火曜日, 7月 23, 2024
ホームALLファミリーキャンプ初心者ガ...

ファミリーキャンプ初心者ガイド!家族でアウトドアを楽しむための準備や注意点、道具を解説

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ファミリーキャンプ初心者必見!ファミリーキャンプを楽しむためにあると便利なキャンプ道具や事前に必要な準備をご紹介します。

今回は、ベテランキャンパーZenさんが、テントなどキャンプ道具を選ぶときの注意点や、ファミリーキャンプを成功させるためのコツもまとめました。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!キャンプのことはなんでも聞いてね!

ファミリーキャンプに挑戦してみたいのですが、初心者なので何を準備していいのかよくわかりません……。

まかせて!ファミリーキャンプを楽しむためには、やっぱり事前の準備がポイントだね!子供連れでも快適に過ごせるキャンプ場を選んで、必要な道具をしっかり揃えれば初心者でも楽しめるから安心してね♪ファミリーキャンプに必要なキャンプ道具やおすすめの選び方、準備するときの注意点を紹介するよ!

子供が大きくなると、自然を体験できるキャンプをしたくなるのは親として当たり前の心理です。でも、キャンプがまったく初めてだと何から準備をしていいのか分からないでしょう。今回はそんな人のために、何が必要なのかとコツも解説しています。

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

ファミリーキャンプを楽しむためには事前の準備が大切!

Photo by Zen(Arizineライター)

キャンプだけではなく、ファミリーアクティビティはなにごとも事前の準備が大事です。

キャンプは、旅行でホテルや旅館に宿泊するのとは違い、持っていくアイテムが多くなります。何が必要なのかをしっかりと把握しておきましょう。

この記事では、必需品からあると便利な道具から、アイテム選びのコツまで紹介していますので参考にしてください。

ファミリーキャンプの必需品・あると便利な道具

持っていかなくてはいけないアイテムから、あったら活躍する道具をピックアップしました。

初めから全部を買い揃える必要はありません。テントやランタン、焚き火台にテーブルに椅子を揃えたら、あとは家にあるもので代用可能ですよ!

暖かい季節なら寝袋は自宅の毛布やタオルケットでOK!料理器具も家のものを持っていこう!

キャンプの基本!テントやランタンなどテント周りの道具

①テント
②グラウンドシート
③ペグとハンマー
④ランタン(LEDランタン、ガスランタン)
⑤タープ(必要な場合)

テントやランタンは必須ですが、タープはあれば嬉しいアイテムです。徐々に買い揃えていきましょう。

◾️テント

Photo by MIYA(Arizineライター)

テントがないとキャンプはできませんので、最初にテントを買いましょう。

ペグやハンマーも忘れずに!テントを買ったら初期アイテムでペグやハンマーがついていることも多いので、買うときにチェックしておきましょう。

テントは種類が多いので、初めて買うときは悩むかもしれません。

ファミリーキャンプならツールームテントがおすすめ。リビングと寝室が分かれており、初心者でも設営しやすいです。初めてのテントでツールームを選ぶ人も多いですよ。

リビングがありますので、タープは必要ありません。テントとタープを買わなくていいので初期費用を抑えることができます。

自立式のドーム型テントもいいですね。

  • 「サバティカル」アルニカ

ファミリーキャンパーに根強い人気のサバティカルのアルニカ。4〜5人向けのリビングスペースと寝室を1つで作れる2ルームテントです。

  • 「コールマン」タフスクリーン2ルームハウスMDX

ファーストテントに最適な機能を備えたコールマンの大人気ツールームテントです。設営しやすく、価格もお求めやすくなっています。

◾️ランタン

ランタンもテントと同じく、最初に購入して欲しいギアです。

灯りが少ないキャンプ場では夜は真っ暗になります。夜に活動するためには絶対必要なのがランタンです。メインで使用する大型で明るいランタンと、寝室で使用する小型のランタンの2つが必要になります。

  • 「ジェントス」LEDランタン 単一電池式

価格は安いですが、メインランタンとしても十分な明るさです。電池タイプなので災害時にも活躍します。

  • 「ベアボーンズ」ビーコンライトLED

おしゃれで人気のベアボーンズのLEDランタン。小型のこのタイプはインナーテントで使用するのに丁度いいサイズです。

テントまわりでは、他にもあれば便利なのがグランドシート。テントの下に敷くことで、テントへのダメージを少なくでき、湿気や結露からも守ってくれます。

キャンプの醍醐味はやっぱりご飯!調理器具

①クッカーセット(鍋、フライパン、ダッチオーブン)
②キャンプ用バーナー
③ガス缶
④焚き火台(焚き火用グリル)
⑤調理器具(包丁、まな板、トングなど)
⑥クーラーボックス
⑦調味料&ケース
⑧カトラリー(箸、スプーン、フォークなど)

