土曜日, 5月 18, 2024
ホームALLベランピング完全ガイド!お...

ベランピング完全ガイド!おしゃれなおうちキャンプの楽しみ方

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】ベランピングをいう言葉を聞いたことはありますか?

ベランダとキャンプをあわせた新しいキャンプスタイルで、いつでも気軽におうちでキャンプができることからキャンプ初心者からベテランキャンパーまで楽しめます。

また、居住空間のすぐそばでできることから、荷物の持ち運びに上限がなく細部までこだわって楽しめるので自分だけの空間が作れるのも人気の理由。

今回はベランピングの魅力と楽しみ方、おすすめアイテムをキャンプ歴10年以上のベテランキャンパーHITOMIさんが紹介していきます。

いますぐおすすめのベランピングアイテムを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

ベランピングってどんな家でもできますか?ベランダにあまりスペースがない場合でも可能ですか?

ベランピングにはルールがないから、それぞれのスタイルにあわせて楽しめるのが魅力♪一軒家で庭がある人は庭のスペースを使ってもいいし、ベランダでも物が掛けられるついたてをつけたり、工夫をすればスペースがなくても十分できるよ!

キャンプといっても、キャンプにいる時の雰囲気を味わうのが目的です。コーヒーを淹れたりキャンプ飯を作ってベランダで密かに楽しむだけでもOK!今回はそんなベランピングの魅力を紹介していきますね♪

Hitomiさんちのベランピングすっごく素敵!私も真似しちゃいます!!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

べランピング(Veramping)とは?楽しみ方はさまざま

ベランピング
Photo by HITOMI(Arizineライター)

お手持ちのキャンプ道具をつかい、自宅のベランダにアウトドア空間を作り上げるベランピング(Veramping)をご存じでしょうか。

ベランピングとは、もともと「ベランダ」「グラマラス(豪華)」「キャンピング」という3つの単語をかけ合わせた造語です。

コロナ禍も相まってなかなか外出できないキャンプ好きの間で、身近な場所で気軽にアウトドア気分が味わえると一気に話題になったおうちでの過ごし方のことをいいます。

名前だけみると、ベランダで豪華なキャンプを……という意味になりますが、ベランピングで必ずやらなければいけない決まったルールなどはありません。

仲間とキャンプ飯を楽しむ
夫婦で朝からデッキにでてコーヒーを飲む
■ ベランダにテントを張り本格的に一夜を過ごす

とその楽しみ方もさまざま!

遠出や重い荷物運搬も不要、また時間に追われることがないため、特にキャンプ初心者さんや小さなお子さんがいるファミリーにピッタリの新しいアウトドアスタイルです!

自宅にあるもので気軽にはじめられるので、費用をあまりかけずに楽しめるのも魅力です。

今回はそんなベランピングのアイディアや注意点、ベランダを素敵にアップグレードさせるのにオススメなアイテムなどを紹介していきます。

キャンプ道具一式使った本格キャンプをベランダで過ごそう

ベランピング
Photo by HITOMI(Arizineライター)

自宅のベランダやデッキで行うので、急な悪天候にもすぐに対応できることから人気のキャンプスタイルとなったベランピング。

雨天キャンプもその楽しみ方はありますが、慣れるまでは滞在中ギアを濡らさないように気をつけたり、撤退時の片付けや、帰宅してからのメンテナンスなどといろいろ負担が大きいですよね。

雨予報をみてからキャンプ自体を取りやめた経験がある方も多いのではないでしょうか。 

その点ベランピングなら、上の階がある場合は屋根代わりとなり、デッキでもパラソルやタープを張るだけで多少の雨なら防げるので、急な天候の変化にも慌てず、日程変更をする必要もありません。

寒かったり、雨が強くなった場合は室内にもどるだけ!

片付けも楽ちんで、部屋でベランピングの続きを楽しめる柔軟さが人気の秘訣です。

キャンプ道具一式をすでに持っている方は、本格的なキャンプをすぐにベランダではじめることができます。

テーブルや椅子だけでなく、調理器具やテントなどが置ければ本格的なアウトドアシーンを再現できますね。

ベランピング

また、室内に隣接しているので延長コードを使えば電源をすぐに利用可能なところもとても便利。

火が使えないベランダでも電源が手軽に利用できればホットプレートでの調理も可能ですし、冬には電気毛布が使えたりと快適にアウトドア気分を味わうことができます。

寝泊まりをしなくてもOK!椅子に座ってリラックスしながら非日常感を楽しんで

ベランピング
Photo by HITOMI(Arizineライター)

ベランピングは、自宅で好きな時間に好きなスタイルで行えるため、厳格な定義はありません。

友人を招きテントを張り、みんなで楽しみながら食事や景色を楽しむのもいいですが、充実したベランピングスペースを確保するには、ある程度の広さのベランダやデッキが必要になります。

マンションによってはそれほどのスペースがない場合がほとんどですよね。

そんなときは小さな椅子とテーブル、またはレジャーシートを敷いてコーヒーを淹れるだけでも十分癒しのベランピング空間になります!

