土曜日, 5月 18, 2024
ホームALLおすすめ焚き火台シート14...

おすすめ焚き火台シート14選!焚き火を安全安心に楽しむためには必須

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプの醍醐味と言えば焚き火ですが、最近は直火NGのキャンプ場が増え、焚き火をするのに焚き火台が必要です。

そして焚き火台を使うなら一緒に揃えたい焚き火シートの存在はご存じですか?
焚き火シートは焚き火からでる火の粉などから地面を守る役割をするため、焚き火をするならひとつは用意してほしいアイテム。

シートによって防火のみ、耐熱もしっかりしてくれるものなどさまざまなので、自分の焚き火台にあった焚き火シートを選ぶことが大切です。

今回は焚き火シートの選び方、おすすめの焚き火シートをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

いますぐおすすめの焚き火台シートを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてください!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

焚き火シートを探していて、焚き火台にあったものを使わないと地面にダメージを残してしまうと聞いたんですが、焚き火シートの選び方や耐火・耐熱性のあるおすすめのものってありますか?

焚き火シートは使っている焚き火台によってサイズや耐熱性などを気にする必要があるから、折角買ったのに地面を傷つけてしまったり、火の粉をカバーできなかったりすることもしばしば。選び方や焚き火台との関係性についても解説していくから、選ぶ際の参考にしてね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

焚き火シートって何の役割があるの?

有野実苑キャンパー @furu_camp_trip さんの素敵な投稿より

名前の通り、焚き火シートは焚き火の際に焚き火台の下に敷いて使用するものです。

耐火性や耐熱性の高い素材で作られているのが特徴で、熱や火の粉から地面や芝生などを守るのが主な役割。

焚き火シートを敷くことで、火事を未然に防いだり熱から地面を守るなど環境へのダメージも軽減できます。そもそもが、自然に感謝し大切に使うために作られたシートなのです。

焚き火シートを使うことで後片付けが楽になるのもポイント。

焚き火でかならず発生する灰は、自然に分解されません。
そのため、指定場所以外への処分や、その場に残しておくのはマナー違反。
事前に焚き火シートを敷いておけば、灰や燃え残りの木くずをキャッチしてくれるので簡単に片付けられます。

焚き火シートは焚き火以外にも、バーベキューコンロをはじめとした火を使うアウトドアシーンで活躍してくれるので、エチケットとして1枚持っておくとスマートですよ。

購入時に知りたい焚き火シートの選び方

キャンパー @jun_p_79 さんの素敵な投稿より

焚き火シートの役割をご紹介しましたが、購入時にチェックすべきポイントがいくつかあります。

どれくらいの温度に耐えられるのか?どんな素材がいいのか?サイズや機能のおすすめは?など、失敗しないために知っておきたい選び方を見ていきましょう。

①耐熱・耐火性をチェック

焚き火シート選びで最優先したいポイントが耐熱・耐火性です。

500~800℃にもなると言われる焚き火。十分に耐えられる製品かどうかチェックしましょう。

耐火性があることはもちろん、耐熱性にも注目。

耐熱性には「連続使用温度」と「瞬間耐火温度」の2つがあり、焚き火シートは長時間の使用を目的とするため「連続使用温度」をメインに選びます。

一般的には連続使用温度が500℃以上のものを選べば安心と言われているので、目安にしてみてくださいね。

ただし、地面との距離が短い焚き火台の場合は、念のため2枚重ねたり、ダメージを受けやすい芝生上を避けて焚き火をするなど工夫が必要です。

②使用シーンを考えて材質を決めよう

焚き火シートと一口に言っても、材質はさまざま。
特徴をおさえて、使用シーンに合ったものを選んでくださいね。

■ガラス繊維

ガラス繊維は、グラスファイバーやグラスウールとも呼ばれる素材。
比較的リーズナブルな価格で、ガラス繊維を採用している焚き火シートも数多く売られていてメジャーな素材。

