金曜日, 8月 12, 2022
ホームALL【DDタープの張り方】アデ...

【DDタープの張り方】アディロンダックの手順を簡単解説!雨風しのげデイキャンプにおすすめ【写真付き】

【キャンプ場スタッフ監修】ソロキャンプでかっこよくタープを張りたい!そんな時は日除けや雨や風をしのげてデイキャンプにおすすめなアディロンダック張り。

今回はキャンプ歴10年のベテランキャンパーのHITOMIさん夫婦にアディロンダックの張り方を教えてもらいます!ぜひ次回のキャンプに活用してくださいね♪

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

デイキャンプをするので、アディロンダックの張り方を教えてもらえませんか??

まかせて!DDタープを使ったアディロンダックの張り方だね!今回はベテランキャンパーのHITOMIさん夫妻にアディロンダックの張り方を教えてもらうよ♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

アディロンダックの特徴

Photo by HITOMI(Arizineライター)

初心者でも簡単に張れるアディロンダック。

フルクローズにはならないため、これ単体でのタープ泊は難易度が高いですが、デイキャンプで使用したり、他のテントと併用するにはとても使い勝手のいい張り方です。

開口部分以外の3面に大きな壁ができるので、隣のキャンパーからの視線を防げたり、大きな屋根と広い内部空間ができるところがポイントです。

また、屋根を高めに吊るせば、入口付近での作業や焚き火もしやすい仕様になっています。

created by Rinker
DD Hammocks
¥7,840 (2022/08/11 21:32:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DD HAMMOCKS
¥11,000 (2022/08/12 09:04:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DD Hammocks
¥10,500 (2022/08/11 21:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

アディロンダックのメリット・デメリット

Photo by HITOMI(Arizineライター)

■DDタープアディロンダックのメリット

  • 簡単に張れる
  • 中の空間が広い
  • 日陰ができやすい
  • 少々の雨風ならしのげる
  • 入口側の高さがあるので立ったままでも作業がしやすい
  • 焚き火がしやすい
  • 左右の壁のおかげで横のキャンパーからの視線を防げる
  • 林間エリアではリッジライン(2本の木を利用しロープを地面と平行に張ること)を使えばポール不要で設営できる

DDタープアディロンダックのデメリット

  • 開口部が大きくもろに風を受けるので、風が強い日は倒れる
  • フルクローズに出来ない
  • タープ泊出来なくはないがプライバシーは守りにくい
  • 冬は寒い

アディロンダックに必要な道具(ギア)

Photo by HITOMI(Arizineライター)
【必要なギア(DDタープ3×3サイズの場合)】

・DDタープ 

・メインポール2本(約150cm×2)

・サブポール2本(130cm×1、160cm×1)

・ペグ8本

・ガイロープ4本

上記は、1番多く使用する立て方をした場合の本数です。(天井部分にポールを使う手順5の③の場合)

簡易的に立てるのであれば、ポール、ペグ、ガイロープともに減らすことが可能です。

【サイズ補足】

アディロンダックのケースだと、多少ポールの長さが違っても問題なく立てられます。

3m×3mのDDタープを使用したポールの長さ、

150cmのメインポール2本(両脇の支え)

160cm1本(入口屋根部分の支え)

130cm1本(後ろから天井を吊るすため)

タープサイズによってメインポールの長さを、3.5m×3.5mなら175cm、 4m×4mなら200cm にすればまず間違いありません。
「タープ1辺の半分がポールの長さ」と覚えておきましょう。

また同じタープの大きさでも、張り方によってポールの長さ調節が必要になってきます。

長さ90cm〜230cmまで5cmきざみで伸縮可能な調整ポールなどがあると、様々な場面で使いまわせて便利です。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥3,800 (2022/08/12 02:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

DDタープを購入すると付属のペグとロープがついてきますが、状況によっては強度が足りなかったり、長さが短い場合もあるので、別売りのテント用ペグ・ガイロープを用意したほうが使い勝手がよく安心です。

ペグは30cm位の長さ、ガイロープは自在金具付きの3.5m〜をおススメします。

ペグはスノーピークのソリステがおすすめ♪

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,788 (2022/08/12 02:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

ガイロープに自在金具が付いてなかったり、壊れてしまった場合は、代わりに「自在結び」で対応できます!

