日曜日, 4月 14, 2024
ホームALL女子ソロキャンプの防犯ガイ...

女子ソロキャンプの防犯ガイド!防犯対策をとって安全なキャンプライフを送ろう

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】近年一気に人気を集めているソロキャンプ。女性も一人でソロキャンプをこれから始めようかなと思っている人も少なくないはず。

しかし、その中には女性のソロキャンプに不安を覚える人もいるでしょう。

ソロキャンプはひとりの時間を楽しむのが醍醐味ですが、事件や危険は避けたいですよね。

今回は女子ソロキャンプの防犯対策について紹介していきます。

いますぐおすすめの防犯グッズを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

彼女がソロキャンプに挑戦したいみたいなんですが、女性1人でキャンプをするは、どうしても心配です。女性キャンプで気を付けたいことや、効果的な防犯対策があれば教えてください

まかせて!ソロキャンプには魅力がたくさんな反面、女性1人だと予想もしていなかったことに巻き込まれる可能性もなきにしもあらず!少なからず危機感を持つことも大切だよ。今回は女子ソロキャンパーのみんなに気を付けてほしいこと、防犯対策などを紹介するよ♪楽しんでキャンプしてね!

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

目次リスト

ソロキャンプの魅力の裏にひそむ危険

最近、ソロキャンプを趣味にされる方が男女ともに増えてきています。

自然の中で誰にも気を使わずひとりの時間を楽しめるのがソロキャンプの魅力ですが、ひとりで過ごす分、不安や危険を感じるシーンが増えることも事実です。

そんなソロキャンプを安全に楽しむために、まずはソロキャンプ中に起こりうる危険やトラブルを知っておきましょう。

ソロキャンプの魅力についてはこちらの記事を読んでみてくださいね!

①「ひとり」という所を狙った事件

ひとりという、助けを呼べない&周囲に十分に注意を払えない状況を利用した事件が起こりやすいのがソロキャンプです。

例えば持ち物から目を離したすきに盗難事件がおこったり、野生動物と接触して怪我をしたり、ひとりで就寝中、勝手に他人がテントに入ってきたり……。

ソロキャンプを楽しむためには、自分の身は自分で守る覚悟が必要です。

自分のサイトに他人が入り込んで恐怖したという話、実は結構聞くんだよね。暗闇に他人がいたときの恐怖といったら……怖すぎる!

②遭難の危険性

登山をしたり森の中でキャンプをする場合、特に管理人がいないキャンプ場や野営キャンプの場合は遭難の危険性もあります。

特にスマホの電波が繋がらず自分の位置がわからない状況では、元の場所に戻るのも大変。
遭難事故を防ぐためには、なるべくひと気のある場所に滞在すること、歩道を外れて歩かないことに加えて、事前の対策も大切。行き先と滞在スケジュールを知り合いに伝えておき、帰らない場合は捜索願を出してもらう等、安全対策を取っておきましょう。

③テントから離れている際に起こる盗難

男女問わずソロキャンパーさんが気をつけたいトラブルのひとつが、テントを離れた際の盗難です。

特に女子ソロキャンプの場合、ターゲットにされてしまう確率が高くなってしまうのも事実。貴重品は常に身につけておく、高価なキャンプギアは持っていかない・ひと目につかない場所に鍵をかけて保管するなど、持ち物の管理方法にも気を配ると安心です。

女子ソロキャンプ特有の被害例〜迷わず警察を呼ぼう

女子キャンパーさんが特に気をつけたいのが、近隣のキャンプサイトに滞在しているキャンパーさんとのトラブルです。

絡まれたり、ギアの使いかたを教える・設営を手伝うと言って身体に触られるようなセクハラ行為をされたり、夜間に知らない人がテントに入ってきたというケースがあるのも事実です。

身の危険を感じたときは、強気に断ったり、迷わず警察を呼びましょう。

勘違いでもいいんです。何か起きてからじゃ遅いです。悲しく危険なことが起きる前に、「なんか危ないな、この人怖いな」と少しでも感じたら、必ず周りに助けを求めてください。