耐火性・耐久性に優れているのがメリットで、水や油がついても拭き取るだけで簡単に綺麗にできるのも特徴。汚れやすい焚き火調理でも安心ですね。

素材の特性上、手触りがチクチクするため軍手をして扱うのがおすすめ。
お子さんが触る場合は気を付けてください。

チクチク感軽減のため、シリコンコーティングがされている製品もあります。

■シリカ繊維

先述したガラス繊維を特殊加工したのが、シリカ繊維です。
ガラス繊維以上の耐火性があり、連続使用温度は1,100℃以上。自動車用の断熱材としても採用されています。

手触りがチクチクするのはガラス繊維同様ですが、耐火性に優れているのは魅力。
お値段はガラス繊維より若干高くなっています。

■カーボン繊維(耐炎繊維)

カーボン繊維は、特殊なアクリル繊維を焼成して作る有機繊維です。
優れた耐炎性と耐熱性以外にも、薬品や電気にも強いのが特徴。

柔らかい繊維なので、大きなシートでも小さく折り畳めるので持ち運びやすい素材です。
チクチク感もないため、素手で扱えるのも高ポイント。お子さんがいるシーンでも安心ですね。

ただし、燃焼している薪が直接触れると接触箇所が燃える場合があるので注意が必要。
また、ガラス繊維やシリカ繊維と比べると価格は高額です。

③焚き火台にあわせたサイズ選び

売られている焚き火シートは大小さまざま。

実際に使う焚き火台のサイズを考慮して選びましょう。

燃え移りを防ぐほかに、火の粉や燃えカスをキャッチする役割もある焚き火シート。
焚き火台の約4倍の広さを目安に購入するのがおすすめ。

焚き火での調理を想定している場合は、少し余裕があるものだと使い勝手が上がりますよ。
迷ったら少し大きいものを選ぶと安心です。

④細かな部分も確認して選ぶのが大切

焚き火シート選びの際は、材質やサイズも重要ですが、細かな機能も要チェック!

縫製に使われている糸が難燃性のものなら、より燃えにくく安心ですよね。
熱で糸が切れないので、ほつれにくく長く使えます。

また、風が吹いていてもあおられる心配がないように、四隅にペグが打ち込める穴(グロメット)があるものがおすすめ。収納袋付きならコンパクトに仕舞えるので持ち運びや保管にも役立ちますよ。

購入のポイントをおさえて、好きなカラーやデザインのものを見つけてみてくださいね。

有野実苑スタッフおすすめ焚き火シート14選

【コールマン(Coleman) 焚き火シート ファイアープレイスシート 約80×80cm】

出典:Amazon

正方形の焚き火シートなので、数人で焚き火を囲むときにぴったりの形状です。自然な色合いもキャンプサイトのイメージを損ないません。

グラスファイバー素材で、耐熱温度は600℃。ペグが打ち込めるので、風を気にすることなく使えます。

【詳細】

・サイズ:80cm×80cm

・重量:330g

・材質:グラスファイバー

【ZEN Camps 焚き火シート スパッタシート 焚き火台シート】

出典:Amazon

ブラックが目を引く焚き火シート!ギアにこだわる人も納得のデザインです。

シリコンコーティングされたガラス繊維は、耐熱温度が550℃。
四角にグロメットがついているのでペグを打ち込んで固定して使えます。

表についた灰も、裏の土汚れもさっと水洗いできるのもうれしいポイントの1つですね。

【詳細】

・サイズ:95cm×60cm

・重量:430g

・材質:ガラス繊維

・付属品:収納袋

【Hikenture スパッタシート 防火シート 両面シリコンコーティング】

出典:Amazon

ガラス繊維の両面が滑らかなシリコンコーティングされた焚き火シートです。

素手で触ってもチクチクしにくいので、ストレスなく使えますね。

大きめのシートなので、幅広いシーンで利用可能。耐熱温度は1,000℃、瞬間使用温度は1,650℃と安心。

縫製に使われている糸も燃えにくい素材が採用されています。

【詳細】

・サイズ:92cm×100cm

・重量:368g

・材質:ガラス繊維

Hikenture スパッタシート 防火シート 両面シリコンコーティング 焚き火シート 耐火シート 焚き火台シート 芝生保護 耐熱 防炎 耐火 縁取り加工 ハトメ付き 4本のペグ付き 92*100cm
HIKENTURE

