火曜日, 7月 23, 2024
ホームALLZEN Campsの「焚き...

ZEN Campsの「焚き火の跡を残さない」焚き火台「NT Fire Stand」を徹底レビュー!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ZEN Campsの焚き火台「NT Fire Stand」をガチキャンパーが徹底レビュー!

焚き火も調理もこれ一台で十分!今回は、年間50泊以上のガチキャンパー沖野隆さんが、ZEN Campsの優秀な焚き火ツールと合わせて、「NT Fire Stand」の魅力をご紹介します。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプにおすすめな最近流行りの焚き火台はありますか?

まかせて!ZEN Campsさんから発売されている環境に優しく焚き火ができる「NT Fire Stand」がおすすめ!今回はその魅力をガチキャンパー沖野さんに紹介してもらうね♪

ZEN Campsの焚き火ツールは、どれも優秀。 焚き火での最高のお供になりました。

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

「焚き火の跡を残さない」エコフレンドリーな焚き火台!NT Fire Standとは

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

ZEN Campsの焚き火台「NT Fire Stand」は、「自然を傷つけない」ことを第一に考えた焚き火台です。

商品名にあるNTは”No Trace(自然に跡を残さない)”という意味。

遮熱版にくわえアルミ製の遮熱シートが付属しているなど、焚き火の熱による地面へのダメージを最小限にするための配慮がなされています。

ZEN Campsは自然を守る一貫として、LNTJ(Leave No Trace Japan)という団体とパートナー契約を結んでいます。LNTJでは環境に与えるインパクトを最小限にして、アウトドアを楽しむための環境倫理プログラムを7つの原則を基に広める活動を行う団体です。特に原則5「最小限のたき火の影響」の考えを、ZEN Campsは大切にしています。

もちろん、焚き火台としての性能も抜群!焚き火も調理もこれ一台でOKです。

「NT Fire Stand」とZEN Campsの焚き火ツールで焚き火を楽しんだので、徹底レビューしていきます。

【NT Fire Stand:基本スペック】

・材料:本体(ステンレス)、収納袋(600Dポリエステル)

・サイズ:展開時(火床51.3cm×奥行き22.5cm×高さ29.0cm)、収納時(31cm×38cm)

・重量(収納時):約1300g

・付属品:フレーム・火床・遮熱板2枚・五徳2本・収納袋・遮熱シート

ZEN Campsの焚き火台「NT Fire Stand」3つの特徴

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

1年以上の開発期間を要した「NT Fire Stand」。大きな特徴は以下の3つ。

①:地面を焦がさない
②:組み立てが簡単
③:焚き火と調理を同時に楽しめる

くわしく見ていきましょう!

①:地面を焦がさない

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

火床の下の遮熱版にくわえ、アルミ製の遮熱シートが付属。

これにより、地面にほとんど焚き火の熱の影響がありません。遮熱シートの上は、周りの地面より冷たく感じるほどです。

遮熱版は灰受けにもなっており、地面を汚すことがなくキレイに後処理ができます。

②:組み立てが簡単

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」は軽量コンパクトな折りたたみ式で、組み立ても簡単です。

やり方は簡単3ステップ。わずか30秒ほどで組み立てできます。

組み立て方:①フレームを広げる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

まず、遮熱シートを敷き、その上にフレームを広げます。

遮熱シートはアルミ面が上になるようにしてください。

組み立て方:②遮熱版をはめる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

フレーム下に遮熱版をセットします。斜めにして、少したわませがら差し込むと簡単にセットできます。

2枚あるので、左右にセットしましょう。

組み立て方:③火床をフレームにはめる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

火床を広げ、真上から下ろすようにしてフレームに取り付けます。

火床の切掛けが、フレームから飛び出た部分の下にはまるように、しっかりと火床を押し込みましょう。

これで完成です。

あっという間に組み立て完了です!

③:焚き火と調理を同時に楽しめる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」は火床が広く、焚き火と調理を同時に楽しめます。

火床は幅が約51.3cmと広く、一般的な大きさの薪を置いてもスペースに余裕があります。

空いたスペースで付属の五徳を使えば、火力調整をしながら調理が可能です。

さらにオプションで五徳を追加すれば、一度にいくつもの調理器具が使用可能。五徳を置く部分は2段階になっているので、調理器具ごとに強火と弱火の調整ができます。

■ ZEN Camps 焚き火台 NT Fire Stand 五徳2本セット

「NT Fire Stand」とZEN Campsの焚き火ツールで実際に焚き火してみた

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」とZEN Campsの焚き火ツールで、焚き火をしてみました。

