土曜日, 6月 15, 2024
ホームALL【ZEN Camps】一生...

【ZEN Camps】一生モノの火吹き棒!使用レビューと魅力を解説

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ブラックを基調とした無骨なデザインと高い機能性を兼ね備えたアイテムが、ソロキャンパーから絶大な指示を得ているZEN Camps。なかでも、焚き火シートや火消し袋など焚き火ツールが人気です。

今回は、年間50泊以上のガチキャンパー沖野隆さんがZEN Campsの焚き火ツールのひとつ「火吹き棒」を紹介します。

「一生モノ」といえるZEN Campsの火吹き棒。その魅力にせまります。

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプにおすすめな火吹き棒ってありますか?どれ使っても一緒です?

まかせて!ZEN Campsさんから発売されている「火吹き棒」がおすすめ!今回はその魅力をガチキャンパー沖野さんに紹介してもらうね♪

火吹き棒なんて、どれを使っても同じ!なんて思っていましたが、そんなことはありませんでした。常識がくつがえりますよ!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

感動!これは一生モノの火吹き棒

感動!これは一生モノの火吹き棒!
Photo by 沖野隆(Arizineライター)

火起こしから燃焼維持まで、焚き火の必須アイテムである火吹き棒。

「空気さえ送り込めればどれを使っても同じ」と思いがちですが、そんなことはありません。効率良く空気を送れたり絶妙な長さだったりすることで、より快適に焚き火を楽しめます。

今回は、焚き火ツールが人気のキャンプギアブランド「ZEN Camps」の、火吹き棒を紹介。

ZEN Campsの火吹き棒は、一生モノと確信!出会えて感動しました。

実際に焚き火で使用したので、その魅力をレビューしていきます。

【火吹き棒:基本スペック】

・材料:真鍮、アルミパイプ(アルマイト加工済み)

・サイズ:組み立て時(58.7cm)、収納時(35cm)

・重量205g

ZEN Camps 火吹き棒 ふいご 組立式 コンパクト

ここがすごい!ZEN Campsの火吹き棒5つの魅力

出典:ZEN Camps公式HP

ZEN Campsの火吹き棒は、よくあるステンレス製の火吹き棒とはひと味もふた味も違います。

一生モノと感じた魅力を5つピックアップしてみました。

①:唇にフィットする吹き込み口
②:0.1mm単位で調整された先端
③:使い込むほど味が出る真鍮性のパーツ
④:分解式でお手入れ簡単
⑤:高級感あふれる本革ストラップ付き