私はよくベランダでコーヒーを淹れ、購入してきたボリューミーなサンドイッチとともに朝食ベランピングを楽しんでいます!

ベランピング

自宅で調理したアウトドア風ご飯をベランダにだし、外の風を感じながらビールやコーヒー片手に食べるだけでも非日常を味わえますよ。

インテリアにこだわって自分だけのアウトドア空間に

ベランピング
Photo by HITOMI(Arizineライター)

普通のキャンプでは車の積載に限りがあるので、なんでもかんでも持っていくわけにはいきません。

その点ベランピングなら、ソファや天幕などの大物ギアやお気に入りの植物・インテリアなど、普段キャンプに持っていけないようなアイテムを自由に持ち込め、こだわり空間をつくることができちゃいます!

リビングのレイアウトを決めるように、はじめに椅子やテーブルを、そしてラグやシートを敷き、棚にはインテリアや植物、ランタンを配置するとバランスが取れ雰囲気がグッと上がった空間のできあがり。

はじめから高価なものを揃えなくても、自宅にあるちょっとしたインテリアを使うでOK!最近では100円均一やネット、ホームセンターでもリーズナブルでオシャレなアイテムを簡単にゲットすることができるので、お金をそこまでかけずにキャンプの雰囲気を演出することができます。

簡単に作れるお手製のガーランドや、連なっているストリングライトを飾るのもオススメです。

夕方から夜にかけて、どんな場所でも一気に非現実的な雰囲気を醸しだしてくれる優秀アイテムですよ♪

迷ったら先輩キャンパーのアイディアを参考にしよう!

ベランピング

ベランピングのレイアウトや空間の使い方は無限大!

インスタグラムやYoutubeなどで「#ベランピング」と検索すると、先輩キャンパーのベランピングの様子をチェックすることができます。

自分好みのベランピング装飾の投稿を見つけたり、自分のベランダの間取りと似ているレイアウトを探したりして、そのアイディアを積極的に真似して取り入れてみましょう♪

例えば一軒家でのベランピング投稿では、ソファなどの大物家具を設置し、BBQセットに加え、ブランコやプールなどの子供が喜ぶアイテムを取り入れた、広さを活かしたアイディアが多くみられます。

ベランピング

一方、マンションやアパートのベランピングは空間が狭いことが多く、置くものも限られます。

そのため、ローテーブルと小さめな椅子を使うことで空間を広く見せたり、高層階ならではの開放的な景色を楽しみながら食事をしたりと皆さんさまざま工夫をされているようです。

これがあれば外れない!ベランピングをするときのコツ

ベランピング
Photo by HITOMI(Arizineライター)

無造作にキャンプギアを配置するだけではもったいない!

理想のベランピングスペースを作る上で、簡単に実践できるコツを紹介します。

自然のキャンプっぽさを自宅に再現

ベランピング

質素な床には人工芝やウッドスタイルのフロアを敷きつめたり、観葉植物(フェイクでもOK)をインテリアとして取り入れ、緑を多めにプラスするだけでも自然の風合いを表現することができます。

屋根がないベランダは、サンシェードや防水加工の天幕やタープを使うだけで一気にビジュアルがキャンプ風に!

気候の変化にも慌てず対応でき、夏の直射日光除けやご近所からの目線避けにも役立つので一石二鳥です。

くつろぎたい空間作りをイメージする

ベランピング

キャンプといってもそのテイストはさまざま。

アウトドア感満載のワイルドな空間が好きな人もいれば、リゾート感を求める人、可愛らしいカフェ風アイテムで揃えたい方もいるでしょう。

それぞれのイメージに合った小物アイテムで統一するようにすると、より理想の空間に近づきます。

ベランダ空間を広く見せる

ベランピング

狭いスペースのベランダの場合は、背の高いアイテムで視線を遮らないようなレイアウトを意識するとより広く感じることも。

また使うギアも、黒よりもより明るい色のアイテムのほうが圧迫感を感じにくく、解放感のある空間を演出しやすいのでおすすめです。

【夜の雰囲気作り】

昼とはうって変わり、日が落ちてからのオシャレな空間作りには明かりが欠かせません。

ほのかな明るさで辺りを照らす暖色系のランタンや電気を複数用意できればキャンプでくつろいでいるかような雰囲気が簡単に再現できます。

ベランピング時の注意点!トラブルにならないためにも守るべきこと

ベランピング

ベランダでキャンプを再現するからといって、大自然の中でおこなうキャンプと全く同じことをしてしまうとトラブルの原因に!

