金曜日, 3月 1, 2024
ホームALLサコッシュ人気おすすめ14...

サコッシュ人気おすすめ14選!魅力や機能性、選び方など徹底解説

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】サコッシュは、性別を問わず使える手軽に荷物を持ち運ぶことができるバッグの種類です。スマートフォンや財布、ボトルなど必要最低限のものを収納し、旅行やアウトドア、散歩などの街歩きを含めたあらゆるシーンで活躍しますよ!

サコッシュは、さまざまなアウトドアブランドやアパレルブランドから発売されていて、自分の気に入ったデザインのものをファッションにとりいれることも可能です。

今回はサコッシュの魅力と選び方、おすすめ14選をベテランおしゃれキャンパーHITOMIさんが紹介していきます。

いますぐおすすめのサコッシュを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

キャンプに行く時に、貴重品や身の回りのものをいれておくおしゃれで機能的なカバンが欲しいんですが、おすすめのものはありますか?

まかせて♪そんな君にはサコッシュがおすすめ!シンプルで無骨なものから、デザイン性がありユニークでお洒落なものまであるから、選ぶものによって味がでるよね!今回はキャンプ歴10年以上のベテランおしゃれキャンパーHITOMIさんにサコッシュの選び方や魅力について聞いてみたよ♪

私も愛用中のサコッシュは、アウトドアでも普段使いにももってこいのおしゃれアイテムです。今回は、サコッシュの魅力やおすすめサコッシュを紹介していきますね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

サコッシュとは?アウトドアや街歩きにぴったりのバッグ

Photo by HITOMI(Arizineライター)

最近フェスやキャンプ場、街中でも見かけることが多くなったサコッシュ。

コンパクトだけどオシャレで使い勝手のいいサコッシュが今とても人気なんです!

そんな『サコッシュ』、そもそもどんなバッグなのか、何が便利でどんな時に使うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

サコッシュ(フランス語:Sacoche)とは袋やカバンのことを意味します。

もともと自転車のロードレースで、水分補給のドリンクや補助食などを、止まることなく受け取るためのバッグとして使われていました。

競技の邪魔にならないよう作りはとてもシンプルで、肩から斜め掛けにするとちょうど胸下あたりにくる袋が、中身の取り出しに適しているのが特徴です。

その便利さ、使いやすさに目を付けたファッション・アウトドア業界が、機能性・デザイン性を高めたバッグとして一般向けに販売。今ではキャンプや音楽フェス、登山や釣りなどのアウトドアの場のみならず、日常のファッションとしても多く取り入れられるようになりました。

サコッシュは薄さが魅力的!

Photo by HITOMI(Arizineライター)

そんなサコッシュの魅力はなんといっても薄さ!

コンパクトで軽く、肩から斜め掛けできるようストラップがついており、サブバッグとして必要最低限の物が入れられる、いわば大きめなポケットのような存在の薄型バッグです。

体に沿うように掛けられるので、両手を使っても全く干渉せず、とても動きやすいのが人気の理由。

また、その薄さからサコッシュの上にアウターを羽織っても外見にあまり影響しないので、突然の雨でも荷物を濡らすことなくレインウエアを着ることができます。

バッグの口がフルオープンやファスナーのもの、アウトドア用に素材が防水性の高いものや、フォーマルな装いにも使えるレザー調のものなどその種類もさまざま。

各ブランドからそれぞれ特色をもった多機能なサコッシュが販売されているので、サコッシュの選び方のポイントやオススメの商品についても詳しくみていきましょう!

ショルダーバッグと何が違うの?

Photo by HITOMI(Arizineライター)

「肩から斜めにかけるバッグ」と聞いてパッと頭に浮かぶのはショルダーバッグではないでしょうか。

ショルダーバッグとは、その名の通り肩からかける形のバッグ全般のことを指します。

となると、サコッシュもショルダーバッグの一派のような位置づけになりますが……あえてサコッシュとショルダーバッグの違いをあげるのであれば、それは『マチの厚さ』になるでしょう。

ショルダーバッグの中で、軽くてコンパクト、マチがほとんどない薄い形のものが一般的にサコッシュと呼ばれているイメージです。

とはいえ、この2つに明確な違いはないため、私は「マチが厚めの斜めかけカバンがショルダーバッグ」「軽くて薄い斜めかけバッグがサコッシュ」程度の認識でいます

定義はとてもあいまいだから、メーカーによっては、かなり厚みのあるバッグをサコッシュとして販売している場合もあるみたいだよ。

サコッシュの選び方

Photo by HITOMI(Arizineライター)

