金曜日, 3月 1, 2024
ホームALL車中泊グッズで必要なものか...

車中泊グッズで必要なものから便利なものまでおすすめアイテムを一挙公開

※本記事には一部プロモーションが含まれます

【キャンプ場スタッフ監修】車中泊は、自由気ままに旅をしたりキャンプをする人にとって非常に魅力的なスタイルです。

しかし、車中泊で快適に過ごすためには必要なグッズがたくさんあります。

今回は車中泊初心者でも簡単に準備できる、車中泊で使えるおすすめグッズを車中泊キャンパーAtsuさんが紹介します。

ぜひ車中泊をする際の参考にしてくださいね♪

いますぐおすすめの車中泊グッズを知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてください!

こんにちは!有野実苑オートキャンプ場の妖精、コッフェルくんだよ!
キャンプのことはなんでも聞いてね!

今度車中泊に挑戦してみようと考えているんですが、車中泊で必要なグッズやおすすめのアイテムがあったら教えてください!

まかせて!車中泊は普通のキャンプとは持ち物やアイテムも変わってくるよ。今回は車中泊の必需グッズやあったらうれしい便利アイテムなど紹介するね♪

【有野実苑オートキャンプ場】

有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場は千葉県山武市にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分というアクセスのいい立地にありながら、きれいな空気と新鮮な産物に恵まれ、四季折々のキャンプを気軽にお楽しみいただけます。 木々に囲まれて区画されたサイトと、充実した設備、各種クラフト体験や収穫体験など様々なイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

有野実苑オートキャンプ場公式サイトはこちら:https://arinomi.co.jp/

※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。

車中泊でも快適に過ごしたい!

Photo by Atsu(Arizineライター)

近頃、車中泊という言葉を当たり前のように耳にするようになってきました。

これから車中泊に挑戦する人は期待とは裏腹に、ぐっすり眠れるのか、シートの凹凸は気にならないのかなど色々と不安もあると思います。

ベテラン車中泊キャンパー達はどんなグッズで車中泊を快適に過ごしているのか、快眠を得るための工夫などをご紹介していきます。

コレがあるだけで車中泊が格段に変わる!必須グッズ一覧

Photo by Atsu(Arizineライター)

車中泊で快適に過ごすためには、ある程度のグッズの準備が必要です。

コレがあるだけで車中泊が格段に変わる!という必需品になるアイテムを確認しましょう。

キャンプマット

 

まずはキャンプマットです。

車の中というのはどれだけフルフラットになる車種でも、自宅のベッドと比べると多少の凹凸はあるもの。この凹凸が実際寝てみるとすごく気になってくるのです。

そんな凹凸を解決してくれるのがキャンプマット。これがあるのと無いのとでは寝心地が格段に変わってきます。

キャンプマットは大きく分けて、クローズドセルマット、エアマット、インフレーターマットの3種類があり、車中泊のおすすめはインフレーターマット。

インフレーターマットとは、内部にはウレタンなどの断熱素材が入っていて、空気を入れて使用するマットです。優れた断熱性とクッション性の良さで、車中泊のみならずテント泊でも大活躍です。

また最近では、カー用品メーカ等から車中泊専用のマットも販売されています。

シュラフ(寝袋)

 

車中泊は寒くないと思っている人も中にはいるのかもしれませんが、冬場の車内は非常に寒くなるので季節にあわせた寝袋を使いましょう。

自宅で使用している布団でも可能ですが、収納性を考えるとやはり寝袋がベスト。

冬場は寒さに耐えられるよう、マミー型がおすすめ。ファミリーの場合は連結できる寝袋も販売されているので、自分にあった寝袋を準備しましょう。

ブランケット

 