特にマンション・アパートに住んでいる方は事前に管理規約の確認をするようにしましょう。

分からない場合は管理会社や大家さんへの確認を!

知らない方も多いですが、多くの集合住宅のベランダは専有部ではなく、使用権が認められた「共有部分」にあたるケースがほとんどです。

そのため、個人の自由につかっていいというわけではなく、マンションの管理規約を厳守したうえでの使用に限られます。

例えば消防法により、避難器具の使用を妨げるような場所に物をおくことが禁止されていたり、火気の使用や、景観を損ねるベランダアレンジ、物件によってはベランピング自体を禁止しているところもあるため要注意。

周辺住民へ迷惑をかけないよう、規約ルールにしっかりと目を通し、基本的なマナーを守った上でベランピングを楽しむようにしましょう。

煙が出るものは気をつけて扱おう

ベランピング
出典:PhotoAC

大前提として、前述した火気厳禁のルールがあるような集合住宅(マンションやアパート)のベランダでは、煙が上がるような調理は絶対にやめましょう!

また煙と同様に、気を付けてほしいのが食べ物の「ニオイ」です。

調理をキッチンなどの屋内で行ってからベランダで食べる場合でも、料理によっては意外とニオイがでるもの。

自分たちにとってはどんなに美味しそうな料理の香りであっても、隣近所の人によってはストレスになるかもしれません。

炭や薪を使う調理方法は控えたほうがいいね!

もちろん、一軒家の場合も周りへの配慮は必要になります。

特に炭火を使ったBBQなどの調理は、炭臭さが洗濯物につきやすく、隣人とのトラブル元になりかねません。

お隣との距離が近い場合は時間を配慮したり、あらかじめお隣さんへ一声掛け許可をえてからベランピングをはじめるようにしましょう。

焚き火などの激しい火の出るものは控えよう

キャンプの醍醐味といえば焚き火ですが、集合住宅のベランダでの火を燃やす行為はほぼ100%禁止されているので、絶対にやめましょう

また、地方の広い敷地を所有する一軒家のベランダやバルコニーで、焚き火を自己責任でおこなうのであれば話は別です。しかし、一軒家でもお隣が近いケースでは、万一火が燃え移ってしまった場合、損害賠償のような大きなトラブルに発展してしまうことも考えられるため控えるようにしましょう。

出典:Amazon

どうしても焚き火の雰囲気を味わいたい方向けに、LEDライトを用いた焚き火風アイテムもあります。電気で炎の揺らめきを感じることができるので、インテリアの一つとして取り入れてみるのもいいでしょう。

騒音注意!音楽を大音量で流すのはNG

Photo by HITOMI(Arizineライター)

マンションやアパートは、部屋が隣り合っているので生活音でさえ聞こえてしまうケースも。

ましてやベランピングは外でおこなうため、近隣の迷惑になる大音量の音楽は慎んでベランピングを楽しむようにしましょう。

周囲に住宅が多い一軒家の場合も同様に、騒音への配慮は必要です。

また音楽だけでなく、盛り上がって友人と大声で騒いだり、深夜まで外で話し込むのもNGですよ。

騒音に関しては、基本的なキャンプ場のルールと同じ!周りへの気遣いを忘れないようにしよう。

2階以上は物を落とさないように気をつける

ベランピングの装飾に力を入れすぎるあまり、ベランダの手すり部分やヘリに植物を飾ったり、ついつい飲み物のカップや携帯などを置いてしまうケースが見受けられます。

しかし、2階以上のベランダの場合、下に物が落ちるととても危険なので絶対にやめましょう。

急な突風で物が飛ばされる可能性もあるので、ベランダのヘリ近くに物を置くのは避け、飛ばされやすい紙皿や紙コップなどの軽いアイテムは使わないようにしましょう。

Screenshot

また、小さなお子さんが自らベランダによじ登り、落下してしまう悲しい事故が頻発しています。

レイアウトの際に踏み台となるような台や椅子、ソファなどは柵側に置かないようにすると同時に、必ず大人が目を離さないようにしましょう。

また、ベランピングが終わったらギアを放置せず、すぐに片づけるのも事故を未然に防ぐことへつながります。

ベランピングにおすすめアイテム!快適に過ごせる空間を作ろう

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ここからは、オシャレで快適なベランピング空間を作るうえでのおすすめグッズを紹介していきます。