【ロゴス(LOGOS) たき火台シート】

出典:Amazon

また、こちらはソロキャンプにおすすめのコンパクトサイズ。軽量なのもうれしいポイントですね。

耐熱温度は500℃と十分。二つ折りにすれば、卓上グリルに使うこともできます。

ナチュラルカラーで、サイトに溶け込みやすいシンプルさも人気。

【詳細】

・サイズ:80cm×60cm

・重量:270g

・材質:ガラス繊維

【ロゴス(LOGOS) たき火台 耐火・断熱シート】

出典:Amazon

こちらもロゴスの焚き火シートですが、シリコンコーティングされたガラス繊維にコットンが縫い合わさっています。3層構造により耐火性はもちろん、断熱性が高いのが特徴。

重量は少々気になるところですが、絶対に地面を傷つけたくない人にぴったりです。

【詳細】

・サイズ:80cm×60cm

・重量:530g

・材質:ガラス繊維、綿

【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 焚き火台シート 焚火シート 80×80cm 耐熱温度700℃ グラスファイバー製 UG-3300 ベージュ】

出典:Amazon

キャンパーに人気のキャプテンスタッグ。ガラス繊維の焚き火シートで、耐熱温度は700℃と十分です。

ペグも打ち込めるので、突然の風も心配無用。快適に焚き火を楽しめます。

【詳細】

・サイズ:80cm×80cm

・重量:350g

・材質:ガラス繊維

YIEMAESHUM 焚き火台シート 極厚ガラス繊維 シリカコーティング 収納袋付 】

出典:Amazon

燃えにくいケブラー糸を使った、丈夫な焚き火シートです。耐熱温度は600℃。

シリカコーティングにが施されているため汚れもサッと拭けば落ちるので、焚き火調理に使うのもおすすめ。

【詳細】

・サイズ:50cm×50cm

・重量:270g

・材質:ガラス繊維

【CARBABY 焚き火シート スパッタシート 耐火 耐熱 防炎 溶接 ガラス繊維】

出典:Amazon

1,500℃もの瞬間耐火温度を誇る焚き火シート。

ガラス繊維をシリコンコーティングしているので、チクチクしにくくなっています。

使いやすいサイズ感で、焚き火を愛するタキビストにぴったり。ペグも使えるので安心です。

【詳細】

・サイズ:98cm×61cm

・重量:740g

・材質:ガラス繊維

【kalili 焚き火シート スパッタシート たき火台用 キャンプ用 ストーブシート】

出典:Amazon

150gと超軽量な焚き火シートで、ソロキャンパーにもおすすめ。

広さが必要な場合は、大きいサイズもあるので安心です。

ハトメ部分に工夫を凝らし、壊れにくくなっています。
水拭きできるのでお手入れもカンタン!
S/M/Lの3サイズ。

【詳細】

・サイズ:60cm×40cm

・重量:150g

・材質:ガラス繊維

【GOGlamping スパッタシート 焚き火台シート 焚火シート たきび台シート キャンプ用品】

出典:Amazon

六角形の焚き火シートなので、大人数で焚き火を囲むシーンにぴったり。

収納袋のほかに、ペグもついているのはうれしい配慮ですね。

ガラス繊維にシリコンコーティングが施されているので、扱いやすくなっています。サッと拭けば汚れを落とせるのもポイント。

ベージュ、カーキ、ブラックの選べる3色。

【詳細】

・サイズ:103cm×120cm(変型)