豪快な焚き火ができる「NT Fire Stand」には、ZEN Campsの焚き火ツールが相性抜群。

極上の焚き火が楽しめましたよ。

ここからは焚き火をして良いなと思った魅力を語っていきます。

ソロからグループまで対応するサイズ感

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」は、ソロからグループまで幅広く対応するサイズ感です。

火床が広く、一般的な35cm程度の薪ならスペースに余裕があります。

空いたスペースで調理したり、さらに薪を焚べて豪快に焚き火を楽しんだりなど、用途に合わせて使用できます。

さらに、軽量で収納がコンパクト。持ち運びにストレスがなく、ソロキャンパーにもぴったりです。

着火はZEN Campsのファイヤースターターが最適

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

早速、着火していきます。ワクワクする工程です。

ZEN Campsのファイヤースターターは、着火しやすいフェロセリウム製。ストライカーの先端はR加工されており、ロッドとのフィット感が抜群です。

六角形にシェイプされた太めのロッドは安定感があり、擦りやすく容易に着火できます。

最高の焚き火タイムがスタートです。

ファイヤースターターで作った小さな火種から、徐々に火を育てていくのが焚き火の醍醐味ですね。

■ ZEN Camps ファイヤースターター

リンク>>>ファイヤースターター使い方記事

広い火床で長く大きな薪も楽々

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

徐々に火を大きくするために、薪を焚べていきます。

「NT Fire Stand」の火床は広く、大きな薪でも切らずにそのまま使えます。せっかくなら大きな薪をそのまま使い、豪快に焚き火したいところです。

ZEN Campsの火バサミ兼トングは、大きな薪でもガッチリホールド。

しっかりとしたグリップ力と先端のギザギザで、薪を掴んだときに安心感があります。

長さ調整が無段階できるので、細かい作業でも活躍しそうです。

■ ZEN Camps 火バサミ兼トング  薪バサミ 炭バサミ トング 伸縮式 

調理しながら焚き火が可能

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

火が育ってきたら、調理を開始。

火床が広いので、片方は薪を焚べながら焚き火、もう片方は火力調整しながら調理ができます。スキレットのような重い調理器具を使っても、耐久性に問題はありません。

焚き火での調理では、耐熱グローブが必須アイテムです。ZEN Campsのキャンプ用グローブは、フィット感が抜群!

生地が分厚かったり指がブカブカしたりなどがなく、焚き火だけでなく他の作業時にも快適に使用できます。

■ ZEN Camps キャンプ アウトドア用 グローブ

高い燃焼効率で高火力を維持

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

燃焼効率がよく、薪がよく燃え高火力を維持し続けます。寒い季節に暖を取るのにも、申し分ありません。

ちょっと目を離すとあっという間に熾火になってしまうことも。そんなときは、ZEN Campsの火吹き棒で再燃焼。

唇にフィットする形状の吹き込み口と、0.1mm単位で調整された吹き出し口により、効率よく空気を送り込めます。

連結部分のパーツは見た目にも高級感があり、使い込むほど味が出る真鍮製。

「一生モノ」といえる火吹き棒です。

■ ZEN Camps 火吹き棒 ふいご 組立式 コンパクト

遮熱シートで地面へのダメージを軽減

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

火床から灰が落ちますが、遮熱版が灰受けにもなっているので問題ありません。

付属の遮熱シートにくわえZEN Campsの焚き火シートを使えば、地面へのダメージはほぼゼロ。

表面は焚き火シート特有のチクチク感がなく、素手でも安全に使用できます。

「NT Fire Stand」には、95X60cmがちょうどいいサイズです。

■ ZEN Camps 焚き火シート 

後処理も簡単

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」は後処理も簡単です。

火床に残った灰は、フレームを持ってそのまま火消し袋の中に入れます。

ZEN Campsの火消し袋は、コンパクトに収納できるため持ち運びに便利。袋の底にはマチがあり自立するので、使い勝手も問題ありません。

焚き火後に灰を放置するのは絶対にNG!ひとつは持っておきたいアイテムです。

■ ZEN Camps 火消し袋 アッシュキャリー 

コンパクト収納

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

「NT Fire Stand」には、専用の収納ケースが付いています。

中に仕切りが付いているので、パーツごとに収納可能。

遮熱シートも入り、一式をコンパクトに収納できます。

「NT Fire Stand」でちょっと気になった点

出典:ZEN Camps公式

「NT Fire Stand」で焚き火をしていて、気になった点がひとつ。

焚き火台の幅が広いため、一般的な風防では完全に風を避けらませんでした。

ZEN Campsの焚き火用陣幕「火護り」なら、焚き火台をしっかり囲み風から守ってくれるでしょう。

オプションのアルミリフレクターを使えば、熱を反射し暖房効果がアップします。

■ ZEN Camps 火護り 焚き火用陣幕

ZEN Campsアルミリフレクター

まとめ:ZEN Campsの「NT Fire Stand」でエコフレンドリーなキャンプを楽しもう!

ZEN Campsの焚き火台「NT Fire Stand」は、豪快に焚き火ができ同時に調理もできる優れものでした。

なんといっても、焚き火した場所を汚すことがなく地面もノーダメージ。思う存分焚き火楽しめます。

また、ZEN Campsの焚き火ツールは、デザイン性だけでなく細部にまでこだわった機能性が魅力です。

「NT Fire Stand」とZEN Campsの焚き火ツールなら、ワンランク上の焚き火を楽しめますよ。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事