購入する場合は、実際のキャンプでも使えるような本格的なギアを選べば使いまわせるので一石二鳥!初心者の方は必見です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

テント

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ある程度のスペースがあるベランダの場合は、テントを配置したベランピングスタイルにすると一気に本格的な空間に。

食後にゴロゴロしたり、お子さんの遊び場として利用できたりといろいろな用途で楽しめますよ♪

普段のキャンプとは状況が異なり、ペグが打てなかったり広さに制限があるので、設置するのが簡単な自立するサンシェードテントやポップアップテントがおすすめです!

ウッドフロア・植物

よく見るベランダは、打ちっぱなしのコンクリートや防滑性ビニル素材などの無機質な床が多いため、ウッドフロアを敷きつめたり、植物を飾ってグリーンをプラスすることによって、よりアウトドア気分を高めた空間づくりができます。

本物の植物の手入れが苦手という方はフェイクグリーンでOK!

手ごろな価格で手に入り、季節に合わせてアレンジもしやすいのでベランピング初心者の方も挑戦しやすい装飾です。

フェイクグリーン 光触媒 造花 人工 観葉植物 インテリア グリーン 造花ドットコム「ビバーナム・ティヌス 2本立 高さ80cm 幅40cm 奥行35cm」【白丸ポットとヤシの繊維付】※鉢は取り外し不可 屋内 リビング オフィス 60031
プレミアム光触媒フェイクグリーン 造花ドットコム zouka.com

テーブル・チェア

スペースがとれる一軒家の場合は、みんなで囲めるタイプの大きめなテーブルとアウトドアチェアをおけますが、マンションやアパートでは、小さめのローテーブルとローチェアをつかうのがスペースを広くみせるためのコツです!

木製のもので温かみを出したり、アイアン調のギアでスタイリッシュにしたりと自分好みのアイテムを探してみましょう。

ハンモック

設置可能なら、ハンモックを置くとよりオシャレに、また非日常感を演出してくれることまちがいなし!

使用後は実際のキャンプや自宅室内でも使用可能なので、より特別感をだしたいベランピングにオススメです。

スペースをとるから難しいけどハンモックを諦められないという方には、椅子だけどハンモックのように揺れるハンモックチェアという商品も人気ですよ♪

ランタン

キャンプの必需品でもあるランタン。

炎の揺らめきを見ているだけでも癒されますよね♪

ベランピングでも、昼と夜のムードの違った空間作りにはなくてはならない存在です。

安全面を考えるとLEDランタンがオススメ。

ご自身の物件のルールに沿ったアイテムをみつけて、癒しの空間を演出してみましょう。

サンシェード

上の階があるベランダの場合は必要ありませんが、屋根のないデッキやテラスなどでのベランピングは日差しをさえぎるサンシェードがあると快適に過ごすことができます。

日よけ以外にも、プライバシーを守るための目隠しとしてつかったり、突然の雨にも対応できたりとその用途もさまざま。

ベランピングアレンジのアクセントにもなって、写真映えもするので、自分の好みにあったサンシェードやパラソルを選んでみてくださいね。

レジャーシート

すでに持っている人も多いであろうレジャーシートは、ぜひベランピングで活用したいアイテムの1つ。

テーブル・椅子がない場合は、ピクニックのようにレジャーシートの上で食事を楽しむのもよし、大判の少し厚みのあるシートはカーペット代わりに敷くことで全体の雰囲気をグッと上げることができます!

まとめ:キャンプをより身近に!ベランピングでいつでもキャンプが楽しめる

Photo by HITOMI(Arizineライター)

自分好みのインテリアで空間をコーディネートでき、友人と食事を楽しんだり、1人コーヒー片手に読書をしたりとその使い方も自由自在なベランピング!

自宅にいながら気軽にアウトドア気分を味わえるので、仕事が忙しい方やお子さんが小さくてなかなかキャンプにいけない方に最適です。

ちょっとしたスペースでも簡単に癒し空間を作ることができるので、自分のアウトドアスタイルを取り入れたベランピング、ぜひ楽しんでみてくださいね!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

- Advertisment -
Google search engine

最新の記事