ブランケットは、車中泊の時には様々な役割をしてくれる優れものです。

例えば、車内のシートが完全にフラットにならない場合などは、ブランケットを丸めて凹み部分に埋めるといい感じにフィットしてフラットになります。

シェードやカーテンがない場合は、ブランケットを窓に吊るせば目隠し代わりになるよ♪

窓に取り付けたシェードだけでは断熱性が低い場合は、ブランケットを重ねて窓を覆う事で断熱性がアップします。

枕を忘れてしまった場合は、丸めたり畳んだりすることで枕側にもなり、寝袋だけでは寒い場合は、寝袋の中にブランケットをいれることで保温性がUPします。

実に様々な用途で使えるブランケットは、多めに準備しておくとよいですね。

ランタン・照明

 

車には、ルームライトがありますが、車内をしっかり照らすには少し明りが足りません。またエンジンを切った状態でルームランプを付けると、バッテリーが上がってしまう原因にもなります。

車中泊の際は必ずLEDランタンを準備しましょう。

ガスランタンやオイルランタンは、一酸化炭素中毒や火災の原因となるので車内では厳禁!

シェード・遮光カーテン

出典:Amazon

車内でのプライバシーを確保するために、シェードや遮光カーテンも必ず必要です。

寝ているときに外から丸見えになることを避けるためでもありますが、車内温度を快適に保つための断熱性も兼ね備えています。

冬場は冷気を遮断し、夏場は早朝から朝日が入り込んで車内温度が急速に上がるのを防いでくれます。

ヘッドライト・懐中電灯

 

ヘッドライトや懐中電灯も準備しておきましょう。

夜中にトイレに行く際は、周りは真っ暗になるので懐中電灯が不可欠です。

またヘッドライトがあることで、両手を使っての行動が自由になります。ヘッドライトか懐中電灯、どちらかは必ず準備しておきましょう。

50/50 WORKSHOP コンパクトサイズ! 2WAYトーチ&ランタン MINIMALIGHT ミニマライト TR8-5WS【LEDライト 防災ランプ 懐中電灯 照明 軽量 キャンプ用品】BLACK_TRIBAL
50/50 WORKSHOP

テーブル

出典:Amazon

車中泊の際にちょっと食べ物や飲み物を置いたりしたい時に、車内には平らなスペースなど全くありません。

そんな時にテーブルがあれば大活躍!就寝時にはスマホや腕時計、懐中電灯などを置く定位置にもなり紛失のリスクを防げます。

スマホを枕元に置いて、さあ寝ようとすると、シートの隙間にスマホが落ちてしまった……なんてことになると探そうにも探せません。

小さめのローテーブルがあるとそんな不測の事態も防げるでしょう。

真空断熱タンブラー・ボトル

 

車内で冷たい飲み物や暖かい飲み物を飲む際に、真空断熱タンブラーやボトルが必要です。

しかしこれらはその保温性だけでなく、こぼれない(こぼれにくい)というところが車中泊では一番のメリットになります。

車内は狭く、行動が思い通りにはいかないものです。少し体制を変える時にコップに当たってしまい、飲み物をこぼしてしまう……ということも多々あります。

そのような惨劇を防ぐためにも、タンブラーやボトルは必要不可欠と言えるでしょう。

蓋つきだと、なお安心!

あったら役立つ!車中泊の便利グッズ

Photo by Atsu(Arizineライター)

次に、無くてもなんとかなるけれど、あったら便利な車中泊グッズをご紹介します。

ポータブル電源

 

車中泊中は、マナーの観点、一酸化炭素中毒など事故の観点から車のエンジンをかけっぱなしにすることはできません。
したがってスマホの充電などもできなくなります。

スマホだけならモバイルバッテリーでも何とかなりますが、ポータブル電源があると冬場は電気毛布、夏場は扇風機や簡易クーラー等も使えて車中泊の快適性が格段にUPするでしょう。

クーラーボックス・クーラーバッグ

 

キャンプでは、大きなクーラーボックスは必需品です。

車中泊キャンプの場合は、小さめの飲み物専用のクーラーボックスやクーラーバッグを別で準備しておくことをおすすめします。

大きなクーラーボックスには次の日の食材をしっかり冷やしておくため、なるべく開け閉めしない事がベスト。

そこで小さいほうのクーラーは車内用として飲み物を少し入れておくことで、大きなクーラーを開けることなく冷たい飲み物をすぐに飲むことができます。

この方法は車中泊に限らずですが、何度も開け閉めする小さめのクーラーボックスやクーラーバッグがあると非常に使いやすいのでおすすめです。

おすすめのクーラーボックスとクーラーバッグは以下の記事からぜひご覧ください!