1度使ったら手放せなくなる、使い勝手抜群なサコッシュ。

日常使いからビジネスシーン、アウトドアまで、幅広く使えるデザインが出ているので、目的に応じた機能性とデザインのサコッシュを選ぶと失敗がありません。

どんな時に何を持ち歩きたいのか?好みのブランドや素材は?など、サコッシュを選ぶにあたって重視したいポイントを一緒に見ていきましょう!

持ち運びやすさ重視:サイズや重量をチェック

多くのサコッシュが、マチを作らない薄型の作りになっているため、アイテムを入れすぎると形崩れしやすく、オシャレさも半減してしまいます。

サコッシュの魅力であるコンパクトさを活かすためにも、まずは持ち歩きたいアイテム数をイメージし、それに対応できるサイズのものを選ぶようにすることが大切です。

欲張って荷物をつめないように、持ち歩くアイテムを厳選しよう!

また、キャンプや旅行など荷物が多いときは、大きいバッグ+サコッシュの組み合わせで、サコッシュをセカンドバッグとして使用するケースもあるでしょう。

その場合は、重量が軽いサコッシュを選ぶと肩などへの負担が軽く、他の荷物と合わせ持ったときに邪魔にならないのでGood!

ちなみに、どれくらいの荷物を入れたときに、どれくらいの厚みになるのか、実際のサコッシュに積めてみました。

使ったサコッシュは筆者愛用のコールマン ウォーカーサコッシュ!

Photo by HITOMI(Arizineライター)
【入れたアイテム】

1.ハンカチ

2.ポケットティッシュ

3.車のカギ

4.財布

5.ミニ充電器

6.ファンデーション

7.口紅

お財布やポータブル充電器はかさばりやすいので、コンパクトなものをチョイス。

そして、女性の場合はちょっとしたお化粧直しもしたいもの。ということでファンデーションや口紅もつめてみました!

Photo by HITOMI(Arizineライター)

実際に肩からかけてみると、思ったよりもかさばらず、サコッシュ自体の型崩れもあまり感じません。

とはいえ、やはり入れれば入れるだけそれなりの重量にはなるので、長時間だと少し肩に負担がかかるかなといったところ。

サコッシュはやっぱり必要最低限のものだけにとどめたいですね!

お洒落重視:デザインやお気に入りのブランドをチェック

出典:Amazon

サコッシュは常に体にフィットしているので、バッグというよりはコーディネートの一部として服を選ぶようにお気に入りのデザインを見つけるのがオススメです。

TシャツにGパンといったラフな恰好でも、そこにサコッシュを取り入れるだけで簡単にトレンド感がだせ、サコッシュを前に掛けるか、後ろ掛けにするかだけでもだいぶ印象が変わります。

また、カジュアルファッションを好む方はお気に入りのアウトドアブランドから、ビジネスライクに使用したい方は革製品などに強いフォーマルなブランドのものをチョイスすると間違いなくオシャレになるのでぜひチェックしてみてください。

機能性重視:ポケットや防水加工の有無などをチェック

Photo by HITOMI(Arizineライター)

機能性重視の方は、アウトドアブランドからでているサコッシュがオススメ!

耐久性と防水性をかね備えた生地で作られていることが多く、ポケットやショルダー部分のベルトも機能的な作りが多い印象です。

サコッシュにあると便利なポイントをまとめてみました。

ベルトの長さ調整が可能かどうか

Photo by HITOMI(Arizineライター)

胸下あたりや、背中にぴったり沿わせて肩に掛けるサコッシュは、ベルトの長さ調節ができるものがオススメ。

ベルトが長く、だらーんとしすぎてしまうとスタイリッシュさに欠けてしまいますし、調節できれば身長差のある親子同士でシェアするなんて使い方もできて便利です。

また、肩ひも部分が紐タイプのものと、太めのベルトタイプのものがあります。

少し重さが出てしまいそうな場合は、ベルトタイプを選ぶと肩への負担が軽くなります。

ベルトの取り外しが可能か

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ベルト部分が簡単に外せるタイプのサコッシュは、そのコンパクトさを活かしてバッグインバッグとしても使えます。