デザイン性や機能性だけではない、その魅力を紹介します。

「毎回キャンプに持っていきたくなる」、そんな風に思えるアイテムです。

①:唇にフィットする吹き込み口

①:唇にフィットする吹き込み口
出典:ZEN Camps公式HP

口元が広く深い設計になっているのでスムーズに息を吹き込めます。

吹き込み口がどんな人でも唇にフィットする形状で、空気が漏れにくく無駄がありません。

人体にあわせて計算された吹き込み口と感じました。

②:0.1mm単位で調整された先端

②:0.1mm単位で調整された先端
出典:ZEN Camps公式HP

0.1mm単位で調整された先端により、送り込む空気量の調節がしやすくなっています。

火起こし・燃焼維持・燃焼促進、焚き火のあらゆる場面において、送り込む空気量の微調整が可能です。

また、先端が細くなっているため、ピンポイントに狙った場所へ空気を送り込めます。

③:使い込むほど味が出る真鍮性のパーツ

出典:ZEN Camps公式HP

ZEN Campsの火吹き棒は、真鍮とアルミを使用。

パーツ部分は使い込むほど味がでる真鍮製、アルミパイプは傷つきにくく耐食性に優れたアルマイト加工が施されています。

真鍮とアルミの組み合わせによって、高級感がありながらも軽量な仕上がりに。収納袋も付いて、持ち運びも便利です。

④:分解式でお手入れ簡単

出典:ZEN Camps公式HP

ZEN Campsの火吹き棒は、パーツごとに分解でき掃除やメンテナンスが簡単にできます。

「一生モノ」として使うには、メンテナンスが必要不可欠です。

特に、吹き込み口は清潔に保っておきたいですね。

⑤:高級感あふれる本革ストラップ付き

出典:ZEN Camps公式HP

本革のストラップが付属していて、さらに高級感を演出しています。

色々な場所にかけられ、見失うことがありません。

【ZEN Camps】火吹き棒の使用レビュー

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

実際に焚き火で、ZEN Campsの火吹き棒を使ってみたのでレビューします。

ZEN Campsには優れた焚き火ツールがたくさんありますが、火吹き棒も例外ではありませんでした。

前述した魅力を実感できましたよ。

ちなみに焚き火台も環境に優しく地面を守るZEN Campsの「NT Fire Stand」を使用。気になる方はZEN Campsの「焚き火の跡を残さない」焚き火台「NT Fire Stand」をレビュー!をあわせて読んでみてくださいね!

吹き込み口が広く、息を送り込みやすい

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

作りにこだわっているだけあり、吹き込み口が広く、息が吹き込みやすいです。

咥えなくて良いのも、GOODなポイントだと感じました。

なぜなら咥えるタイプの火吹き棒は、吹き込み部分に砂や灰が付いてることがあり、咥えると口の中がジャリジャリしたりすることがあります。

その点、ZEN Campsの火吹き棒は心配ありません。100均のものとは比べ物になりませんね!

さりげなく入っているワンポイントのロゴも、おしゃれです。

ピンポイントで空気を送り込める

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

先端が細く、狙った場所にピンポイントで空気を送り込めます。

調理するときの細かい火力調整もしやすかったです

また、強めに息を吹けば、熾火の状態でもあっという間に再燃焼しました。

0.1mm単位で調整された先端へのこだわり、ここにきて実感です!

延長キットで超ロングバージョンに拡張できる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

オプションの延長キットを使えば、超ロングバージョンに。

通常の58.7cmから87.1cmまで延長できます。

椅子の背もたれに寄りかかったままでも空気を送り込め、火の粉を浴びることはほぼありません。

のんびり焚き火だけを楽しみたいときにおすすめですよ。

ZEN Camps 火吹き棒 延長キット

本革ストラップで色々な場所に掛けられる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

ストラップ付きなので、ハンギングラックなどに掛けておけます。

火吹き棒は、置き場所に困り見失いがちですが、これなら安心。

高級感がある本革なのもGOODです。

真鍮と同様に本革も使い込むほど味が出そうでワクワクします!

見た目に高級感があり、所有欲も満たしてくれる

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

見た目に高級感があり、所有欲も満たしてくれます。

高級感がある真鍮パーツにくわえ、本革のストラップ。

重厚感がある見た目にもかかわらず、持ちやすい重さ。

眺めているだけでも、楽しめます。

気になった点

Photo by 沖野隆(Arizineライター)

使ってみて気になった点がひとつ。

伸縮性のある火吹き棒にくらべると、その長さからややかさばる所でしょうか。

ただ、収納袋が付属してるので、持ち運びにストレスは感じません。

袋の中に仕切りが付いているのでパーツごとに分けられ、パーツ同士が擦れて傷つきにくくなっています。

細部にまで気がきいていますね。

まとめ:火吹き棒で迷ってるなら、ZEN Campsの火吹き棒で決まり!

今回は、ZEN Campsの火吹き棒を紹介しました。

こだわりの焚き火ツールを使うと、焚き火が快適になるだけでなく楽しみになります。

ZEN Campsの火吹き棒は、見た目のかっこよさにくわえ確かな機能性。使い込むほどに味が出て、一生持っていたくなる火吹き棒です。

「火吹き棒なんてどれも同じ」と思っている方は、ぜひ一度試してみてください。その違いに驚きますよ!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事