いざという時に役立つロープワークなので是非覚えておきましょう。

アディロンダックの張り方の手順

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ではさっそくアディロンダックの張り方の手順を解説していきます!

手順1

Photo by HITOMI(Arizineライター)

タープを正面から見てひし形に置き、外側面が上向きになるようにします。

風でタープがなびくのを押さえるため、四隅にあたる〇1.5.9.13.のループを軽くペクダウンしておくと、後々キレイに張ることができます。

手順2

Photo by HITOMI(Arizineライター)

〇2.16をペグダウンし、1.の角を内側に折り込みます。

仮止めしていた1.5.9.13.のペグはここで抜いておきましょう。

手順3

Photo by HITOMI(Arizineライター)

ここで、メインポール150cmを2本組み立て、ガイロープ2本の先端に「もやい結び」で輪を作っておきます。

次に、7.11のループとガイロープの輪をポールの先端にひっかけ、「P」の位置でポールを立てた後、そのガイロープをそれぞれ☆の位置でペグダウンします。

左右対称になっているか確認し、ガイロープにゆるみが出ないよう、しっかりテンションをかけ張るようにしましょう。

手順4

Photo by HITOMI(Arizineライター)

次に横の壁を作ります。

△5.13.のループを先ほど立てたポールの根元辺り☆にそれぞれペグダウンします。

大きな開口が出来上がりました。

手順5

天井部分を作っていきます。

この屋根部分は色々とアレンジがきくので、いくつかご紹介します。

Photo by HITOMI(Arizineライター)

①森林サイトの場合:△9.にガイロープでもやい結びをし、前の木や枝にロープを直接結ぶ方法(今回、上の写真はこの方法でやりました)

屋根が上にのび、開口部分が大きく広く感じます。

Photo by HITOMI(Arizineライター)

②△9.にガイロープでもやい結びをし、そのロープを直接地面の☆にペグダウンする方法

屋根が斜め下に向き、垂れ下がったような「M」の形になります。

Photo by HITOMI(Arizineライター)

③9.のループとガイロープの輪を3本目のポール(今回は160cmのものを使用)先端にひっかけ、☆にペグダウンする方法

ポールの長さはどんなものでも大丈夫ですが、5.13に使用したモノよりも少し背の高いポールを使うと、屋根が上に向き空間が広く見えます。

手順6

Photo by HITOMI(Arizineライター)

最後に、後ろから天井を吊って奥行きを広くさせます。

△Bのループにガイロープをもやい結びし、「P」の位置でポールを立てその先端に巻き結び、そのまま☆の位置にペグダウンします。

今回130cmのポールを使用しましたが、後ろに木の枝がある場合は、ガイロープだけを使ってそこに吊るというやり方もあります。

Photo by HITOMI(Arizineライター)

巻き結びは、左上の輪を2つ作り、右側の輪を左輪後ろに重ねて、固定したいポールなどを通して、左右に引っ張れば出来上がりです! 

まとめ:デイキャンプで大活躍!アディロンダック張りに挑戦してみよう

Photo by HITOMI(Arizineライター)

アディロンダックいかがでしたか?

慣れれば5分ほどで簡単に張れるのに、大きな屋根と広い空間が作れるのが魅力的ですよね。デイキャンプや、別に寝床がある場合のタープ使用として、とても実用的な形です。

また、状況によって、応用がきくのがアディロンダックのいいところ。

入口の形を変えてみたり、奥行きが出るように後ろの引っ張り方を工夫したり、いろいろな張り方を楽しんでみてください!

Arizine編集部
Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事
- Advertisment -
Google search engine

最新の記事