金曜日, 3月 1, 2024
ホームALLインテックスのエアーベッド...

インテックスのエアーベッドで快適な眠りを!キャンプにもおすすめ

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】世界的に有名なインテックス(INTEX)のエアーベッドは、快適な寝心地と使い勝手の良さが魅力の一つ。

簡単に空気を入れられる仕組みに加え付属の説明書の解説も分かりやすく、幅広いサイズと種類展開でどんな使用シーンでも対応できます。

また、キャンプなどアウトドアでの使用や急な来客時にも大活躍!

今回はそんなインテックスのエアーベッドの魅力からおすすめの種類をキャンプ歴10年ベテランキャンパーAtsuさんとともに紹介していきます。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

巷で人気のインテックスのエアーベッド……本当に快適なの?空気の入れ方や取り扱いが簡単って本当?

インテックスのエアーベッドは耐久性や安定感が魅力のひとつで、それが快適性に繋がっていると言われているよ!今回は実際にインテックスのエアーベッドを持っているキャンパーのAtsuさんに、使い心地や注意点なども含めて紹介してもらうね♪

寝心地が良くて、我が家はコンフォートプラッシュを2つも購入しちゃいました!魅力をお伝えしますね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

インテックスのエアーベッドが人気の理由とは

Photo by AtsuArizineライター)

色んなメーカーから販売されているエアーベッドですが、その中でも有名なメーカーがインテックスです。

その人気の秘密には、品質、価値、そして家族の時間を大切にすることを基本とするインテックスというメーカーのコンセプトに理由があるようです。

インテックスはエアーベッドだけでなく空気を入れて膨らませて使う製品を多く取り扱っており、ビーチボールや浮き輪・プールなどの技術がエアーベッドにも取り入れられています。

快適さ、安全性、楽しさを考慮して設計された最高品質の製品を手頃な価格で提供することを目標としているインテックスのコンセプトが、快適なエアーベッドを生み出しているのでしょう。

>>インテックス公式サイト(英文)

エアーベッドと言えばインテックス!世界でも有名な大手企業で安心

出典:Amazon

インテックス株式会社は、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルスロングビーチに本社を構え、50年以上の歴史がある会社です。特にエアーベッドの種類の豊富さや、耐久性には定評があります。

インテックスのエアーベッドは性能も人気もナンバーワンの呼び声が高く、しっかり管理された品質や使い勝手などから幅広いユーザーに支持されています。

インテックス製品は世界100か国以上で見つけることができる有名な大手企業なので、その安心感も支持されている理由ではないでしょうか。

種類やサイズが多く用途にあわせて選べる

インテックスのエアーベットはとても種類やサイズが豊富なことでも有名です。

ヘアーベッド(マットレス)の種類は豊富で、車中泊に使えるコンパクトなものから、本格的なベッドとして使える大きさや高さのあるものまであります。

子供と一緒にファミリーで就寝できるサイズにしたり、キャンプに持っていくならコンパクトなサイズにしたり好みに合わせられるのも嬉しいポイントです。

車中泊でも人気のあるインテックスのエアーベッドなら、車のサイズにあうモデルを選ぶこともできます。

家庭用ベッドとして使えるほどの快適さ

出典:Amazon

従来のエアーベットは簡易的なもので、基本はアウトドアや災害時などに使うもの。特に寝心地は期待できないと考えられていました。

しかしインテックスのエアーベットはそんな概念を覆し、家庭で毎日使うベッドとして私たちを快眠に導いてくれます。

インテックスのエアーベッドは軽くて持ち運びができる簡易ベッドという地位から、最高の寝心地を提供してくれる家庭用の高級マットレスという地位を確立しました。

コンパクトに収納可能なので持ち運びも楽

出典:Amazon

インテックスのエアーベッドは、収納袋付きでコンパクトに収納することができ、軽量なので持ち運びも楽々。

コンパクトに車に積んでおくことが可能なので、そのまま車に積んでおき車中泊としての使用もおすすめです。サイズが豊富にあるため、車のサイズにあったエアベッドを見つけられることも魅力ですよ。

また家庭では、急な来客用に準備しておいても布団のようにスペースを取らないので複数常備しておくことができますね。

エアーベッドでも高い耐久性と耐荷重があり長く使える

出典:INTEX

エアーベットといえば、耐久性の悪さや耐荷重の低さに問題がありました。

しかしインテックスのエアーベッドはそんな欠点を大きく覆し、家庭で毎日使用できる耐久性と、136㎏というかなり大きな成人男性でも就寝できる耐荷重を実現しています。

ツインサイズだと136㎏、クイーンやキングサイズだと272Kgまでの耐荷重があるんです。

大人2人で就寝したり、子供と一緒に就寝することが可能になるので、家庭用ベッドとして毎日使うことが実現しました。

インテックスエアーベッドの口コミは良い?悪い?