キャンプで料理をするなら、焚き火台やカセットコンロなどの熱源とクーラーボックスさえあれば、あとは自宅にあるもので代用が可能になります。

食器を洗うのが面倒な場合は、紙皿や紙コップなど持っていくのもいいですね。

◾️焚き火台、カセットコンロ

調理するための熱源には、焚き火やガスなどがあります。

焚き火の炎を利用して調理するなら焚き火台は必要です。ガスならカセットコンロやバーナーを用意しましょう。

  • 「ユニフレーム」ファイアグリル

焚き火台とバーベキューコンロの機能を備えた大人気アイテム。まずはこれを買っておけば問題ないでしょう。

  • 「イワタニ」タフまる

アウトドアのためのカセットコンロです。風に強く屋外で使えるタフな構造で、ダッチオーブンも使えます。

◾️クッカーセット

調理に使用する器具には、鍋やフライパンなど必要なものがたくさんあります。

食器類も準備しなくてはいけません。ひとつひとつ買い揃えるのは大変なので、調理器具や食器やカトラリーまでがセットになったものをクッカーセットといいます。

ダッチオーブン、スキレットなどは、後々揃えていきましょう!

  • 「スタンレー」ベースキャンプクックセット

4人用のプレート、ボウル、フォークから、フライパン、鍋、まな板、お玉、フライ返しまで揃っているクックセットです。これだけのアイテムが全てセットになっているのは他にはあまりありません。

◾️クーラーボックス

調理器具ではありませんが、食材を保管するのに必要なアイテム。

暑い季節は食材が痛むのでクーラーボックスを活用しましょう。

  • 「コールマン」54QT スチールベルトクーラー

丈夫で頑丈なハードクーラー。51Lの大容量で4人家族分の食料が十分はいります。

ゆっくり過ごせるテーブルやチェア

テーブルとチェアがあれば快適性がグッとアップします。

キャンプでは座っている時間が長いので、特にチェアはこだわったほうがいいでしょう。テーブルとチェアがセットになっているものを選べば安くすますことができますよ。

  • 「キャプテンスタッグ」ラフォーレ UC-4/UC-5

4人家族にぴったりなチェアとテーブルのオールインワンセット。テーブルの高さが調整できます。

アウトドアで子どもと遊ぶためのアイテム

①フリスビー
②バドミントンセット
③自転車やスクーター
④シャボン玉セット
⑤虫取り網、虫かご
⑥雨の日用のゲーム(カードゲーム、ボードゲーム、映画鑑賞)
⑦モルック

キャンプ場についたら、子供たちが暇〜!と言ってくることも。そんな時に、思いっきり外で遊べる遊び道具があるといいですね。

雨が降る場合があるので、トランプやボードゲームなど、テントの中で遊べる道具も用意することをおすすめします。

  • 「キャプテンスタッグ」スカイキャッチボール

小さな子供から遊べる少し変わったスポーツがトラックボールです。ちょっと変わった道具でキャッチボールする遊び。ボールは発泡スチロールとプラスチック製の2種類があり、当たっても怪我がしにくくなっています。

アウトドアメーカーのキャプテンスタッグが販売しているスカイキャッチボールです。ラケット2個と、発泡タイプとプラスチックの2種類のボールが付属。

宿泊するなら気候に合わせた寝具も必須

①寝袋・シュラフ(季節に応じた温度対応)
②エアーマットやキャンプマット(底冷え対策)
③ブランケット
④テント用ストーブ(寒冷地キャンプの場合)

真夏以外は、寝袋がないと快適に寝ることはできません。

春、秋のキャンプは、朝晩が冷えますので、シュラフは必要です。子供が小さいなら一緒に寝ることができる寝袋があれば暖かく安心ですよ。

  • Nuuca(ヌーカ)シュラフ

ヌーカのシュラフはお手入れがラクなのに温かくて高品質。また初心者でも扱いやすいので、キャンプデビューの方や車でキャンプに行くファミリー層にぜひ使っていただきたいシュラフです。

Arizineもその使いやすさにびっくりしました!

1,500円OFFクーポンあり!

