火曜日, 6月 25, 2024
ホームALLウインドスクリーン(風防)...

ウインドスクリーン(風防)のおすすめ!キャンプでバーナーやコンロを使うなら必須

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】キャンプでバーナーやコンロを使うなら必須のギア「ウインドスクリーン(風防)」は風から火を守ってくれる便利なアイテムです。熱が伝わりやすくお湯も早く沸くメリットもありますよ。
今回は適切なウィンドスクリーンの選び方から、おすすめの商品を紹介します。

いますぐおすすめのウィンドスクリーンを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

早くお湯を沸かしたいのに風が強くてバーナーの火が消えてしまいます!何か対策はありますか?

まかせて!風でバーナーやコンロの火がすぐに消えてしまう、そんな時にはウインドスクリーンが必要不可欠!選び方やおすすめの商品を紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

バーナーやコンロ、焚き火に必須!ウインドスクリーンとは

ウインドスクリーンとは、「風防」や「リフレクター」とも呼ばれ、風よけとしてキャンプや登山、BBQなどのアウトドアシーンで料理や焚き火をする際に使われています。

キャンプや登山などアウトドアは自然の中で行うので、風は絶対に吹きます。強風の日なんかはガスバーナーでもなかなか点火しないことも……。

そこでウインドスクリーンを使うと風によってコンロや焚き火の火が消えたり機能しなくなるのを防いでくれるため、風の強い日でも調理するのを助けてくれます。

風を防ぐことによって一定の温度で調理が可能になりますし、バーナーの転倒防止にも役立ちます。

また、ウインドスクリーンにはさまざまなサイズ、高さのものがあり、使うコンロやクッカーをしっかりと囲えるものを選ぶことでギアの機能をより発揮させることができますよ。

ウインドスクリーンは、メーカーによる差はないよ!どこのものも安定した効果を感じられるから、デザインで選ぶといいね!

キャンパー @chikuwadooon さんの素敵な投稿より ▲こちらは焚き火リフレクター

焚き火の場合におすすめの反射板、風防としても使える「焚き火リフレクター」も紹介しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね。

ウインドスクリーンの選び方

出典:UNIFLAME

ウィンドスクリーンの選び方としては以下を意識して選ぶことをおすすめします。

1.コンロやバーナー、焚き火のサイズに合わせて選ぶ

お手持ちのコンロやバーナー、クッカーなどのギアのサイズに合わせて買うことで、実際にキャンプで使うときに風防としての効果をしっかりと発揮することができます。

火元のみを覆うウィンドスクリーンでも効果はありますが、クッカーなどの調理器具も覆うことで熱が内にこもり、熱効率を向上させてくれます。

ただし、風防の大きさが大きければいいというわけでもないため、しっかりとサイズを確認してギアに合うものを選びましょう。

2.折り畳んだ時のサイズ、重量で選ぶ

ウィンドスクリーンは基本的に折りたたむことのできるものが多いですが、持ち歩くことを想定して、できるだけコンパクトに収納できるものを選びましょう。

また、重量も重要になってきます。使用用途や環境、ペグの有無などにも関係してきますが、軽量モデルから1㎏以上あるものまでさまざまなため、自分がどんなシチュエーションで使うのかを考えて選ぶといいでしょう。

軽量モデルは購入前に耐久性も確認しておきましょう。

3.素材をチェック

■金属製

金属タイプのものは、熱を反射し跳ね返る輻射熱により、焚き火の熱、暖かさをより感じることができます。一定の温度を保てることから、料理をする時に向いています。

熱だけではなく光も反射するので、夜は熱源の周りが明るく感じますよ。

また汚れがついてもガシガシ洗えるため手入れがしやすいメリットもあります。

アルミ素材のものは軽量で持ち運びしやすく、ステンレス製は丈夫で錆びにくいのがメリット。

■布製

布タイプのものは、目隠しとして使ったり、スペースができるので簡易キッチンとしてインテリアとして使うキャンパーが多いです。

ペグダウンを行う必要があり、設営は少し手間がかかります。

また素材はポリエステルコットンのものが多く、TC素材は耐火性に優れているため火の粉が飛んでも穴は開きにくいです。どうしても火の粉が心配な場合は、高価になりますが綿100%やファイバーグラスのより火に強い素材を選ぶとより安心ですよ!

