日曜日, 4月 14, 2024
ホームALLOD缶のカバーおすすめ18...

OD缶のカバーおすすめ18選〜素材や自作方法も紹介!お洒落なカバーで包んでキャンプサイトを華やかに

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ガスランタンやゴトク、ガスバーナーなどを使うときに使用するOD缶。

カバーなしでもアウトドア感があって個人的には好きですが、最近はOD缶にカバーを被せて自分のキャンプサイトにあったデザインに変えるのが流行りです。

カバー自体もレザーから毛糸、布、ゴム、金属、木製などさまざまな素材からできたものがあり、選び甲斐のあるアイテムです。

今回はOD缶のカバーの選び方やおすすめの人気カバーをキャンプ歴10年以上のHITOMI夫妻が紹介していきます♪

いますぐおすすめのOD缶カバーを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

OD缶のカバーを探しているんですが、種類や選び方、おすすめモデルなど教えてください!

まかせて!OD缶のカバーはカスタマイズする人も多く、色々なブランドからさまざまな素材・デザインのものがでているよ♪見た目重視の役割が主だから、自分の気に入ったデザインのものを選ぶといいよ!今回は厳選した人気おすすめモデルを紹介していくね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

カバーを変えるだけで雰囲気がかわるOD缶カバーの魅力

Photo by 有野実苑 オリジナルガスカートリッジカバー「NUKUMORI」

キャンプでランプやコンロを使うときに活躍するOD缶。

最近、オシャレでこだわりあるOD缶カバーをつかうキャンパーさんをよく見かけるようになりました。

カバーをつける一番のメリットは、缶特有の無機質さを隠し、ギアに統一感をもたせること。

小さい部分ですが、キャンプサイトが一気にオシャレになります!

出典:Amazon

また、カバーの素材によっては衝撃から守ってくれたり、寒い季節は冷たい缶を直接持った時のヒヤッとする感じを軽減させたりすることもできますね。

OD缶自体を保温することで、低気温環境での燃焼の弱まりを防ぐともいわれていますが、そこまで大きな効果は期待できないという意見もあるようです。

使用する際、もちろんむき出しの状態で使っても問題ありませんが、下の写真のように簡単なカバーをするだけでも見た目がすっきりするので、キャンプサイトの雰囲気が格段に上がります♪

Photo by HITOMI(Arizineライター)

カバーといっても、素材や種類がたくさんあり、ハンドメイドのものから100円均一、大手アウトドアブランドのものまで様々です。

今回は、種類が多くて購入時に迷ってしまう方のために、オススメのOD缶カバーを紹介していきます。

OD缶のカバーおすすめモデル13選!種類ごとに紹介

有野実苑キャンパー @original_craft_k さんの素敵な投稿より

種類がたくさんあるといいましたが、大まかな素材だけでも革、布、金属、木、ゴム、毛糸などと様々です。

素材によって特性も変わってくるため、目的や季節、ご自身のキャンプスタイルに合ったものをチョイスすると失敗がありません。

また、OD缶をすでに使ってる方はご存知かと思いますが、基本的にサイズが大500、中250、小110、と3種類あります。

メーカーや、カバーの販売元によっては、230や470サイズなど表記が微妙に異なることがあるので、購入の際はよく確認するようにしましょう。

革(レザー)製

Photo by HITOMI(Arizineライター)

革カバーの特徴は、使い込むにつれ色合いに味が出て、形も缶にどんどん馴染んでいくところです。

シンプルな見た目と温かみのある質感は、どんなキャンプスタイル・季節にもマッチするので長く愛用できるアイテムになること間違いなし!

天然皮革のモノは、オシャレで作りも丈夫なので大人気の素材ではありますが、水に弱くシミや色落ちしやすかったりと、取り扱いに注意する必要があります。

■VORCOOL ガスプロパンブタンタンクカバー

VORCOOL ガスプロパンブタンタンクカバーヴィンテージレトロキャニスターカバー屋外キャンプタンクプロテクター防水耐候性キャニスターカバー
VORCOOL

■LAGERFEUER OD缶 ガス缶カバー PUレザー

■Roost Outdoors 【本革で製作】【手の込んだダブルステッチ】 OD缶 ガス缶カバー

■What will be will be 本革レザー OD缶 ガス缶 カバー (中 230 / 250サイズ) ガスランタン

■DUCKNOT OD缶レザーカバー OD缶カバー 本革 日本製

布製

出典:Amazon

布製は形やカラーバリエーションだけをみても特に種類が豊富。

布といっても、デニム調など見た目のオシャレさを追求したものや防水加工を施したもの、保温効果重視に作られた製品まで特性は様々です。

他の素材より軽量で柔らかいため、外した時にコンパクトに折り畳め、物によっては汚れた時に水洗いできるところが扱いやすくてGood!