 クーポンコード:8BTPBS228W0T

  • 「コールマン」ファミリー2in1グレージュC5

幅が168cmもあるので親子でいっしょに寝ることができる寝袋です。快適温度が5℃ですので、春や初秋までは使用できるでしょう。

ファミリーキャンプ用のキャンプ道具を選ぶときのコツ

キャンパー@painmomoさんの素敵な投稿より

用途にあっていない道具を買っても使うことはありません。

ギア選びに失敗しないようにコツを伝授します。

家族の人数に合わせてテントやテーブルのサイズを選ぼう

キャンプ道具、特にテントとテーブルは家族の人数によってサイズを選んでください。テントには、就寝人数が表記されていますので参考にしてください。

テーブルは人数が増えるほど大きなものが必要になります。チェアとのセットだと使用できる人数が制限されますので、人数が多い場合はテーブルとチェアを別々に購入したほうがいいでしょう。

車の積載量に合わせて重さや収納サイズを考慮しよう

キャンプ道具を選ぶときには、車の積載量を考慮して選ぶ必要があります。

ラゲッジスペースには限りがありますので、コンパクトになるキャンプギアを選んだほうがいいでしょう。

荷物を減らすならレンタルという手も!

キャンプを続けるか分からない人や、荷物を減らしたい人はレンタルする手段もあります。

キャンプ場に配送ができるhinataレンタルと提携している有野実苑オートキャンプ場なら、簡単にレンタルができます。ぜひ活用してみてください。

ファミリーキャンプの準備をするときのポイント

キャンパー@yosuke_famicampさんの素敵な投稿より

キャンプ場選びは準備するときの1番重要なポイントです。失敗するとすべてが台無しになりますので慎重に選びましょう。

子供連れでも快適に過ごせるキャンプ場を選ぶ

子供とキャンプをするには、キャンプ場選びがかなり重要になります。アクティビティや遊べる要素がある施設を選びましょう。夏ならビーチや湖畔沿いのキャンプ場もおすすめ。

せっかくキャンプをするなら非日常な体験ができるところを選んでみてください。有野実苑オートキャンプ場では、普段のキャンプではなかなかできない野菜の収穫体験やイチゴ狩り、虫取りイベントやクラフト体験ができますよ。

子供に特別な体験をさせたいなら、ぜひご利用してくださいね!

有野実苑オートキャンプ場は、ファミリーキャンパーに大人気のキャンプ場だよ♪

キャンプ道具の積み方を工夫して取り出しやすく

キャンプ道具を車に積み込むときは、最初にテントを設営するので手前に置くことで取り出しやすくしてください。クーラーボックスもドアの近くに置けば、買い出しをしたときに、すぐに食材を入れることができます。

設営するアイテムの順番から、ドアの近くに置くことでスムーズにおこなえます。ちょっとした工夫で、キャンプ当日がかなり楽になりますのでおすすめです。

ファミリーキャンプを楽しむコツと注意点

楽しい思い出にするために知っておきたいことを紹介します。

アウトドアにトラブルはつきもの!時間に余裕を持って準備をしよう

チェックインの時間から逆算をして、出発時間を決めます。

しかし、何があるか分からないので出発時間は余裕を持って決めましょう。渋滞や、突然の体調不良で遅れてしまうことを考慮してください。

安全第一!キャンプ場の環境や緊急時の避難所を事前にチェックしておこう

自然を相手にするアウトドアは非日常を体験できますが、危険も伴います。川沿いや湖畔にあるなど、立地環境を予約する前に把握しておきましょう。

大気が不安定な夏は、突然の災害にあうことがありますので、周辺の避難所をチェックしておく必要があります。

安全第一の備えでキャンプに挑んでください。

子どもと一緒に準備や作業を楽しもう

テント設営や準備を子どもと一緒にすると楽しんでくれます。

特にペグ打ちは興味を持っていますので、ぜひ体験させてあげましょう。準備や設営が楽しいことだと教えてあげると、今後も手伝ってくれますよ。

焚き火を一緒にして心を育む火育もいいですね。

危険なこと、安全なこと、楽しいことをキャンプを通してぜひお子さんへ伝えていってください。

まとめ:家族みんなでアウトドアを満喫!ファミリーキャンプに挑戦してみよう

子供が小さいときにキャンプという非日常な体験をさせてあげたいパパとママは数多くいるのではないでしょうか?少し難しいと考えている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

最初はテント設営にてこずりますが、回数を重ねれば短時間で設営できるようになりますし、経験を積むことでやりたいことも増えるでしょう。

もし、今年の夏に子供とキャンプデビューを考えているなら、この記事を参考にして始めてみてください。

難しく考えずやってみましょう。きっと素敵な思い出になるはずです。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事