHUMS

CHUMS」は1983年にアメリカ・ユタ州で生まれたアウトドアブランドで、ブービーバードのロゴとポップでカラフルな色使いが特徴です。

リバーガイドをしていた創立者が、サングラスを落とさないためにオリジナルリテイナー(サングラスやメガネのストラップ)を作ったことがきっかけとなり誕生しました。

テントや椅子などのアウトドアギアのほか、Tシャツやジャケットなどのアパレルアイテム、帽子やバッグなどのアパレル小物など、さまざまなシーンで使えるアイテムを数多く展開しています。

チャムスのマスコット「ブービーバード」がとにかく良い

出典:CHUMS

チャムスのトレードマークといえば「ブービーバード」。
一見ペンギンに見えますが、実は飛ぶのも潜るのも得意なカツオ鳥という鳥の仲間です。

フレンドリーで警戒心がないことから、「まぬけだけど可愛い」という意味の”bobo(スペイン語)”、”booby(英語)”と呼ばれており、親しみやすく愛されるブランドになって欲しいという意味のこもったキャラクター名となっています。

CHUMSはデザインがオシャレで可愛い

出典:CHUMS

チャムスのアイテムは、通勤・通学に使いやすいモノトーンのデザイン、コーディネートに合わせて使えるカラフルでオシャレなデザインの両方を展開しているので、自分の好みに合わせて選ぶことができ、年齢性別問わず幅広い層に愛されています。

有野実苑キャンパー@yukkuricamp さんの素敵な投稿より

特にビビットな赤が特徴的で、他にもカラフルな色使いのキャンプアイテムは、「個性的なものが欲しい!」「人と同じはイヤ!」という人にピッタリで、キャンプを一瞬でオシャレに変身させてくれますし、ブランドを統一させることでワクワクするキャンプサイトに仕上がります。

有野実苑オートキャンプ場にもチャムスのギアで統一させることで、とっても素敵なサイトを作り上げているキャンパーもいるよ!

機能的でアウトドアに優れた商品

出典:CHUMS

カラフルな色使いに目が行きがちですが、チャムスのリュックは機能性も抜群!

耐久性・防水性・撥水性に優れたバックパックは、背面とショルダー部分に長時間背負っても不快感を感じにくいメッシュとパンチングパッドを使用しており、通気性・弾力性にも優れています。

また、メンズ・レディース・キッズとサイズ展開が豊富なところも人気な理由の1つです。

キャンプに使えるおすすめのチャムスのリュック5選

ではさっそく、キャンプにおすすめなチャムスのリュックをご紹介します。

【スプリングデール(Spring Dale)シリーズ】

チャムスの本格アウトドアシリーズである、「Spring Dale(スプリングデール)」のバックパック。

25、30、35リットルと3サイズ展開でキャンプやアウトドアには30、35リットルサイズがおすすめ。
カラー展開は7色あり、気分が上がる配色やテキスタイルデザインが可愛い。

出典:CHUMS

特徴としては取り外せるウエストバック付きで、底面には急な雨にも対応できるレインカバーが標準装備されています。

■30リットル

出典:CHUMS

30リットルはデイキャンプや登山などでしやすいサイズです。
1泊程度の荷物が入ります。

出典:CHUMS

30リットルはウエストハーネスは取り外しが可能で、同じデザインのウエストバッグとして使用でき、出先での貴重品などの収納におすすめです。

【詳細】

・容量:約30L 

・大きさ:H50×W33×D18cm  

created by Rinker
CHUMS(チャムス)
¥16,980 (2022/08/11 15:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

■35リットル

出典:Amazon

チャムスの本格アウトドアシリーズである、「Spring Dale(スプリングデール)」の大型のバックパックです。収納力があり、チェストストラップで安定感があるため、登山・キャンプなどアウトドアシーンにおすすめです。

出典:Amazon

35リットルは雨蓋部分は取り外しが可能で、ウエストバッグとして使用できます。
もちろんレインカバーが底面ポケットに収納されており、突然の雨にも対応可能です。

【詳細】

・容量:約35L

・大きさ:H60×W25×D15cm

created by Rinker
CHUMS(チャムス)
¥20,000 (2022/08/11 15:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

【SLCオニキス(Onyx)2ウェイオーバーナイトデイパック】

出典:CHAMS

『最もストレスが少ない街』に選ばれたSalt Lake City(ソルトレイク・シティ)の頭文字から名付けられたSLCシリーズのスペシャルライン「SLC Onyx」から出た大容量のデイパックです。

出典:CHAMS

部分的に牛革を使用しており高級感があり、またポケットが多くメインの収納部分は大きく開くことができるので、荷物の整理に大変便利!

出典:CHAMS

底面にレインカバーが装備されているため急な雨でも荷物を守ります。

キャンプ泊や旅行の使用や出張にも活躍するのでおすすめです。

【詳細】

・容量:約35L 

・大きさ:H58×W36×D19cm  

created by Rinker
CHUMS(チャムス)
¥22,507 (2022/08/11 15:32:52時点 Amazon調べ-詳細)

【リサイクルチャムスデイパック】

出典:CHAMS

古着や生地の切れ端などを再利用した、100%リサイクル素材の「RENU(レニュー)」を使用することで環境に配慮したバックパックシリーズです。

フロント部分に大きくプリントされた「CHUMS」のロゴがポイントでカラー展開も豊富。
デイキャンプにおすすめで、軽量で耐久性がありシンプルなデザインなので、アウトドアだけでなくデイリーづかいにもピッタリ。

【詳細】

・容量:約25L

・大きさ:H47×W31×D15cm  

【スプルースブックパック(Spruce Book Pack)】

出典:CHAMS

リサイクル100%ナイロンを使用したSpruce(スプルース)シリーズのバックパックです。

パイピング配色とブービーバードのタグがポイントになったデザインはオールド感がありどこかレトロ。ナイロンでありながら、コットンのような風合いが特徴です。
背面のファスナーが大きく開くので、簡単にメイン収納に手が届く使い勝手の良い作りになっています。
フラップ裏にも大きなポケットがあり、収納力も抜群ですよ!

【詳細】

・容量:約23L

・大きさ:H47×W31×D15cm  

created by Rinker
CHUMS(チャムス)
¥11,880 (2022/08/12 09:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

【キッズブービーデイバッグ(キッズ|リュック)】

出典:CHAMS

ファミリーキャンプでお子さんに持ってもらいたいバッグにピッタリな、ブービーバードデザインのバックパックです。
子どもが背負いやすい、柔らかいスウェット素材でできています。

出典:CHAMS


また、表面には撥水・撥油・防汚性能を持った「Asahi Guard E-SERIES」加工剤が使用されているので、水濡れや汚れを気にすることなくガシガシ使うことができます。

【詳細】

・容量:約10L

・大きさ:H35×W24×D12cm  

キャンプにはおしゃれで可愛いチャムスのリュックを持って行こう!

出典:CHUMS

アウトドアで使えるチャムスのリュックをたくさんご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

機能性・収納力や、デザイン・カラーや柄展開など種類が豊富なので、ぜひ自分好みのアイテムを見つけて、キャンプをカラフルに楽しんでくださいね!

Arizine編集部
Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事
- Advertisment -
Google search engine

最新の記事