4.その他、機能性もチェック

ウィンドスクリーンには、地面に固定するペグがついていたり、ウィンドスクリーン自体の長さの調節が可能だったりするものがあります。素材によりますが灰受けに使うなど違う用途に使用できることも。

ペグがついているものは、地面に固定することができるので、ウィンドスクリーン自体の強度に加え風への耐久力が強く、ウィンドスクリーンが倒れるのを防いでくれます。

サイズの調整が可能なものであれば、それ1つで複数のギアに対して使うこともできるためとても便利です。

ペグなしのウインドスクリーンの転倒が心配な場合はよく周りに石を置いてるよ。

出典:Amazon キャプテンスタッグ 2way ウィンド スクリーン S

風防以外にも写真のように灰受けとして使えるものもあるので、用途に合わせて追加機能もチェックしておきましょう。

100均ダイソーのウィンドスクリーン『アルミ風よけ(コンロ用)』はどう?

Arizineライター撮影 by mami

ダイソーで550円(税込み)で売られている「アルミ風よけ(コンロ用)」は、その値段に比べかなり使い勝手のいい商品だとキャンパーの間でも好評です。

サイズは66×24cmと58×13.5cmのミニアルミ風よけの2種類あり、ミニの方は税込み330円となっています。

どちらも8枚のパネルでできており、コンロを囲ったりまっすぐに立てたりと設置方法もさまざま。収納時はかなりコンパクトになるため持ち運びもしやすく、付属のポーチにしまうことができます。

両サイドにストッパーがついているので、地面に固定することもでき安定して使えるのもポイント。

アルミ製だから、ステンレス製のウィンドスクリーンと比較すると軽量で薄いけど、それでもしっかりと風よけの役目を果たしてくれる優れものだよ!

有野実苑スタッフおすすめのウィンドスクリーン

キャンプ場スタッフがおすすめするウィンドスクリーンをご紹介!

お気に入りを見つけてぜひ次のキャンプに取り入れてみてくださいね。

【ユニフレーム ウインドスクリーンワイド】

出典:Amazon

UNIFLAME(ユニフレーム)の「ウィンドスクリーンワイド」は5枚のステンレスパネルが連なってできており、バーナーやコンロを囲うように設置することができます。

ハードステンレス鋼でできているので、耐久性が高く収納もコンパクトにできるので、持ち運びにも適しています。

ユニフレームの風防なら間違いない!高さがそこまでないから、シングルバーナーや低めのコンロに使うときにおすすめだよ!

【詳細】

材質:ハードステンレス鋼

収納サイズ:155×90×7㎜

重量:175g

ペグ:なし

ロゴス(LOGOS) ウインドスクリーン

出典:Amazon

LOGOS(ロゴス)からでているウィンドスクリーンは高さ25cm、横48cmで折りたたむとコンパクトにすることができます。

素材がアルミニウムでできているので、軽量なところもポイント。ペグ付きなので地面にピンをさすことでさらに安定して使用することが可能です。

シンプルなデザインも魅力的なウィンドスクリーン。設置するときは風向きを考慮することでしっかりと風よけをしてくれるよ!

【詳細】

材質:アルミニウム

サイズ:480×250mm

収納サイズ:250×95×25㎜

重量:260g

ペグ:あり

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 風防 ウインドスクリーン

出典:Amazon

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)からでているウィンドスクリーンは、ステンレス鋼でできていてしっかりしたつくりの風防です。

固定用ペグもあり、地面に固定できるのはもちろん、ウィンドスクリーンとして使わない時には焚き火台の下に置いて灰受けにすることもできます。

Sサイズに加えLサイズもあるよ!Lサイズは930×450×6㎜で、重さはなんと2㎏も!用途に合わせてサイズを選ぼう。

【詳細(Sサイズ)】

材質:ステンレス鋼

サイズ:400×240×5mm

収納サイズ:260×100×23㎜

重量:450g

ペグ:あり

機能:風防/灰受け

【ヨーラー(YOLER) 大型風防板 ウインドスクリーン

出典:Amazon

YOLER(ヨーラー)の「大型風防板 ウインドスクリーン」は、スクリーン自体に輻射熱効果があり、火力を保ったり燃料を節約することができます。

サイズも30cm、40cm、50cm、60cm、70cmの5展開なので、どんなギアに対して使うかによってサイズを選べるのもおすすめ。

焚き火のリフレクターとしても使えるね!ペグつきだけど、重さも十分あるから固定しなくても安定して使えるよ。キャンプ場のサイトで地盤を確認してみよう!