収納グッズ

キャンプに出かける場合、荷物は荷室を占領します。

しかし車中泊となると、就寝時は荷室は寝床になるため、全く荷物を置くことができません。そんな時に役立つのが収納グッズです。

車中泊に役立つ収納グッズは様々なものがあります。

ハンギングネット

出典:Amazon

車内の天井に取り付けるネット。

あまり重い物は置けませんが、天井というデットスペースを有効活用できます。

突っ張り棒

車内に何本か突っ張り棒を取り付けておくことで、荷物を掛けたりブランケットをかけて間仕切りを作ったりできます。

ハンギングチェーン

出典:Amazon

車内に1つは必ず付けておきたい収納グッズです。

LEDランタン、腕時計、スマホ、タンブラー、車のキーなど引っかけておきたいものを挙げるときりがないですが、とにかく何でも引っかけられます。シェラカップなどをひっかけると見た目もおしゃれ。

  • フック

フックも、ありとあらゆるところで役に立ちます。マグネットタイプのフックは、車内の窓枠などに付けることができます。

窓枠のフックに懐中電灯を引っかけておくと、車から降りる時に懐中電灯を探さずに済みますね。

  • ベッドキット

ベッドキットを収納グッズと呼んでいいのかはわかりませんが、高さのあるベッドキットを設置すると、そのベッドの下は全面収納スペースになります。

冷暖房グッズ

車は断熱機能がほとんどないため、寒い日は車内は非常に寒く、また暑い日は耐え難い暑さになります。車中泊を快適に過ごすにはしっかりと暑さ&寒さ対策をしなければなりません。

寒い日に大活躍してくれるのが湯たんぽやカイロです。またマットの下に断熱材を敷いたり、窓ガラスにはめるシェードの上からもう一枚毛布やタオルで覆うことでかなり断熱効果がUPします

暑い日には充電の扇風機や、ポータブルクーラーがあると涼しく過ごすことができます。風が通るように対角の窓を開けるのもおすすめ

後述しますが、その場合は虫対策で車用の網戸を付ける必要があります。

もしポータブル電源があれば、電気毛布や扇風機、簡易クーラー等も使えてかなり快適に過ごせるはずです。

携帯トイレ

車中泊可能な道の駅やサービスエリア、RVパーク等は24時間トイレが使用できるところがほとんどなので、携帯用トイレが必要になることはあまりありません。

しかし、移動中などに急に渋滞に巻き込まれたり、何かしらの原因でどうしてもトイレに行くことができないこともあるので、携帯トイレは車内に常備しておくと良いです。

これは車中泊に限ったことではなく、車移動の際は携帯トイレがあるといつでも安心ですね。

車用網戸(虫除けネット)

出典:Amazon

夏場の締め切った車内はかなり高温になるので、少し窓を開けたくなるでしょう。しかし車の窓には網戸が無いため、風はよく通りますがあらゆる虫も出入り自由になってしまいます。

そんな時に重宝するのが車用の網戸(虫除けネット)!