逆ギレされたらどうしよう、暴力を振るわれたらどうしようなどと怖い気持ちもありますが、周りに助けを呼ぶ勇気と心持ちが大切です。

有野実苑オートキャンプ場がおこなっている取り組み

Photo by Arinomien

被害にあってしまう女子キャンパーを一人でも多く減らすために、有野実苑オートキャンプ場でも被害を減らす取り組みを強化&徹底しています。

具体的には、防犯カメラ作動中の看板を増やしたり、サイト割りに配慮し、少しでも抑制できる対策を進めていく方針です。

特にサイト割をする際に、女性のソロキャンパーの場合には以下の配慮をしています。

  • 男性キャンパーの間に割り振りしない
  • 夫婦の近くや、女性ソロはなるべく同じエリアに割り振るなど
  • 管理人が見廻りの際に気にかける

万が一、怖い思いをしたという場合は、遠慮なく管理棟に連絡してください。

有野実苑オートキャンプ場で嫌な思いをしないように、楽しくキャンプをしてほしい!

女子ソロキャンプ時に効果的な防犯対策

「危険だから女性はソロキャンプを諦めないといけないの?」

そんなことはもちろんありません!

事前に防犯対策しておくことで、想定外のトラブルに巻き込まれることは防げます。

ここでは女子ソロキャンパーさんが安心してソロキャンプを楽しむために、効果的な防犯対策をご紹介。荷造りからキャンプサイト選びのポイント、キャンプ中の過ごし方まで、シーンごとに注意点をまとめました。

①南京錠や防犯ブザーをとりつけてギアを盗難されないようにする

就寝する際やテントから離れる際は、入り口に南京錠をかけ、万が一のために防犯ブザーも用意しておくと安心です。

盗難対策になるだけでなく、自分は防犯対策をしっかりしているキャンパーだというアピールにもなります。

ギアにつけペグダウンしておくと、誰かが引っ張った時にピンが外れて音が鳴るのでおすすめ。
また、就寝時はテントの内側から南京錠をかけるのがおすすめです。

②ひと気のある場所にテントを張る

女子ソロキャンプの場合、テントを張る場所も安全性重視で選びましょう。

ひと気のない場所にひとりで滞在するのは避けて、できれば管理棟の近くや複数人で来ているファミリーキャンパーさんの近くに滞在すると安心。

同じ大人数でもグループキャンプの場合、酔っぱらったキャンパーに悪絡みされた……なんてトラブルもあるようです。

夜間でも管理人がいる管理棟近くがベストですね。

③安全管理の行き届いたキャンプ場を選ぶ

スマホの電波が入るキャンプ場や、管理人が常駐しているキャンプ場を選ぶことも安全にキャンプするための大切なポイントです。

何かあった際に助けを求められる安心感があります。

オートキャンプ場やグランピングはセキュリティ面がしっかりしているため、特に初心者さんにおすすめです。

④ソロキャンプということを主張しない

テントの入口に靴を2足以上置いておく、カトラリーを多めに用意しておくなど、女性がひとりでキャンプしている雰囲気を出さないことも防犯対策になります。

荷物は増えてしまいますが、男性もののジャケットやサンダル、帽子などを置いておくのもおすすめです。

⑤人感センサーライトで人が近づいてきたらわかるようにする

夜間の防犯対策としては、人感センサーをテントの前に設置して、人が来たらすぐ分かるようにすると安心です。

万が一誰かがテントに侵入しようとしても、急にライトが付いたら驚いて逃げていくためトラブル防止になります。防犯ブザーとあわせて持っておきたいアイテムです。

⑥SNS投稿はリアルタイムを控えるかプライベートで

せっかくのソロキャンプ。可愛く設営したキャンプサイトの写真やご飯の写真を撮ってすぐSNSに投稿したくなりますが、特に女子ソロキャンプの場合は個人を特定されて、思わぬ危険に繋がることも。

日にちをずらし時間差で投稿、鍵付きのアカウントに投稿する、キャンプサイトの位置情報を入れない等、ご自身の投稿だと特定されないように気をつけると安心です。

⑦小さい音でもラジオをかけたり音楽を流してひと気をだす

音楽・スピーカーOKのキャンプ場の場合、キャンプサイトで過ごす際は、ラジオをかけたり音楽をかけておくなどして、常にひと気を出しておくこともおすすめです。

特にテントから離れる際は音楽をかけっぱなしにするなどして、誰も居ないことを知られないようにすると安心。

ただしスピーカーが禁止のキャンプ場や夜間は周りの迷惑にならないよう、気をつけてくださいね。

⑧挨拶は大事だが人懐っこくしすぎない

周りのキャンパーさんに挨拶したり、会話を楽しむことはもちろん大切。

ですが、個人情報を必要以上に話さないようにしたり、打ち解けすぎて変に勘違いされないように注意しましょう。

あくまで初対面、他人です。

この人は大丈夫そうだから……と安心せずに、適度に距離感を保つことを常に意識しておくと安心です。

防犯グッズも積極的に使っていこう!