■asobito(アソビト) OD缶ケース 各色 巾着 収納 ガス缶

■Oregonian Camper オレゴニアンキャンパー ガス缶 保護 カバー

■KEIBIKAガス缶カバー 

■LAGERFEUER OD缶カバー 迷彩

金属製

出典:Amazon

高級感溢れる雰囲気や、レトロ調を目指したい方にオススメなのが金属製のカバー。金属もレザー同様、使い込むごとに味が出て、色合いの変化を楽しめます。

触った時の温かさや、缶自体の保温効果は期待できませんが、シックでおしゃれなデザインが多く、雰囲気重視で利用されたいキャンパーさんにおすすめしたい素材です。

金属の中でも、耐久性が高いステンレス製や今人気の真鍮製、銅やアルミなど色々あるのでお気に入りを見つけてみましょう。

■Thous Winds ガスタンク保護カバー od缶 ODガスタンクカバー

■Jeebel Camp OD缶カバー ガスカートリッジカバー

■テンマクデザイン cartridge-jacket 250

木製

Photo by 有野実苑 オリジナルガスカートリッジカバー「UZUKURI」

木は熱伝導率が小さい(断熱性が高い)素材なので、木製カバーは保温性に優れているといわれています。

衝撃に強く、手触りのよい木のぬくもりが、キャンプ場の自然ともよく合うので、何を買えばいいか迷っている方におすすめできる種類です。

シンプルでありながら、天然木の木目が一つ一つ異なるため、唯一無二の存在を求めている方からも選ばれているタイプです。

有野実苑でも販売している、「NUKUMORI」や「UZUKURI」もおすすめ!

■Mt.Gut 木製OD缶カバー

■TARAS BOULBA(タラスブルバ) 木製 ガスカートリッジカバー キャンプ用品 キャンピングアクセサリー ナチュラル

TARAS BOULBA(タラスブルバ) 木製 ガスカートリッジカバー キャンプ用品 キャンピングアクセサリー ナチュラル TB-S19-015-087 NAT

ゴム製

出典:Yahoo!

合成ゴムのひとつ、ネオプレン素材は強度を保ちながら、クッション性・収縮性・耐熱性・耐寒性をもち合わせタフな環境下でもマルチに対応できる、まさにアウトドアらしい素材といえます。

大手アウトドアブランドも注目し、合成ゴムを使用したカバーがいろいろ販売されているので、お使いのキャンプギアと同じメーカーで合わせてみるのもスタイリッシュでカッコいいですね。

■[ザノースフェイス] OD Can Cover 500 ODカンカバー500 ポリエステル

■モンベル(mont-bell) プロテクター カートリッジチューブプロテクター250 ブラック

毛糸製

出典:Amazon

モコモコとした手触りが寒い冬にぴったりの毛糸製カバー。

編んで作られているので、単色やカラフルなもの、柄モノなどと個性を出しやすい素材です。

製品によっては手洗いできるものもありますが、縮んでしまう場合もあるので注意して扱いしょう。

■CHUMS チャムス ネパールガスキャニスターカバー レインボウ

■ゆるキャン△ 五泉ニット226 OD缶カバー リンVer

名入れやDIYで自作してオリジナリティをだすのもアリ!

Photo by HITOMI(Arizineライター) ライター自作のOD缶カバー

「他の人と被りたくない」「唯一無二のカバーがほしい」

そんなキャンパーさんは、ご自身で手作りするのはいかがでしょうか?

不器用だから自作なんて無理……という方は全てを作らず、既製のものに少し手を加えるだけでもオリジナル感が一気に増します!

例えば、布製のモノにご自身で刺繍をしたりワッペンを貼ったり、金属製カバーにはステッカーを貼るだけでも別物に見えますよ。

出典:Laramie
出典:Laramie

また、レザー製のOD缶カバーに名前などを刻印してくれるサービスもあるので、自分使いはもちろん、キャンプ仲間へのプレゼントとしてオーダーしても喜ばれると思います♪

手先が器用な方は、1からカバー作りにトライしてみてください!

かぎ編みで好きな色を取り入れて編むのもよし、好きな柄の布を縫って自作してみるのもステキですね。

筆者もかぎ編みにハマり、作ってみました!(上の写真)

また最近では、Youtubeで検索をすると、道具を使わずとも麻紐や100均でも購入できるペーパークラフトバンドを使ったOD缶カバーの作り方動画もたくさん。

簡単にオシャレなカバーを自作することができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:OD缶カバーを使ってキャンプサイトに自分の味をだそう

Photo by HITOMI(Arizineライター)

いかがでしたでしょうか。

様々な素材、デザインから好みのモノを選べるOD缶カバー。

お手持ちの他のキャンプギアカラーに合わせてみたり、季節に応じて素材を変えて楽しむのもステキですよね。

OD缶は、必ずカバーしなければいけないモノではありませんが、手軽にキャンプ全体の雰囲気をオシャレにさせることができる重要なアイテムです。

今まで使っていたランプやコンロが別物に見えるかも!?

ぜひお気に入りのカバーを見つけて、オシャレキャンプを楽しんでみてくださいね!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事