例えば、キャンプの大きな荷物の中を仕分けるポーチとして、中にコンタクトレンズや歯磨き・洗顔セットなどを入れておくと、お風呂や洗面所に行くときに、サコッシュとしてパッパッと肩にかけてそのまま持っていけるのでとても便利です。

ポケットが付いているか

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ポケットが付いているタイプは、ティッシュや旅行先でのパンフレットなど、すぐに使いたいものを取り出せるので便利です。

また、内側にポケットがあれば、サコッシュ内がごちゃつくことなく収納位置を定められるので、荷物の偏りもなく肩から掛けやすかったりもします。

防水加工の有無

アウトドアシーンで使いたい場合は、急に雨が降っても安心して使える防水性の高いサコッシュがオススメです。

ナイロン製で生地表面の水をはじいてくれる撥水加工のものや、釣りや水辺でのアクティビティのときに役立つ完全防水のものなどがあります。

水に強いといっても種類があるので、目的に応じた防水機能のものを選ぶのがいいでしょう。

シーン別に複数欲しい人:素材をチェック

サコッシュの素材は、ナイロンやポリエステルのような化学繊維から綿やレザーなどの天然素材のものが使われていたりと様々です。

素材が違うだけで印象がガラッと変わります。

いくつか用意することで持っていく場所に応じて使い分けができ、カジュアルにもフォーマルにも対応できるのがコサッシュの魅力。

シーン別にどんな素材が合うのかみてみましょう!

ナイロン・ポリエステル製:キャンプやフェス、登山などのアウトドア

撥水性があり、軽量で耐久性に優れているナイロン製やポリエステル製のものは、体を動かすアウトドアシーンにぴったり。

他の素材に比べて汚れや水濡れに強いため、突然の雨や川遊びなどの水辺での使用にも対応でき、またサコッシュ自体が軽いので、長い間肩からかけていても負担になりにくいところがポイントです。

キャンバス生地:街中での普段使い

シンプルなキャンバス生地のものは、ラフでカジュアルな恰好にしっくりくるので、街なかでの普段使いに最適です。

汚れやすく、使用中の水濡れに弱い素材ではありますが、自宅で洗うことができ、耐久性もあるため大切に使えば長く愛用できるサコッシュになるでしょう。

革製:フォーマルの場やビジネスユース

スマートなシーンでは、高級感を感じられる革製のものがオススメです。

厚みのないスタイリッシュなデザインと革の質感で、斜めかけカバンでも子供っぽくならずに格好良く決まります。

ビジネスの場はもちろん、ベルトを外せるタイプならクラッチバッグとして結婚式やパーティーなどの礼服との相性も◎

有野実苑スタッフおすすめサコッシュ14選

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ここからは、みなさんにぜひ使っていただきたい人気サコッシュをおすすめポイントとともに紹介していきます。

ご自身のスタイリングや用途にあったサコッシュを見つける参考にしてみてくださいね。

マンハッタンポーテージ Harlem Bag サコッシュ

出典:Amazon

シンプルなデザインで、ユニセックスで使用できるスタイリッシュなサコッシュ。

軽量で耐久性のあるコーデュラナイロンを使用しているため、街中での普段使いからアウトドアまで幅広いシーンで活躍できます。

A5サイズ対応なので、薄めの長財布も収納できるのがうれしいポイント。

【詳細】

・サイズ:約 W250×H200×D15(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約 745~1340(mm)×幅 約 20(mm)

・重量:約140g

・素材:ナイロン

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ジップポケット×1、収納サイズ:B5対応

ケルティ ヴィンテージ サコッシュ

出典:Amazon

軽量でしっかりとした作りのケルティのサコッシュは、カラーバリエーションが豊富なので、ご自身のファッションに合う1つがきっと見つかるはず。

スマートフォン、鍵、財布の3点セットを収納するのに最適な大きさで、内ポケットの数が多いところが使い勝手抜群。ベルトは簡単に外せるタイプなので、ポーチとしても使えます。

【詳細】

・サイズ:約 W260×H180(mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約 137.5(mm)