【詳細(サイズ50・L)】

材質:亜鉛メッキ鋼板

サイズ:1200×500mm

収納サイズ:510×210×14㎜

重量:1.72kg

ペグ:あり

Solo Stove(ソロ ストーブ)アルミニウム ウインドスクリーン

出典:Amazon

Solo Stove(ソロ ストーブ)の「アルミニウム ウインドスクリーン」はソロストーブやシングルバーナーサイズのギアにおすすめの風防です。

収納がコンパクトにできるのはもちろん、専用のケースもついているので持ち運びが便利!風の強い場所で使用する際もペグがついているためしっかりと固定することができ、中の火をしっかりと守ってくれます。

登山やバイクツーリング、ソロキャンプなど荷物をコンパクトに運びたいときにもおすすめできる商品だよ!

【詳細(サイズ50・L)】

材質:アルミニウム

サイズ:240×670mm

収納サイズ:240×89㎜

重量:210g

ペグ:あり

あわせて読みたい記事:「キャンプ初心者におすすめなアルコールバーナー5選!メリットやデメリット、特徴を解説」

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブT-415

出典:Amazon

VARGO(バーゴ)のチタニウム ヘキサゴンウッドストーブは本体をストーブとして使えるのはもちろん、アルコールストーブなどの風防としても使える優れものです。

チタンでできているため、熱に強く軽いのが特徴。折りたたみ式なので持ち運びもしやすくて便利な商品です。

お洒落でスタイリッシュなデザインが目を引くアイテム。使用用途が多いのも魅力的。

【詳細(サイズ50・L)】

材質:チタン

サイズ:76×127×101mm

重量:116g

ペグ:なし

【クイックキャンプ(QUICKCAMP) 焚火陣幕-homura QC-WS】

画像
出典:QUICK CAMP

クイックキャンプのリフレクターはアレンジ力抜群のアイアンフレーム付き!フレームを利用して調理器具やランタンを吊るしてオシャレにサイトをデザインすることができます。

綿100%で重量は約6.2キロと重いのが難点ですが、サイズも大きめなので、ファミリーやグループでのキャンプにおすすめです!

【詳細】

展開サイズ:約幅240(上部140)cm×高さ70cm

収納サイズ:約90cm×φ10cm

重量:約6.2kg

素材:フレーム:鉄 生地:コットン100%(綿 洗い加工)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FIRE PROOF】

出典:Amazon

設営は簡単で、ペグダウンすると安定感抜群のキャプテンスタッグの布製ウインドスクリーン!

綿100%(難燃加工)なので火の粉も安心して使えますね。

サイトの目隠しにもなるので、プライベート空間を演出するのにもおすすめです。

【詳細】

製品サイズ:(約)幅1,700×600mm(本体のみ)

製品重量:(約)750g

付属品:ポール×2、ガイドロープ×4、スチールペグ×6、収納バッグ×1

材質:綿100%(難燃加工)

まとめ:キャンプでバーナーやコンロを使うならウィンドスクリーンは絶対に持っていこう

出典:Amazon

シングルバーナーやコンロで調理をする際、ウィンドスクリーンひとつあるだけで、キャンプでの快適さがかなり違ってきます。

コンロや焚き火台などのギアによっては風防付きのものもあるため、購入する際にあらかじめ風防付きのものを買うのも手段のひとつですね。

各メーカーからいろいろなタイプのウィンドスクリーンが売られていますが、値段もお手頃で持ち運びやすいデザインのものが多いので、持っていない場合は購入されることを強くおすすめします!

ぜひお手持ちのギアにあったウィンドスクリーンを購入して、快適なアウトドアライフを送ってくださいね。

あわせて読みたい記事:

人気のシングルバーナー9選と選び方のポイント解説!【初心者にもおすすめ】

キャンプ初心者におすすめなアルコールバーナー5選!メリットやデメリット、特徴を解説

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事