出典:O-dan

インテックスエアーベッドの口コミは圧倒的に良い方が多いです。

しかし、少数ではありますが、悪い口コミもみられました。悪い口コミとしては、やはり空気漏れや初期不良が多いようです。

後述しますが、初期不良があった場合のメーカーの対応は安心できるものであり、また空気漏れが発生してしまった場合の対処方法もあります。

良い口コミとしては、種類の豊富さと寝心地の良さ。上位モデルだと、高級マットレスより寝心地が良いとの口コミもたくさんあります。

デメリット以上に、寝心地の良さや収納性を考えるとインテックスエアーベッドの口コミの良さに納得です。

実際にキャンプで使用している私も、寝心地の良さには脱帽です!

エアーベッドの種類とそれぞれの違いを比較

Photo by AtsuArizineライター)

インテックスのエアーベッドはとにかく種類が豊富。

中でも代表的なものをピックアップして、それぞれの違いを比較してみます。

デュラビームスタンダード

出典:Amazon

インテックスのエアーベッドの中では、基本的な快適さを求めた一番スタンダードなモデルです。

手動で空気を注入する必要はありますが、コストパフォーマンスに優れています。手動ならキャンプ場などで電源が使用できない場所には最適ですね。

表面は肌ざわりのよいベロア調のフロック加工になっています。

デュラビームスタンダード
サイズ長さ191×幅99×高さ25㎝(シングルサイズ)
重量約2.4㎏
耐荷重136kg
空気送入方法手動

コンフォートプラッシュ

出典:Amazon

キャンプ場でも最高の寝心地を追及するなら、こちらのコンフォートプラッシュが快適です。

大きなテントでグランピングのように使用するのがおすすめ。

筆者も愛用中!2つ買いました。

テント泊は寝心地が悪いなんてもう言わせません。

表面は肌ざわりのよいベロア調のフロック加工になっています。

コンフォートプラッシュ
サイズ長さ191×幅99×高さ33㎝(シングルサイズ)
重量約2.4㎏
耐荷重136kg
空気送入方法自動(AC電源)

ダウニーエアーベッド

出典:Amazon

キャンプ用でも、家庭での来客用でも、マルチに使用できるコンパクトなエアベッドです。

高さが低いため、狭いテントの中でも圧迫感が感じにくいですね。

急な来客時でも、敷き布団感覚で使用できます。

ダウニーエアーベッド
サイズ長さ191×幅76×高さ25cm
重量
耐荷重136kg
空気送入方法手動

プライムコンフォート

出典:Amazon

ベッドの高さは51cmで立ち座り時に体に負担がかかりにくくなっています。

また2層構造になっていて、上の部分は市販のベッド用ボックスシーツをセットして使用できるのも魅力。

素材をふんだんに使用しているので、重量も比較的重く、家庭用据え置きベッドとして使用するのがベストです。

高級マットレスにも引けを取らない寝心地で、家庭用ベットとしてワンランク上の感覚を体感できるでしょう。

プライムコンフォート
サイズ長さ191× 幅99×高さ51㎝(シングルサイズ)
重量約6.63㎏
耐荷重136kg
空気送入方法自動(AC電源)

プレムエアーワン

出典:Amazon

こちらもベッドの高さが46㎝と高く、立ち座りが楽に行えます。

3層構造の作りで、スタンダードシリーズよりも格段に寝心地がUPしました。

空気注入のスイッチがスライド方式になっていて、従来のダイヤル方式よりも簡単にできるようになっています。

表面は肌ざわりのよいベロア調のフロック加工になっています。

プレムエアーワン
サイズ長さ191× 幅99×高さ46㎝(シングルサイズ)
重量約5.5㎏
耐荷重136kg
空気送入方法自動(AC電源)

ピローレスト クラシック エアーベッド

出典:Amazon

枕部分が少し高さのある仕様になっているので、枕いらずで就寝できます。

ベッドの高さも低めなので、狭いテントの中でも圧迫感が感じにくいですね。

表面は肌ざわりのよいベロア調のフロック加工になっています。

ピローレスト クラシック エアーベッド
サイズ長さ191× 幅99×高さ25㎝(シングルサイズ)
重量約3.4㎏
耐荷重136kg
空気送入方法自動(AC電源)

インテックスからキャンプに特化した「キャンピングマット」も販売!