・重量:約120g

・素材:表地ナイロン、裏地ナイロンポリウレタンコーティング

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、内側ポケット×3、収納サイズ:B5対応

ポーター(PORTER)サコッシュ

出典:Amazon

スマートな見た目が、ビジネスユースを考えている方にぴったりなポーターサコッシュ。

頑丈なのに軽量で防水性を実現した、吉田カバンオリジナルのXC-1000生地をメインに使用しているので、タフに扱っても長く使用できるところに惹かれるファンも多いよう。

ポケットが外内両方にあるので使い勝手もよく、デートなどの普段使いから旅行まで幅広く使えるデザインがオシャレです。

【詳細】

・サイズ:約 W265×H180(mm)

・ショルダーストラップ長さ:最長 約 1310(mm)×幅 約 15(mm)

・重量:約150g

・素材:表地 X-C1000コーデュラナイロン、裏地 ナイロンオックス

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ジップポケット×1/内側ポケット×2、収納サイズ:B5対応

グレゴリー クラシックサコッシュM

出典:Amazon

グレゴリーのデイパックにも使用されている厚めのポリエステル生地を採用しているため、質感がとてもよく、柄やデザインからもグレゴリーらしさが感じられるサコッシュ。

ストラップは取り外し可能で、さりげなくジッパープルに皮革が使われているところがオシャレなポイント!

【詳細】

・サイズ:約 W270×H200×D10(mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約113.5(cm)

・重量:約160g

・素材:ポリエステル

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×3、収納サイズ:B5以下

コールマン ウォーカーサコッシュ

出典:Amazon

カラーバリエーションが豊富なコンパクトサイズのコールマンのウォーカーサコッシュ。

テントに使用される自在金具をストラップ調整部分に取り入れているのが特徴で、キャンプや音楽フェスなどのアウトドアユースにぴったりのデザインです。

ストラップに肩あてが付いているのでズレにくく、長時間掛けていても肩への負担が軽いのがGood!

筆者も愛用中!

【詳細】

・サイズ:約 W260×H190(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約85~125(cm)

・重量:約100g

・素材:ナイロン/ポリエステル

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×2、収納サイズ:A5対応

グラナイトギア(GRANITEGEAR)ハイカーサチェル

出典:Amazon

肩から掛けているのを忘れるくらい、サコッシュ自体がとにかく軽いのが特徴。

外側にマジックテープ付きのポケット、また本体内側に仕切りとキーチェーンが備わっており、コンパクトながら整理整頓しやすい作りが人気です。

ナイロンの柔らかい素材でできており、中身の形が外から分かりやすいため、必要最低限のもののみを入れて使用するのがオススメ。

【詳細】

・サイズ:約 W200×H175×D40(mm)

・ショルダーストラップ長さ:不明

・重量:約65g

・素材:ナイロン

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×1、内側仕切りあり

ワイルドシングス(WILDTHINGS)サコッシュ

出典:Amazon

コンパクトながらフロントメッシュポケットが2つ、背面にもオープンポケットがあり、表面にもちょっとしたものを引っかけるのに便利なDリング付き。

生地には防水性の高いNYLON X-PACと止水ファスナーを採用しているので、アウトドアシーンでの活躍間違いなし! 豊富なカラー展開でファッションの一部としても魅力的なアイテムです。

【詳細】

・サイズ:約 W260×H210 (mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約1340(mm)

・重量:約110g

・素材:ナイロン

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×3

マムート エクセロン サコッシュ

出典:Amazon

フロントにミニカラビナ、キークリップ付きのジッパー式ポケットと随所にMAMMUTらしさが感じられるサコッシュ。

スタイリッシュなデザインでありながら実用性に優れているので、デイリーユースはもちろん、旅行やアウトドアの場で活躍します。

ストラップの紐が細めで、重いと肩に食い込みやすいため、持ち歩くアイテムは厳選したほうがいいでしょう。

【詳細】

・サイズ:約 W288×H225×D10(mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約 約 720~1320(mm)

・重量:約130g

・素材:840D Nylon JR Ballistic

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ジップポケット×1

ハンター トラベル リップストップ サコッシュ

出典:Amazon

撥水性と耐久性に優れた環境にやさしい100%リサイクルナイロンを使用。

表面にポケットはありませんが、2層式による大きな仕切りと、拡張可能なサイドのマチで500mlのペットボトルもラクラクはいります。

フロントの大きなHUNTERロゴとサイドのストラップロープのデザインが目を引く個性的なデザインがオシャレなサコッシュです。

【詳細】

・サイズ:約 W310×H230×D90(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約 1000~1350(mm)×幅 約 37(mm)

