水曜日, 8月 17, 2022
ホームALLハードギアコンテナですっき...

ハードギアコンテナですっきり収納!テーブルやチェアにもなるハードコンテナおすすめ8選

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプギアをすっきり収納したい!ギアは増やしたくないけどちょっとした椅子やテーブルが欲しい!そんなときにおすすめなのがハードタイプの「ギアコンテナ」です。

今回は、衝撃に強いハードタイプのメリットやデメリット、有野実苑スタッフが大容量のおすすめハードコンテナをご紹介します。お気に入りを見つけてスッキリ収納してくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

気がついたらキャンプギアが増えてきたので一つにまとめてうまく収納したいのですが、おすすめの収納道具ありますか?

まかせて!キャンプギアの収納についてだね!ガンガン使えてテーブルや椅子にもなるハードタイプのギアコンテナ。今回はハードタイプの人気でおすすめなギアコンテナを紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

キャンプギアの収納やテーブルやチェアにおすすめ!ハードコンテナ

出典:Amazon

ハードコンテナは、キャンプギアをいれておくのにおすすめの収納アイテムで、キャンプはもちろん登山やBBQなどのアウトドアシーン、家のガーデニング用品など

使い方によってはいろいろなものに使うことができます。

ハードコンテナは丈夫なつくりが魅力のコンテナで、耐久力や耐荷重も高く、重いギアを詰めるのにも適しています。

また、しっかりと蓋をしておけば、蓋部分にものを置いたり、人が座ったりすることもできるので、作業をする時に使えるのも魅力のひとつです。

荷物を積み上げて置いておけるから効率的に収納できるよ!

ソフトタイプもあり

出典:Amazon

キャンプ用コンテナにはソフトタイプもあり、ソフトタイプはハードタイプに比べ耐久性はやや低めですが、その分柔軟性もありハードタイプよりも、ものを詰め込むことができます。

ただしあまり重すぎるギアや、尖ったギアなどをいれると破れてしまったり傷ついたり、形が崩れたりする場合があるので注意が必要です。

ハードタイプに比べると、使わない時にたたんで置いておけるなど、持ち運ぶ面に関してはかなり優れています。

ほとんどのタイプに撥水加工が施されているけど、水に弱いものもあるから購入前にきちんと確認しよう!

ハードコンテナのメリット

ハードコンテナのメリットは、その丈夫さにあります。コンテナ自体の耐久性が高いため、外部からのダメージを防ぐことができ、中にいれているギアをしっかり保護することができます。

また、プラスチックやアルミ、スチール、ポリプロピレンなどの素材でできているため防水性も高く、汚れてもすぐに洗ったり拭いたりして汚れを落とせます。

蓋使用時の耐荷重が高いものでは500kgもあり、人が上に座ったり、キャンプギアを置いたり、テーブルの代わりにすることも可能です。

キャンプ中はアイテムを取り出して、薪入れやごみ箱としても使えるよ!

ハードコンテナのデメリット

ハードコンテナのデメリットとしては、コンテナ自体の重さにあります。
ソフトコンテナに比べるとコンテナ自体が重いものが多く、それに加えギアの重さが加わるので、持ち運びが少し大変になることも。

また、コンテナ自体に柔軟性がないため、ギアを無理やり押し込むこともできず、収納時に余計なスペースが生まれてしまう場合があります。

他にも仕切りやポケットがついていないので、小さなギアをまとめておくには別で収納ポーチなどを用意しなくてはいけないので、収納面ではソフトコンテナに劣っているでしょう。

1つのコンテナに詰め込みすぎず、いくつかにわけて収納し、積み上げて置いておくといいかも

有野実苑スタッフおすすめの大容量ハードコンテナ8選

キャンパー @kazucam_ さんの素敵な投稿より

とはいえハードコンテナにはいろいろな使い道があり、キャンプをするなら1つはほしいアイテムです。ここからは、有野実苑スタッフおすすめの大容量ハードコンテナを8選紹介していきますね。

【TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 50L OD色 ODC-50】

出典:Amazon

TRUSCO(トラスコ)のトランクカーゴはかなりシンプルなつくりで、どんなシチュエーションでも馴染むデザインでできています。

容量は30、50、70Lの3つで、1~3人用と用途に分けて選ぶといいでしょう。サイズによっては椅子として使うのにもいいので、ソロキャンプなど荷物を増やしたくない人にもおすすめです。

カラー展開は3つで、オリーブドラブ、グレー、黒の3種類から選べるよ!どれもシンプルで使いやすそう

【詳細】

サイズ:60×39×37cm

総重量:2.71kg

容量:50L

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥3,073 (2022/08/16 21:45:26時点 Amazon調べ-詳細)

【無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス】

出典:Amazon

あの有名な無印良品からでているポリプロピレン頑丈収納ボックス 70Lは、さきほど紹介したトラスコからでているハードコンテナとほぼ同じもので、違いとしては色や価格があります。

色はホワイトカラーの1択で、トラスコのようにミリタリー調のキャンプになじむ色ではありませんし、汚れが気になる可能性もありますが、価格はかなり安価になっています。

フタ部分の耐荷重は約100㎏とかなり強いから、荷物はもちろん人が座ることもできるよ!