カー用品メーカなどから車専用の網戸が販売されているので、夏場は必需品と言えるのではないでしょうか。

ルーフボックス・ベースキャリア

 

ルーフボックスとは、車の上に荷物を積むためのトランクのことです。丈夫な素材でできており、たくさんの荷物を積むことができます。

ベースキャリアとは、ルーフボックスを取り付けるための土台のことで、車に直接に取り付ける器具になります。

ベースキャリアを付けるとルーフボックスだけでなく、スキー、スノーボード、サーフィンの板などのアウトドアグッズを固定したり、自転車を固定して持っていくこともできます。

ルーフボックス・ベースキャリアは車によっては付けられる車種と付けられない車種がありますが、収納エリアを増やすという意味では非常におすすめ。

ベースキャリアだけでも付けておくと、車載の幅がぐんと広がりますね。

水平器・レベラー

出典:Amazon

水平器・レベラーとは、車の水平を保つための物です。

車中泊をするとき、車を止める場所を決めるのに必ず考えないといけないのが地面が傾斜です。ほんの僅か傾いているだけで、快眠とは程遠い寝心地になってしまいます。

一見水平に見えても、実際寝てみたら傾いていた……という事態を避ける為に水平器を使いましょう。

水平器とは、どの方向にどのくらい傾いているかを確認できるアイテム。駐車位置を決める時に水平器があると一目で傾斜がわかるので安心です。

また、どうしても傾いた場所しかないという時に大活躍するのがレベラーです。

レベラーとは、傾斜のある場所で車を水平にするためのアイテム。前輪もしくは後輪にかませるように駐車することで、車を水平に保つことができます。

寒さ、暑さ対策、騒音、光の対策はできているのになんだか寝付けない……という場合は車の傾斜に問題があるかもしれません。水平器・レベラーは、そんな時に非常に役立つアイテムです。

バックドアテント・テールゲートカーテン

出典:Amazon

バックドアテントやテールゲートカーテンも、車中泊を快適に過ごすためのアイテムです。

バックドアテントは、車のバックドアと連結して設置するテントのことで、寝室と前室の様な役割をしてくれます。広いものならリビングスペースとして使うことも可能。

悪天候時など車から一歩出れば雨に濡れてしまうような場合は、テントとバックドアが連結されていることで濡れずに移動することができます。

テールゲートカーテンもバックドアテントと似ているので同じような意味合いで使われることも多いですが、テールゲートカーテンは主に着替室のような役割になります。

バックドアと連結しているフィッテングルームの様になっています。

車内だと少し狭くて思い通りには動けないので、バックドアテントやテールゲートカーテンが連結されていると、自由に手足を伸ばして動くことができるようになりますね。

カーサイドシェルター・タープ

出典:Amazon

カーサイドシェルターはバックドアテントやテールゲートカーテンと同じような役割ですが、車のサイド部分と連結させるシェルターのことを言います。

カーサイドシェルターも車中泊の快適さを格段にUPすることができるアイテムです。

カーサイドシェルターは車に連結させる簡易的なテントとは違いしっかりとした作りの物が多く、雨や日差しだけでなく周りの視線もしっかりとさえぎってくれる優れものです。

車とカーサイドシェルターを使用することで、車内は寝室、シェルターはプライベート感たっぷりのリビングスペースとして利用できますね。

まとめ:車中泊グッズを使ってより楽しく快適に過ごそう

Photo by Atsu(Arizineライター)

キャンプといえば「絶対にテント泊!」という時代は、もはやひと昔前の考えになってきているように思います。

寝床を車内とすることでキャンプへのハードルも少し下がるし、何より快適な車中泊ができるようになると愛車により愛着が沸いてきます。

おすすめの車中泊グッズを使って、より楽しく快適に車中泊を楽しみましょう。あなたの愛車が、どんどんオリジナルの車中泊仕様にカスタマイズされていくかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

Arizine編集部
有野実苑オートキャンプ場が監修するアウトドアメディア「Arizine」 キャンプ用品、料理、キャンプのコツから最新スタイルまでキャンプ情報はArizineにお任せ! あなたに合った素敵な記事がきっと見つかります!
関連記事

あなたのSNSのURLを添えて記事に関する役立つ実体験を教えてください。Arizine編集部が採用したコメントはURLと共に下記コメント欄に掲載されます。SNSのPRにご利用ください。

記事に関する体験を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


- Advertisment -
Google search engine

最新の記事