・重量:約240g

・素材:100%リサイクルリップストップナイロン

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、2層式のメイン収納、収納サイズ:B5対応

ティーケー タケオキクチ レザー2WAYサコッシュバッグ

出典:Amazon

カジュアル使いのものとは一味違う、本革を使用した大人の高級感溢れる2WAYサコッシュです。

シンプルなデザインなので、ビジネスシーンでも使いやすく、ストラップを外してクラッチバッグ風にすればフォーマルな場面でもクールに決まります。

【詳細】

・サイズ:約 W250×H200×D20(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約 700~1350(mm)×幅 約 15(mm)

・重量:約290g

・素材:本体:牛革、裏地:ポリエステル100%

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、内側ポケットあり

カンゴール メッシュバッグ サコッシュ

出典:Amazon

夏にピッタリ、メッシュ素材のカンゴールサコッシュ。

大きなロゴと鮮やかなカラーがポイントで、ビーチ沿いやプールなどのレジャー、スポーツやフェスなどのアクティブシーンで目を引くこと間違いなし!

調節・取り外し可能なストラップ、内外にあるポケットなど機能面も充実してます。

【詳細】

・サイズ:約 W260×H170×D30(mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約 1350(mm)

・重量:約120g

・素材:ポリエステルメッシュ

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×1、内側ポケット×1

アッソブ サコッシュウォレット WATER PROOF SUEDE

出典:Amazon

防水加工がされたカウレザースエードを使い、お財布としての機能を取り入れた個性的なサコッシュです。内部のポケット数が多いのもカード/コイン入れ、レシート収納を想定して作られたため。

もちろんコンパクトなお財布をそのまま入れてバッグとして使うのもOK。

革の質感がオシャレでぜひファッションに取り入れてほしいサコッシュの一つです。

【詳細】

・サイズ:約 W190×H150×D40(mm)

・ショルダーストラップ長さ:全長約 1110(mm)

・重量:約270g

・素材:外側: 防水スエード革、内側: 420PVC NYLON

・機能:留め具:マジックテープ、ストラップ調整可能、外側ポケット×1、内側ポケット6

ブリーフィング SACOCHE M SL PACKABLE サコッシュ

出典:Amazon

70デニールリップストップナイロンを採用して作られた、軽く、撥水・耐久性に優れた機能的なサコッシュ。

シンプルなデザインが使いやすく、旅行やスポーツシーン、アウトドアなどで活躍できる汎用性の高いアイテムです。

肩のストラップ部分が細いので、最低限の荷物を持ち歩くのに向いています。

【詳細】

・サイズ:約 W310×H215×D20(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約 670~1260(mm)

・重量:約120g

・素材:70デニールリップストップナイロン

・機能:留め具:ジッパー、ストラップ調整可能、外側ポケット×1、内側ポケット×1

フェリージ サコッシュ ナイロン×レザー

出典:Amazon

贅沢な1枚仕様のナイロンをメインに、上質なナチュラルレザーを組み合わせた高級感を感じる縦型サコッシュです。

折り畳むことができるので、普段使いだけでなく、旅行での使用にも最適。

また、500mlサイズのペットボトルが入る大きさなので、オシャレなだけでなく収納力に優れているのもうれしいポイントです。

【詳細】

・サイズ:約 W190×H230(mm)

・ショルダーストラップ長さ:約 1160(mm)

・重量:不明

・素材:ナイロン×レザー

・機能:留め具:スナップボタン、ストラップ調整不可、収納サイズ:A5対応

まとめ:サコッシュひとつで身軽にでかけよう!

Photo by HITOMI(Arizineライター)

軽い!オシャレ!便利!な万能サコッシュ。

すぐ使うものをサッと取りだせるのに、まったく邪魔に感じないこのスタイリッシュさがアウトドアのみならず、街歩きなどの日常使いにも最高です!

お手頃価格なものも多いので、いくつかゲットし、その時の気分やファッションに応じて使い分けるのもオススメですよ♪

お気に入りのサコッシュを見つけて、キャンプをもっとスマートに楽しんじゃいましょう!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事