【詳細】

サイズ:78×39×37cm

総重量:3.9kg

耐荷重:ふた約100kg、収納部20kg

created by Rinker
無印良品
¥3,874 (2022/08/16 21:46:19時点 Amazon調べ-詳細)

【BUNDOK(バンドック) ベース コンテナ 500 BD-201 】

出典:Amazon

BUNDOK(バンドック)のベースコンテナは積み重ねができるモデルで、フタ部分の耐荷重はなんと500㎏とかなり頑丈にできています。

外にはおおきなハンドル、中には収納用のトレーがついているので、細かいものもわけていれることができます。

コンパクトな設計だから、必要なものをわけていれるのにおすすめ!積み重ねれば場所もとらないよ

【詳細】

サイズ:51.8×36×34.5cm

総重量:2.7kg

耐荷重:ふた約500kg、収納部20kg

材質:ポリプロピレン・パッキン:発泡ポリエチレン

【スロウワー(SLOWER) 収納ケース 折りたたみ コンテナ ボックス 】

出典:Amazon

SLOWER(スロウワー)からでているハードコンテナボックスは、リアルにコンテナのようなつくりのボックスで、蓋はなく※積み上げるのに適しています。(※蓋は別売り)

細々としたアイテムはもちろん、薪やキャンプギアなど大きなものを入れておくのもおすすめです。

ベージュ、ブラック、オリーブの3色展開で、3色を積み上げてお洒落につかうのもいいでしょう。

容量45Lの1つしかないけど、たたむとコンパクトに持ち運びできるから、持って行って必要な時に組み立ててつかうのもアリだね!蓋は別売りなので必要に応じて購入しよう!

【詳細】

サイズ:6.8×53×36cm

総重量:1㎏

耐荷重:10kg

材質:ポリプロピレン

容量:45L

created by Rinker
スロウワー(SLOWER)
¥1,100 (2022/08/16 21:46:21時点 Amazon調べ-詳細)

【トラスト ソーラージトートウィズリッド】

出典:Amazon

Trust(トラスト)のソー ラージトートウィズリッドはシンプルな業務用コンテナですが、側面にあるロゴがお洒落さをだしています。

サイズは2展開で、横幅は同じですが53Lは浅め、75Lは深めのつくりになっています。そのため2サイズを持っていたとしても積み上げる際はぴったりとフィットしますよ。

衝撃につよいポリエチレン製なので、耐久性もしっかりとしています。

キャンプ中は蓋をしめてテーブルとして使用してもいいかもね!

【詳細】

サイズ:70.8×43.4×27.2cm

総重量:1㎏

材質:ポリエチレン

容量:53L

【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドア ツールボックス】

出典:Amazon

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のアウトドアツールボックスは、フタ部分が2段構造になっており、上段は収納トレーとして細かいものを入れておくことができます。

大きいものとわけて収納することで、荷物がぐちゃぐちゃに混ざることがなく取り出しやすいのがポイント。

荷物は入れやすいけど、フタ部分の耐久力はあまりないから上に乗るのはやめておこう

【詳細】

サイズ:37.9×54.5×39cm

総重量:3.2㎏

材質:ポリプロピレン、ポリエチレン

容量:LLサイズ

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,781 (2022/08/16 21:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

【スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ】

出典:Amazon

Snow peak(スノーピーク)からでているファニチャー シェルフコンテナはほかのハードコンテナとはひと味ちがったデザインで、キャンプ場で使っていると目を引くこと間違いなし!

フタなどはなく、物がだしいれしやすいため、物を入れて持ち運ぶというよりも、キャンプ中に使うものをいれて置いておくほうに特化しています。

形もカスタマイズできるから、アウトドアシーンではもちろん家の中の収納に使うのもおすすめ

【詳細】

サイズ:32.5×52×21cm

総重量:3.6㎏

耐荷重:20kg

材質:スチール

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥13,810 (2022/08/17 01:18:56時点 Amazon調べ-詳細)

【ロゴス(LOGOS) LOGOS スタックコンテナ】

出典:Amazon

LOGOS(ロゴス)のハードコンテナであるスタックコンテナは、アルミでできた積み重ね可能のボックスで、耐荷重は110㎏もあります。

そのため、上に座るのはもちろん、ものを乗せて置いたりテーブルのようにして使うこともできます。

20Lと30Lの2サイズ展開で、他に比べると容量が小さめだけど、その分何個かを組み合わせてアイテムをしまえば、重くなりすぎず持ち運びも1人でできるのでおすすめです。

ロゴスのロゴが入ってるから、ロゴスのアイテムとそろえるのも見栄えがよくていいよね!

【詳細】

サイズ:33.4×53×29cm

総重量:3.6㎏

耐荷重:110kg

材質:アルミ

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥15,800 (2022/08/16 21:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:キャンプギアはハードコンテナですっきりまとめて収納しよう

ハードコンテナは、キャンプギアを整理して収納するのにおすすめのアイテムです。
キャンプ中の身の回りを整えてくれるだけではなく、キャンプギアや、薪や炭などを運ぶのにもつかえます。

ハードコンテナの中には折りたためるものもありますが、購入する際は車に積めるサイズかちゃんと確認しましょう。

ハードコンテナは、テーブルや置き台としても使えるため、他のキャンプギアとの兼ね合いを考えながらできるだけ荷物を少なくしたい人におすすめです。

自分のキャンプスタイルにあったものを見つけて、素敵なキャンプでの時間を過ごしてくださいね!

あわせて読みたい記事:「ギアコンテナで増えたキャンプ道具をスッキリ収納!大容量ソフトコンテナおすすめ6選

Arizine編集部
Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事
- Advertisment -
Google search engine

最新の記事