出典:Amazon

アウトドアに特化したキャンピングマットです。

軽量コンパクトで、キャンプにはピッタリのエアベッドです。

空気送入は手動ですが、それほど大きくはないのでフットポンプでも簡単に空気送入できます。

キャンピングマット
サイズ長さ184× 幅67×高さ17㎝
重量約1.7㎏
耐荷重136kg
空気送入方法手動

エアーベッドを使う時の注意点

Photo by AtsuArizineライター)

インテックスのエアーベッドはかなり丈夫な作りになっていますが、長く使用するためには注意点があります。

まず、エアーベッドなので穴が開いてしまうと空気が抜けて使い物になりません。

アウトドアで使用する際は、エアーベッドを置く地面の下が凸凹していないか、尖った石や枝など鋭利なものが落ちていないかを確認する必要があります。

またエアーベットを置く際は、地面にいくら尖ったものが無くてもマットやラグを敷いてから設置するようにしましょう。

ご家庭で使用する場合は、フローリングに直接設置すると接地面とエアーベットが擦れるギュギュっという音が非常に気になります。ラグなどを敷くと音は出なくなるのでおすすめです。

電源が必要な場合もある

手動タイプと自動タイプに分かれるので、エアーベッドの種類によっては電源が必要な場合もあります。

キャンプで使用する場合は、ポータブル電源も合わせて持っていくことになり、忘れてしまうと使用できないため注意です!

■エアーベットの空気の入れ方

Photo by AtsuArizineライター)

電源が必要な場合の膨らませ方は簡単!

蓋を開けるとコードが出てくるので、それをコンセント(AC電源)に差して、ダイヤルを+に回すと空気が入ります。2分ほどで完了。

逆に−に回すと空気が抜けます。

もちろん入れる時も抜く時も電源が必要になります。

もし空気漏れになったら?穴が開いたときの対処方法

出典:Amazon

もしも空気漏れになってしまった時は、通常はメーカーに修理を依頼することになります。

もし空気穴を見つけることができれば、自分で修理することも可能です。

インテックスのエアーベッドには、空気漏れ対処用のシールが付属されているのでそれを空気が漏れている穴に貼り付けましょう。

また、アウトド用品売り場やインターネットでも修理キッドが販売されているので、常備しておくとキャンプ地で突然空気漏れが発生してしまっても対処可能です。

出典:Amazon

実際私が購入したインテックスのエアーベッドですが、2台同時に購入し、そのうち1台に初期不良で空気漏れがありました。

購入店舗に連絡をしたところ、すぐに新しい商品と取り換えしてくれました。
インテックスは、サポート面でも安心なところが人気の秘訣かもしれません。

ネット通販などで購入する場合は、インテックス正規取り扱い店舗で購入すると安心です。

インテックスに限らず、エアーベッドの空気漏れ初期不良は度々みられます。
購入したらまずは膨らませて確認し、異常があればすぐに購入店に連絡しましょう。

>>インテックス保証ポリシー(英文)

まとめ:キャンプにも最適なインテックスのエアーベッドで快適なアウトドアライフを満喫しよう

Photo by AtsuArizineライター)

キャンプでも家庭でも、最高の寝心地を提供してくれるインテックスのエアーベッド。

過去に他のエアーベッドを使用したことがあり、寝心地に満足できなかった人も一度インテックスのエアーベッドを体験してみてください。

地面が凸凹のキャンプ地でもぐっすり安眠でき、目を覚ました時にここがキャンプ場であることにびっくりしてしまうかもしれません。

キャンプは楽しいけれど、ぐっすり寝られない……そんな人はぜひインテックスのエアーベッドを持ってキャンプにでかけてみませんか?

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事