どんなに気をつけていても、運が悪いとトラブルは起こってしまうものです。そんな時に最悪の状況を免れるためにも持っておきたい、オススメの防犯グッズをご紹介します。

【正規品 motedo 防犯スプレー TG-2508 護身用 コンパクト (1本)】

出典:Amazon

キーホルダーサイズのコンパクトな護身用催涙スプレー。

蓋を回転させてロックを外し、すぐスプレーを噴射できるので使い方も簡単です。

毒性のないガスですが、万が一相手以外の人が浴びてしまうと大変なので、周りに人がいる状況では使用を避けて、最終手段として持っておくと安心です。

【デビカ 防犯ブザー ベルト付 ピンク 703540】

出典:Amazon

トラブルがあった時に相手を驚かせる・周りに助けを求めるために役立つのが防犯ブザーです。

ベルト付きのアイテムを選ぶとテント内にも取り付けられるのでおすすめ。

他にも、大切なギアに防犯ブザーを取り付けて、ブザーのストラップを地面にペグダウンしておくと、ギアを持ち上げた時にブザーが作動するので盗難防止になります。

【TSA ロック ワイヤー タイプ シルバー 2個 セット 旅行用 3桁ダイヤル式ロック Viane】

出典:Amazon

キャンプシーンだけでなく、旅行などでも使える南京錠はぜひ用意しておきたい防犯グッズ。

貴重品を入れたバッグやケースに鍵をしたり、テントを施錠するために使ったりと、役立つシーンは意外と多いので、複数個持っておくのがおすすめです。

【ムサシ RITEX 「自由に曲がる三脚で様々な場所に取付可能! 」 LEDどこでもセンサーライト】

出典:Amazon

人が近づくと赤外線センサーが反応して、点灯してくれるライトです。

就寝時や夜間にテントを離れる際に取り付けておくと、誰かが侵入しようとした時にすぐ気づけるので防犯になります。

夜間に野生動物がゴミを漁りに来たときの対策にも便利です。

こちらのライトは色を変えたり、明るさもカスタマイズできるため、点灯時にすぐ自分のライトだと気づくことができます。

【デビカ ホイッスル リール付緊急用ホイッスル 103105】

出典:Amazon

軽くてコンパクトなホイッスルも、ぜひ持っておきたい防犯アイテムです。

緊急時に助けを求めたり、遭難時に自分の居場所を伝えるために役立ちます。

また、クマなどの野生動物に遭遇した際にも、大きな音で威嚇することができます。

【パナソニック FM/AM 2バンドレシーバー (シルバー) RF-P155-S】

出典:Amazon

ふだんはあまり使う機会の少ないラジオですが、ひと気を出すためにラジオを流しておいたり、万が一スマホの電波が届かない場所で災害が発生した際の情報収集にも使えます。こ

ちらのアイテムはデジタルチューナーが内蔵されているので、ラジオを使い慣れていない方でも選局が簡単。CDプレイヤーも内蔵されているので、今日はネット断ちしてキャンプを楽しみたい!なんてときにも重宝します。

スピーカーや音楽を禁止しているキャンプ場もあるからキャンプ場のルールはチェックしておこうね!

まとめ:防犯対策をして女子もソロキャンプを楽しもう

マイペースにアウトドア時間を楽しめるソロキャンプですが、ひとりで過ごす分、危険はつきものです。

だからといって魅力たっぷりのソロキャンプを諦めてしまうのはもったいないので、事前にどんな危険があるのか、そしてどう対策できるのか知っておくのはとても大切。

ひとりでも安心して過ごせるキャンプ場を選んだり、持ち物の管理や周りのキャンパーさんとの接し方に気を配ったりと、しっかり防犯対策して女子ソロキャンプを楽しんじゃいましょう!

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事