・重量:740g

・材質:ガラス繊維

・付属品:収納袋、ペグ(6本)

【Fieekty 焚き火シート スパッタシート 焚き火台シート 耐熱 溶接 耐火 防火 防炎 1300℃ 8um】

出典:Amaozn

8マイクロメートルの極細ガラス繊維を使っているので、チクチク感が少なく滑らかで柔らかいのが特徴。

耐熱温度は800℃と十分です。

細い繊維により空気密度が高く、細かい燃えカスも通しません。

縫製も丁寧なので、長く使いたい人にもおすすめです。

【詳細】

・サイズ:60cm×80cm

・重量:250g

・材質:ガラス繊維

【DOD(ディーオーディー) タキビバビデブーS 焚き火シート 0.8mm極厚 収納バッグ付】

出典:Amazon

八角形が珍しい極厚な焚き火シート。

ソロキャンパーにおすすめの、小さな焚き火台にちょうどいいサイズ感です。

収納袋が付いているので、持ち運びにも便利。

耐熱温度は250℃と低めなので、焚き火台の高さに注意が必要です。

【詳細】

・サイズ:65cm×65cm(変型)

・重量:500g

・材質:ガラス繊維

・付属品:収納袋

【YITGOG 焚き火シート スパッタシート 】

出典:Amazon

撥水機能が付いているので、濡れた地面でも問題なく使えます。

シート両面がブラックシリコンコーティングされており、機能面はもちろんデザインもかっこいいのが特徴。

ギアにこだわりたい人におすすめです。

収納袋やペグが付いているのも高ポイント。

【詳細】

・サイズ:60cm×90cm

・重量:460g

・材質:ガラス繊維

・付属品:収納袋、ペグ(4本)

YITGOG 焚き火シート スパッタシート 【チクチクしない】 たきび台シート シリコン ブラック 黒 耐熱 耐久 焚き火台 キャンプ 地面や芝生保護 (A(60×90cm))
YITGOG

【ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート 瞬間耐火温度1500度 溶接 薪ストーブ用 (ハトメ有り, 1m*1m)】

出典:Amazon

大きめサイズの焚き火シートで、耐熱温度は700℃と十分。

ほつれ防止加工や、両面鋲打ちされたハトメで耐久性が高いのもポイントです。

ガラス繊維ながら、柔らかい手触りで傷つきにくいのもうれしいですね。

【詳細】

・サイズ:100cm×100cm

・重量:900g

・材質:ガラス繊維

・付属品:収納袋

購入した焚き火シートが上手く使えなかった時の対処法

特にキャンプビギナーの人は、焚き火シートを使ったのに地面が焦げてしまった!という失敗もあるかもしれません。

あらかじめ地面に水をまいておいて、その上に焚き火シートを乗せるのは手軽でおすすめの対処法です。

また、焚き火台と地面の高さを少しあげれば、地面が焦げ付いてしまう失敗も防げますよ。
地面と焚き火シートの間に鉄板を挟んだり、焚き火シートを折ったり2枚重ねたりしても耐火性が高まります。

ちょっとしたコツを覚えておけば、焚き火シートを正しく使えるようになりますよ。

ぜひ、試してみてください。

まとめ:焚き火シートをうまく使ってみんなが楽しめる焚き火をしよう

キャンパー @takkyn8さんの素敵な投稿より

今回は、焚き火シートの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。

最近は、自然を壊さないためにもエチケットとして焚き火シートを使うのが一般的になっています。焚き火をする場合は、必ず持っていきたいギアの1つですね。

材質や耐熱温度、扱いやすさなどは製品によってさまざま。サイズや重量もチェックしたいポイントです。

ぜひ今回おすすめした焚き火シートを参考に、使用シーンを想定しながらお気に入りの1枚を選んでみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事